« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

うなぎのっけの大根ステーキ

Sun080726

「うなぎのっけの大根ステーキ」
〈材料 4人分〉1人当り 165kcal

☆『鰻師の健気うなぎ蒲焼』・・・1尾
*(備え付けのタレ)
*大根・・・・・・・・・・8切れ
*スープ・・・・・・・・・かぶるぐらい (約1リットル)
*サラダ油・・・・・・・・大さじ1
*バター・・・・・・・・・大さじ1
*小ねぎ・・・・・・・・・適宜

【作り方】
①下準備
  「鰻師の健気うなぎ蒲焼」 … 細切りにする。
  大根 … 皮をむき、3㎝厚さの輪切りにし、
         表面に格子状に切れ目を入れる。
    鍋に大根とスープを入れて、約20分煮る。
②フライパンにサラダ油を入れて熱し、
  ①の大根の汁気を拭いて入れ、両面焼き色がつくまで焼き、
  仕上げにバターを加える。
  ②のフライパンをさっと拭き、うなぎと蒲焼きのタレを
  入れて、味をからめる。
    器に②の大根と、③のうなぎを盛り、小ねぎをのせる。

③もう一品、永谷園『博多屋台風焼きラーメン』をそえる。

Sun080726_1

愛ちゃんただいま修行中

ニガウリが白いsearch

白ニガウリ・・・初めてのご対面ですeye

Ai0807261 沖縄で主に栽培されている“白ニガウリ”とよく目にする緑色の“普通のニガウリ”との違いは?!

味が違う。白のほうが甘い。同じく苦いお野菜代表、ピーマンで言うなら普通のピーマンとパプリカの違いのような感じflair

分かりにくい???

どっちにしろ栄養たっぷり、ビタミンたっぷりのニガウリでこのあっつ~い夏を乗り切ろうgood

ニガウリ大好きな私、いろんなニガウリ料理に挑戦してレパートリーを増やすのがこの夏の目標ですup

それにしても美味しかったなぁshine白ニガウリ。また出会いたいなぁcatface

2008年7月19日 (土)

うなぎのサラダすし

Sun080719

「うなぎのサラダすし」
〈材料 2人分〉1人当り 588kcal

☆『鰻師の健気うなぎ蒲焼』・・・・・1尾
  *ごはん・・・・・・・・・2皿分
  *すし酢・・・・・・・・・少々

  *レタス・・・・・・・・・2・3枚
  *パプリカ赤・・・・・・・4分の1個
  *かいわれ・・・・・・・・3分の1パック
  *卵・・・・・・・・・・・1個
  *砂糖・・・・・・・・・・少々
  *塩・・・・・・・・・・・少々

  *蒲焼のたれ・・・・・・・大さじ1と1/2
  *マヨネーズ・・・・・・・適宜

【作り方】
①材料の下準備
「鰻師の健気うなぎ蒲焼」 ・・・ 3cm角ぐらいに切る。
  レタス ・・・ 5ミリ幅のせん切りにする。
  パプリカ ・・・ 1cm角くらいに切る。
  かいわれ ・・・ 根の部分を切り落とす。

②たまごを溶き、砂糖・塩を加えて、錦糸たまごをつくる。

③ごはんにすし酢をまぜて、すし飯にする。
   すし飯を皿に盛り、レタス・パプリカ・かいわれ・錦糸たまごを彩りよく散らす。
   その上に、うなぎを並べる。
  蒲焼のたれをかけ、最後にマヨネーズを全体に格子状になるようにかける。

④永谷園『しじみのお吸い物』をそえる。

Sun080719_1

愛ちゃんただいま修行中

19日、26日の放送は先日募集したお料理コンテストの入賞作品。

うなぎ料理の様々なアイデアが届きました。

私も考えてはみたもののご飯の上にのっけることからなかなか離れられなくて・・・

レシピを見てみると、今回のように寿司飯や野菜とあわせるとか、中にはかるかんと・・・というメニューも。

皆さんの発想に感激したり驚いたり。

そして改めて、毎回メニューを考えてきてくださる西村和子先生のご苦労を感じました。

先生。いつも美味しいメニューをありがとうございます。

2008年7月12日 (土)

