日曜11:40~11:45

パーソナリティー:神崎美香

鹿児島県立農業大学校出身!農業が大好き!ポニーメイツとしてMBCの番組で様々なリポートをしてきた神崎美香レポーターが、鹿児島の食の豊かさをお届けします。
鹿児島の“食”を支えるJA鹿児島県経済連の取り組みをご紹介!その他、神崎レポーターの農業体験記をはじめ、頑張っている若手農家を応援する企画も!!

鹿児島黒牛・日本一への軌跡

たわわのわでは2017年9月7日~11日まで宮城県仙台市で開催された『全国和牛能力共進会』の模様をお伝えしました。 5年に一度開催される“和牛のオリンピック”、鹿児島黒牛が見事『団体総合優勝』に輝きました!
その模様を追加取材を交えて2018年1月2日に放送しました。
5年後の大会は鹿児島県霧島市で開催です!

【動画が表示されない場合はこちらから】

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

加世田砂丘らっきょう(2017年5月28日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

シャキシャキ食感がたまらない!「加世田砂丘らっきょう」をご紹介しました♪収穫最盛期を迎えている畑からは、風に乗ってらっきょうの良い香りがしてきました。らっきょうを作って50年!上窯さんにお話を伺いました。吹上浜の近くに広がる畑の砂はサラサラしていて、服についてもすぐ落ちてしまうほどでした。この砂とシャキシャキの食感は大きく関係があるのです!砂丘の土は痩せていて、何を作ってもの育たず、昔は『不毛の地』と言われていました。そんな中、大地にしっかり根を張ったのは『加世田砂丘らっきょう』だったのです!収穫の時は、一度トラクターで土を柔らかくするのですが…試しに、そのまま収穫してみると…!予想以上にしっかり根が張っていて、びっくりしました。この根もらっきょう作りに大切なのです!今年は2月から気温が上がらなかった影響で生育に影響が出たそうですが、それでも冷え込みに負けず立派に成長したらっきょうに上釜さんも太鼓判を押していました!
今回教えて頂いたオススメの食べ方は、らっきょうたっぷりたまごサンド・らっきょうのかき揚げ・らっきょうサラダ。生食はシャキシャキで爽やかな風味、加熱すると甘くなりますよ♪ぜひ、色々な料理で楽しんでください!

2017年5月21日 (日)

たわわたまご(2017年5月21日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

こけこっこ~!今回の主役は『たわわたまご』
たわわタウン谷山のオープンと一緒に2年前に誕生した「たわわたまご」の美味しさの秘密を探るべく、南九州市知覧町に行って来ました。
たわわたまごのように肌ツヤが良い生産者の菊永さんに鶏舎を特別に案内して頂きました。外から病気を持ち込まないために、衛生対策を万全にして、菊永さんが愛情を込めて育てている鶏たちとご対面!衛生管理を徹底している鶏舎内は、気温も22~23℃に保たれとても快適。鶏は周りの環境にとても敏感で、強い光やうるさい音・気温が高過ぎたり低過ぎたりすると、ストレスが溜まってしまいます。
つまり、鶏たちの環境を整える事がとても重要なのです。
およそ20万羽いる鶏の中で「たわわたまご」を生むのは、1万2千羽のお母さん鶏。ミネラルをたっぷり含んだ海藻を配合しているエサを食べ、たわわたまごは、栄養価が高くて美味しいたまごになります。
菊永さんオススメの食べた方は、生で食べる!私は、TKG☆たまごかけごはんで頂きました♪こんもり盛り上がった白身と鮮やかなオレンジ色の黄身。まろやかなたまごの味がして、後味さっぱりでした♪「たわわたまご」の美味しさ、ぜひたまごかけごはんでお楽しみください☆

2017年5月14日 (日)

とんかつ華蓮(2017年5月14日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今回のたわわのわ!
子どもから大人まで人気の料理『とんかつ』にスポットを当てます☆
鹿児島市東開町にあるイオンモール鹿児島内『とんかつ華蓮』におじゃました。こちらは、鹿児島が全国に誇る『鹿児島黒豚』や『茶美豚』、旬の野菜、こだわりのお米を楽しめるJA直営のお店です。
店内では出来立ての料理を楽しめるのですが、自宅でも美味しく頂ける最近人気のテイクアウトメニューをご紹介!
色々なメニューがある中で、一番人気の『とんかつ華蓮特製メンチカツ』!
鹿児島黒豚と茶美豚を一緒に味わえる贅沢な一品☆衣はサクサク♪食べると旨味たっぷりの肉汁がジュワ~っと溢れました♪
さらに5月から仲間入りした新商品『黒豚ヒレカツサンド』!
厚みたっぷりのヒレカツは、かなり食べ応えがありますがヒレはサッパリしているので、女性の方もペロリと食べられちゃいますよ。
更に耳寄り情報!とんかつ華蓮では、美味しく食べてポイントが貯まる『電子スタンプカード』が始まりました。登録はスマートフォンやタブレット端末で簡単に出来ます。皆さんもぜひ登録してみて下さい!

2017年5月 7日 (日)

鹿児島協同食品の豆腐(2017年5月7日放送)

【動画が表示されない場合はこちらをクリック】

今回紹介するのは、鹿児島協同食品の『豆腐』です。
美味しさの秘密を追求する為に、いちき串木野市にある『豆腐工場』におじゃました。案内して頂いたのは田代さん。衛生対策を万全にして工場に入ると、大豆の良い香りが漂っていました☆工場内で、たくさん美味しさの秘密を発見しました。
まずは、豆腐の原料となる大豆は、非遺伝子組替えの厳選されたもの。
大豆を水に浸け込む『浸漬(しんせき)』。10時間以上しっかり水に浸けこんだ大豆はふっくらと膨らんでいました。その後、こだわりの『地下水』と一緒に擦り潰していきます。いくつかの作業工程を経て、出来立てのおぼろ状態の豆腐を特別に頂きました!大豆の旨味がぎゅっと凝縮され、とっても美味しかったです♪
次におぼろ状態の豆腐を大きな型に入れていきます。ここがとても大切なポイントで、入れ過ぎると固くなり、少ないと柔らかい豆腐になるそうです。ここは職人の技が光る作業という事です!
原料、製造方法、そして欠かす事の出来ない熟練した職人の技で作られる鹿児島協同食品の『豆腐』!オススメですよ~☆
工場を案内して下さった田代さんに、感謝の気持ちを込めて手作り麻婆豆腐をプレゼント!その出来栄えは・・・乞うご期待ください!