日曜11:40~11:45

パーソナリティー:神崎美香

鹿児島県立農業大学校出身!農業が大好き!ポニーメイツとしてMBCの番組で様々なリポートをしてきた神崎美香レポーターが、鹿児島の食の豊かさをお届けします。
鹿児島の“食”を支えるJA鹿児島県経済連の取り組みをご紹介!その他、神崎レポーターの農業体験記をはじめ、頑張っている若手農家を応援する企画も!!

鹿児島黒牛・日本一への軌跡

たわわのわでは2017年9月7日~11日まで宮城県仙台市で開催された『全国和牛能力共進会』の模様をお伝えしました。 5年に一度開催される“和牛のオリンピック”、鹿児島黒牛が見事『団体総合優勝』に輝きました!
その模様を追加取材を交えて2018年1月2日に放送しました。
5年後の大会は鹿児島県霧島市で開催です!

【動画が表示されない場合はこちらから】

« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月24日 (日)

全国和牛能力共進会(前半)(2017年9月24日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今回のたわわのわは、9月7日から11日まで宮城県仙台市で行われた『全国和牛能力共進会』の模様をお伝えします。5年に一度開催される“和牛のオリンピック”で、鹿児島黒牛が見事!団体総合優勝に輝きました。来場者数39万人という国内最大級の和牛の祭典です。
39都道府県から集まった513頭の和牛が日本一を目指して競い合い、鹿児島県からは厳しい予選を勝ち抜いた30頭が出品されました。実際の審査会場は緊張感に満ちており、私もかたづをのんで様子を見つめました。日本一奪還を目指して、鹿児島県一丸となって応援を送ります。
会場の応援席には、お揃いの青色の上着を着た200名の大応援!
9つある審査部門の中で、4つの部門で1席(1位)を獲得した鹿児島県!
『鹿児島県』とアナウンスが流れる度に、『バンザーイ!バンザーイ!』と、会場に大応援団の声が響きます。出品牛と牛を引く、引手の方の信頼関係と努力が、宮城全共という大舞台で大輪の花を咲かせました。インタビューをした時、引手の方は皆さん『この子が本当に頑張ってくれた。感謝しかないです。』と、愛情たっぷりに、牛と一緒にこの日まで歩んできたことが伝わってきました。5年後の全国和牛能力共進会は、鹿児島県霧島市で開催です!一人でも多くの方に、全国和牛能力共進会を、鹿児島県産和牛の素晴らしさを知っていただきたいです!

2017年9月17日 (日)

くみあい食品 新商品「ごはんに合うおつけもの」(2017年9月17日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

食欲の秋にぴったりな話題をお届けします☆
今回は、ごはんに合うおつけもを求めて、くみあい食品のえい工場に行って来ました!工場からはお漬物の良い香りがしてきした。
南九州市は干し大根の生産が盛んです。工場では農家の皆さんが、大切に育てた干し大根を使ったお漬物を作っています。
この度、くみあい食品から新商品が登場!その名も『ごはんに合うおつけもの』。味付けはなんと『のり佃煮味』!ありそうでなかった味です!
職員の石原さんに工場の中を案内して頂いたり、女性商品開発チームのメンバーにお話を伺いました。『鹿児島のお米に合う、鹿児島のお漬物を作りたい』この様な想いで誕生しました。県内産の干し大根は、旨味を凝縮しているので、噛むほどにじわ~っと旨味が広がります。
合わせて、『ポリポリ』と音がして、歯ごたえがたまりませんでした♪
ポリポリの食感と大根の旨味、のりの風味が食欲を倍増☆まさに『ごはんに合うおつけもの』でした♪みなさんも一緒にポリポリ食べましょう♪

2017年9月10日 (日)

包括連携協定(2017年9月10日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今回のたわわのわ。
いつもの衣装「つなぎ」を封印して、ちょっと大人な雰囲気でお届けします!話題は、『JA・商工会推奨品販路開拓事業』。
この事業は去年の3月、JAグループ鹿児島と鹿児島県商工会連合会が包括連携協定を結んだ事をきっかけに始まりました。
JAと商工会が手を結んで、おすすめする商品を決めようと選定会が行われたのです。会場には、サプリメントやお菓子、お茶、惣菜おかず等々、申請された35商品が並んでいて、8名の選定員がパッケージを見たり、試食したりしていました。
地域の特性を活かしているか?消費者から高い満足度が得られるか?選定員の皆さんは真剣に選んでいましたよ。
見事、選定された商品はJAグループ鹿児島と鹿児島県商工会連合会が力を入れてPRしていきます!両者にとって初めての取り組みということで、期待を大きく寄せています♪地域とJAと商工会の結びつきが強くなり、色々な商品が誕生するかもしれません☆彡その商品が地域を元気にしてくれると嬉しいですね♪

2017年9月 3日 (日)

鹿児島県経済連食品総合研究所(2017年9月3日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

皆さんは、おいどん市場与次郎館の隣にある建物をご存知ですか?名前は『鹿児島県経済連食品総合研究所』。
一体なにを行っているのか…!?潜入捜査する怪しい私を快く迎え入れて下さった中島さんにお話を伺いました。
『食品総合研究所』は、食品の安心・安全を確かめる為に日々研究を行っています。中でも『残留農薬検査』に力を入れています。鹿児島県は農業大国!欠かす事の出来ない検査です。収穫後の農産物に農薬が残っていないか?また基準に合っているか?様々な手順で検査します。私も初めて見る事だらけで、ただただ関心しちゃいました!
見ているだけでは分からない、栄養や食味の研究も行っていて、徹底して鹿児島の『食』を分析していました。食総研所員の皆さんの、真剣に細かい作業を黙々と進めている姿はとてもかっこ良く、白衣が眩しかったです☆たわわのわで『食品総合研究所』の事、もっと知ってもらえたら嬉しいです!