鰻師の健気うなぎ蒲焼を使った【生春巻】

Sun080712

☆鰻師の健気うなぎ蒲焼を使った☆
「生春巻」

〈材料 6本分〉1本当り 140kcal

☆『鰻師の健気うなぎ蒲焼』・・・中1.5尾

*きゅうり・・・・・・・・2本(250g)
*たまご・・・・・・・・・5個
*塩・・・・・・・・・・・小さじ1/4
*みりん・・・・・・・・・大さじ1
*青じそ・・・・・・・・・10枚
*ライスペーパー・・・・・6枚

<A>
*うなぎ蒲焼たれ・・・・・大さじ2
*しょうゆ・・・・・・・・大さじ1
*練りワサビ・・・・・・・適宜
*酢・・・・・・・・・・・大さじ1/2

【作り方】
① 下準備
    「鰻師の健気うなぎ蒲焼」・・・縦1cm幅の棒切りにする。
    きゅうり・・・熱湯をくぐらせて、すぐ冷水に取り、
               斜め輪切りにし、さらにせん切りにする。
               軽く塩をふる。
    しそ・・・たて半分に切る。
② 厚焼き玉子をつくり、うなぎに合わせて切る。
③ 台にぬれ布巾を敷き、ぬるま湯をくぐらせたライスペーパーをおく。
     中央に、しそときゅうりのせん切りをおき、うなぎ・
     厚焼き玉子を芯にしてクルッと巻き、4つに切り分けて器に盛る。
④ Aを混ぜて、タレをつくる。

愛ちゃんただいま修行中

日焼けで手や首のあたりがヒリヒリ痛いbearing

日焼けしたときにはビタミンを摂るといいflair

それともう一つ。日焼けした後に塗るといいもの・・・sweat01

この前番組の中でそんな話しをしたようなsweat02

・・・・・・そうだヘチマだshineヘチマ水だgood先週お料理を作ったばっかりだったbleah

と思い出したのは日焼けから5日後。ちょっと遅かった・・・coldsweats01

2008年7月 5日 (土)

へちまの味噌炒め&へちまとソーメンのお吸い物

Sun080705

【へちまの味噌炒め】
〈材料 4人分〉
1人当り 200kcal

*へちま・・・・・・・・・400g
*薩摩もち豚(もも肉うす切り)
         ・・・・150g
*赤ピーマン・・・・・・・1個
*しょうが・・・・・・・・1/2片
*サラダ油・・・・・・・・大さじ1

<調味料>
*砂糖・・・・・・・・・・大さじ3
*酒・・・・・・・・・・・大さじ1
*味噌・・・・・・・・・・60g
*しょうゆ・・・・・・・・小さじ1
*ごま油・・・・・・・・・小さじ2

【作り方】
①へちまの下準備
   表面の硬い部分の皮をむき、細いものはそのまま、
   大きめのものは縦2つに割って、1.5cm幅の斜め切りにし、
   水にさらす。
②材料の下準備
 薩摩もち豚・・・ひと口大に切る。
 赤ピーマン・・・1cm幅に切る。
 しょうが・・・せん切りにする。
③中華鍋に油を熱し、豚肉,しょうがを炒める。
 水気をきったへちま,赤ピーマン,調味料を加え、風味づけに
 ごま油を落とす。

【へちまとソーメンのお吸い物】
〈材料 4人分〉

*へちま・・・・・・・・・5cm
*ソーメン・・・・・・・・1束

★永谷園「松茸の味 お吸いもの」・・4袋

【作り方】
① へちまは、細い部分を輪切りにして、熱湯にくぐらせる。
② ソーメンは、茹でてザルにあげておく。
③ お椀にソーメン,へちまを置き、お湯で溶いた
  永谷園「松茸の味 お吸物」を注ぐ。

愛ちゃんただいま修行中

7月1日は“半夏生”でした。田んぼの稲がしっかり根付くようにという意味を込めて、関西では吸着力の強い食べ物“タコ”をこの日にいただくとか。

前回のこのブログで“タコ”の話題を書いていますが、その時点で全然気がつきませんでした。

今日は何の日?というように一日一日語呂合わせや記念日などでいろんな日になっていますが、7月は2日がタコの日、10日が納豆の日、24日が土用の丑の日。

旬の食べ物で季節を感じたい私。語呂合わせだと旬とは言いにくいですが今日は何の日だっけ?!とカレンダーを追いながら楽しく食したいと思います。食卓での会話のひとネタにもなりそうですね☆

というそばから2日にタコを食べ損ねている私です。