月曜 21:00-21:30
MC:スマイリー園田

リクエスト

ハガキ 〒890-8570
MBCラジオ「ユアヒットパレード」係
FAX 099(250)1107
メール yourhit@mbc.co.jp

2014年10月18日 (土)

10月18日 Vol.3027

今週は久々に「スマイリー ロック一掴み」SP!

M1.Stay With Me / Faces
M2.Children of The Revolution / T-Rex
M3.Love Is The Answer / BLUES IMAGE
M4.Black Sabbath/Black Sabbath
M5.Gotta Keep A-Rocking / Lord Sutch & Heavy Friends
M6.GIMME SHELTER / Merry Clayton
M7.Can't take my eyes off you / John Lloyd Young
M8.Keep It Working / SOULPERFREESIA

<スマイリー 今週の一言!>
久々に私スマイリーの真骨頂、やっちゃいました!
大好きなヴォーカリスト、ロッド・スチュワートのフェイセズに始まり、グラム・ロックの雄、T-REX。'70三大ハードロックバンドの一つであり、ヘヴィメタルの御本尊のブラック・サバス。ソウルフルなヴォーカルがハートに突き刺さるメリー・クレイトン。

そして…。おそらく、長いMBCラジオの歴史のなかでも初めて?ではないでしょうか?
いや、日本中のラジオ局でも掛かったことは数えるくらいかも?ってなくらいの超激レアな2アーティスト、ブルース・イメージとロード・サッチ&ヘヴィフレンズ!定番からマニアックまで満喫して頂けたでしょうか?いやぁロックってホントにいいもんですよね!
年末、ロック特番したいぞ~!洋楽スペシャルしたいぞ~♪だれか力を貸してくれ~(涙)

2014年10月11日 (土)

10月11日 Vol.3026

今週は3組のアーティストがリリースするニューアルバムを特集!
 

OP
M1.GIMME SOME LOVING' / SPENCER DAVIS GROUP

PICK UP!
M2.Sledgehammer/ THE BRAND NEW HEAVIES
M3.In The Name Of Love / THE BRAND NEW HEAVIES

M4.Trouble Feat. Amp Fiddler & Monet / Daniel Crawford
M5.Your Guess Is As Good As Mine / Daniel Crawford 

M6.It's Your World / Jennifer Hudson feat. R. Kelly 

M7.Boom Clap / Charli XCX  ※ランキング10位!
M8.Kiss me kiss me / 5 seconds of summer ※ランキング7位! 

M9.THE WAY OUT / JOYCE COOLING 

~スマイリー 今週の一言~
今週は今、激アツのアルバムを三枚ピックアップ♪

まずはザ・ブランニュー・へヴィーズ。アシッドジャズ界の旗手として知られている彼らですが、やはりそのルーツには'70sなソウル・ファンクグルーヴが根付いているようで。いやぁめっちゃファンキーでグルーヴィ♪ その弾けるファンクネスに僕スマイリー、一撃ノックアウトされちゃいますです♪そして、現代ジャズシーンに不可欠なアーティスト、ダニエル・クロフォード。いかつい見た目の彼ですが、織り成すサウンドは唸りを上げて襲い来るジャジーなビッグウェーヴ!インストながら「ユア・ゲス・イズ・アズ・グッド・アズ・マイン」なんて、全ての楽器がブンブン歌いまくります!ラストは2006年の映画「ドリーム・ガールズ」で大ブレイクを果たし、一躍トップスターに登り詰めたジェニファー・ハドソン。悲劇を乗り越え復活を遂げた彼女。さすがのパワフルな歌唱力!久々に聴いたけど、ほんとに圧倒されました!以上3アーティスト、どれをとっても激アツです。

2014年10月 4日 (土)

10月4日 Vol.3025

今週はニューアルバムをリリースする2組のアーティストをご紹介します。

<OP>
M1.I Got No Words / The Datsuns

<Pick!Up!>
M2.Saving All My Kisses / SOULPERFREESIA
M3.Keep It Working / SOULPERFREESIA
M4.Making Music’s What We Do (feat. Carl Hudson) / SOULPERFREESIA

M5.Baby Steps / Elizabeth Shepherd
M6.What's Happening / Elizabeth Shepherd
M7.Willow / Elizabeth Shepherd

M8.SHAKE IT OFF / Taylor Swift ※ユアヒットランキング 第2位!

<END>
M9.Broken Phone Blues / Black Strobe

<スマイリー 今週の一言>
特集。
まずは、プロデューサー兼アーティストのソウル・ペルソナと実力派女性シンガーのプリンセス・フリージアからなる新世代の極上ソウル/ディスコを聞かせるユニット「ソウルパーフリージア」のアルバム『アマルガメイション』。

なんとも心地よい絶妙なヴァイヴレーション溢れるサウンドは'70~'80年代の香りも漂わせながら、それでいて新しい!僕のハートにもビビッときましたねぇ。最高にカッコよかった!

そして二枚目はカナダを代表するジャズシンガー、エリザベス・シェパードの『ザ・シグナル』。
こちらはアンニュイなフィーリングで、実に今風のサウンドアレンジな新しいジャズを展開しています。両アーティストのアルバム要チェック!ですぞぃ♪

2014年9月27日 (土)

9月27日OA Vol.3024

今週はピックアップニューリリース!

<OP>
1.Next to You/The Police

2.Rude/MAGIC!
3.Slo Mo Tiger Glo / FIONA BEVAN
4.Loyal (Explicit) ft. Lil Wayne, Tyga/Chris Brown
5.Trouble Feat.Amp Fiddler&Monet / DANIEL CRAWFORD
6.Wrong Club / The Ting Tings
7.Keep It Working / SOULPERFREESIA
8.The Chamber / Lenny Kravitz

9.Red Cassette / Mamas Gun ※ユアヒットランキング3位!

~スマイリー 今週の一言~

今週はニューリリースの作品群をピックアップ!近年アメリカ音楽シーンを中心に根強いブラックR&B、ヒップホップ系サウンドの旗手・クリス・ブラウンから届いた相変わらずのノリノリなサウンド。はたまたティンティンズの思わず身体がスウィングしちゃう心地よいヴァイブ。そしてもう大御所感溢れまくりの安定感のロックチューンのレニー・クラヴィッツ。
個人的に最もハートに響いたのは、レイト70’s~80’sのソウル・ファンクのフィーリングを現代にフィードバックさせてるUKの男女ユニット「ソウルパーフリージア」のフリーキーなサウンド。今後も各アーティストのニューリリースには要チェックですぞ!

2014年9月20日 (土)

9月20日OA Vol.3023

今週はMamas Gun、待望の5年ぶりニューアルバム“Cheap Hotel”を大特集!
過去最高の作品を完成させて帰ってきました!来日ツアーも決定!

M1.Glad All Over/The Dave Clark Five

<特集~Mamas Gun~>
M2.Red Cassette MBC音楽委員会9月推薦曲
M3.Cheap Hotel
M4.Hello Goodnight
M5.Jessie
M6.Love Logic

M7.Maps/Maroon 5
M8.WORK THE MIDLLE/Cherub 


~スマイリー 今週の一言~

MAMAS GUN。
なんともグルーヴィでかつ、ソウルフル、ファンキーなサウンドの世界をアルバム全編に所狭しと織り込んでくる凄腕なバンドなんです。推薦曲にもなった「レッド・カセット」はもちろん、タイトルチューンも「ハロー・グッドナイト」もイントロからラストまでぼくらの耳を心をぎゅっと掴んで離さないのであります。小粋なひとり暮らしの部屋のBGMとかにしてるとオシャレ度数UPは確実ですぞぃ(笑)

2014年9月13日 (土)

9月13日OA Vol.3022

今週は、The Last Internationaleのアルバム“We Will Reign”を大特集!

このバンドはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(以下RTAM)のドラマー、ブラッド・ウィルクが新たに始動させたプロジェクトで、ヴォーカル・ベースのデリラ・バリス、ギターのエッディ・ピレスで形成される3ピース・ガレージ・ロック・バンド。

プロデューサーにブレンダン・オブライエンを、エグゼクティブ・プロデューサーにレイジのトム・モレロを迎えて制作。この『インターナショナル』は世界的な、の意味ではなく、革命歌/労働歌のインターナショナル。ちなみにアルバムタイトル「ウィ・ウィル・レイン」のレインは雨、ではなく「支配や統治」の意味。RTAMを彷彿とさせる政治的なメッセージが込められた強力ガレージ・ロック! 

<セットリスト>
M1.MOVE IT / Suzi Quatro

M2.Baby It’s You / The Last Internationale
M3.Life, Liberty, and the Pursuit of Indian Blood / The Last Internationale
M4.Killing Fields / The Last Internationale
M5.Fire / The Last Internationale
M6.1968 / The Last Internationale

M7. Bang Bang / Jessie J + Ariana Grande + Nicki Minaj
M8.SWEET FREAK / THE BRAND NEW HEAVIES ※来日決定!!


<スマイリーの一言>
久々に僕のロック魂をヒリヒリするほど刺激してくるバンドが現れた!
そのバンド名の通り、楽曲の中に込められている、メッセージは政治性、革命的な意味合いが多分に色濃く、支配・体制への反抗の力に溢れています。その上、サウンドは3ピースという最小形態のバンドにもかかわらず、暴力的なまでのヘヴィネスに満ち満ちております!ぜひ、その辛辣なまでに真っ直ぐなメッセージとともにハードなサウンドに酔いしれてください!激推しです♪

2014年9月 6日 (土)

9月6日 Vol.3021

今週は、久しぶりに『あなたと洋楽、あなたとユアヒットパレード』をテーマで、ゲストトーク!

PART5は、天文館で とあるミュージックバーを経営されている佐藤真一さん。A.O.Rのスペシャリストです。開業当時のお話からトークはスタート。『会社勤めをしていたけど、20代の今なら まだ何か出来る!』と思い、開業。現在27年目の店内には CDやレコードが壁にぎっしりと置かれていますが最初はCD10枚とレコード、カセットテープだったそうです。 

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_4 

『洋楽との出会いは中2のとき。友達から貸してもらったカセットテープに入っていた曲が衝撃的過ぎて…』という佐藤さん。洋楽にどんどんのめり込んで行きますが当時はラジオで音楽をチェックしてカセットテープに録音したりするのが主流。『ユアヒットパレードは、そのとき何を聞けばいいのかを教えてくれた。電リクにも一度だけ電話がつながり、自分のリクエストをかけてもらったことがある。ラジオは音楽を教えてくれた存在。車に乗っているとき 好きな曲がかかると目的地は目の前にあるのに、遠回りしたくなる。音楽番組を、これからも放送して欲しい』というコメント、いただきました。

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_5

M1.I'm So Bored With the U.S.A./ The Clash 

M2.JOJO / Boz Scaggs  
M3.TELL ME ALL ABOUT IT / Michael Franks

M4.Red Cassette / Mamas Gun (MBC音楽委員会 9月推薦曲)
M5.A Night to Remember / Mary J. Blige

2014年9月 4日 (木)

9月6日のお知らせ

今週は、久しぶりに『あなたと洋楽、あなたとユアヒットパレード』をテーマで、ゲストトーク!

ユアヒット 放送3,000回突破インタビューの初回は横山欣司さん。この番組でDJを27年勤めた、まさにミスターユアヒット!2回目は、鹿児島市のバー ソウルマズターズカフェのBOSS。ジェームスブラウンとのエピソードにはビックでした。そして3回目は十字屋クロス 三浦直貴さん。“リンジー・バッキンガム”話で盛り上がりました。そして、出水市の入木田タカシさんとは、バリー・マン、テルマ・ヒューストン話をお送りしてまいりましたが、今回は『大人の音楽』A.O.Rのスペシャリスト 佐藤真一さんとのトークです(佐藤さんは、とあるミュージックバーを経営していらっしゃって 今回は そのお店の収録でした。) 

洋楽との出会いや『初めて聞いたときの衝撃を今でも覚えている』という佐藤さんセレクトの3曲もご紹介。そしてA.O.Rの中からも1曲選んでいただきました。放送は午後11時5分からです。お楽しみに!

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_2

2014年8月30日 (土)

8月30日 Vol.3020

今週は、Mayra Andradeから鹿児島のリスナーに届いたスペシャルインタビューをOA!

M1.Foot Stompin' Music/Grand Funk Railroad

M2.時は過ぎて Ténpu ki bai/Mayra Andrade
M3.過ぎ去りし愛 We used to call it love/Mayra Andrade
M4.日が昇る Le jour se lève/Mayra Andrade

M5.ROCKABILLY BLUES/BRIAN SETZER

M6.Hong Kong/Michelle Shaprow

M7.Bottle Rocket/GROWN KIDS

~スマイリー 今週の一言~

マイラ・アンドラーデからのコメントは、実に興味深い内容でした♪フランス語だったのですが(通訳付き)時折、ミュージシャンとかスタジオとかアルバムとかパリとか理解できた単語もあって、「多分こんな事言ってんだろうなぁ~♪」とか予測しつつ、通訳の方の翻訳を聞くのもまた一興でした(笑) ふんわりした優しい歌声のマイラの喋り声が意外と落ち着いた低めのトーンだったのがプチ驚きでした(笑)レコーディングの話、アルバムに、音楽にかける思い…様々な彼女のメッセージを聴いて、より一層彼女の作品に興味が増した私でありました。鹿児島のリスナーへのメッセージも嬉しかったですよねっ♪

2014年8月23日 (土)

8月23日OA Vol.3019

今週は、新譜SP!そして、スペシャルコメントのおしらせも。

M1.Fortunate Son(with Foo Fighters)/ John Fogerty

M2.Say Yes ft. Beyoncé, Kelly Rowland / Michelle Williams
M3.Garota / Erlend Oye
M4.Kiss Me Again / THE DRUMS
M5.Trust / Stephen Steinbrink

M6.Ténpu ki bai~時は過ぎて~/Mayra Andrade
M7.HAPPY / Pharrell Williams



~スマイリー 今週の一言~
ニューリリースを幾つかピックアップ!
あのデスチャのミシェル・ウィリアムスのソロ作はビヨンセとケリー・ローランドをゲストに招いての、どこかアフリカンフィーリングも感じさせる、それでいて今風なデジタルダンスミュージック?ってな雰囲気でグーでした。そしてザ・ドラムスのスペーシーな感じ♪