« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

愛ちゃんただいま修行中

Ai0609301 Ai0609302

先週に引き続き熊本県合志市で“ムックンの野菜・大葉”を栽培されている吉川さんの大葉ハウスからのレポートです!
収穫のお手伝い♪
大葉の葉を上から下に向かってプチっ!力をいれず丁寧に収穫していきます。
丁寧に一枚一枚とっていく作業は自然と愛情がこもりました。
そして汗をいっぱいかきながらとったとれたての大葉は香りも風味もより一層あって美味しかったですよ!!

おすし・いろいろ

Sun060930

<材料2人分>一人当たり685Kcal
フンドーキン八本木樽醤油…適宜         甘酢しょうが…適宜
永谷園煮込みラーメン
≪細巻きずし≫
ムッくんの野菜・大葉…4枚             すしめし…160g
山芋…50g                       梅肉…大さじ1
のり…1枚
≪裏巻きずし≫
ムッくんの野菜・大葉…4枚             すしめし…200g
大隅うなぎ蒲焼…中1/2尾分            のり…1枚
フンドーキン柚子こしょう…少々          金ごま…大さじ2
≪大葉包み一口ずし≫
ムッくんの野菜・大葉…6枚             白めし…320g
フンドーキンごま風味ぽん酢…大さじ2      ロースハム…2枚
グリーンアスパラ…4本

<作り方>
≪細巻きずし≫
1.のりは横半分に切り、すしめし半量を広げる。大葉は細く千切りにし、水にさらす。中央を少しへこませ、細く切った山芋・梅肉・大葉を置き、巻きすごとに向こう側へもっていき、巻く。落ち着かせて6切れに切り分ける。
≪裏巻きずし≫
2.巻きすにのりを置き、すしめしを広げる。ラップをおいて軽く押さえ、もう1枚の巻きすをかぶせて裏返す。のりの面に大葉を広げ、「フンドーキン柚子こしょう」を少々塗る。その上に大隅うなぎ蒲焼を置いて手前から渦巻き状に巻く。パイレッシュに金ゴマを広げておき、ころがしてごまをまぶす。最後に6等分に切り分ける。
≪大葉包み一口ずし≫
3.白めしに「フンドーキンごま風味ぽん酢」を混ぜる。小さく刻んだハム、茹でて小さく刻んだグリーンアスパラガスを混ぜ、俵型に形づくる。大葉で巻き、代わり串で2個ずつ刺す。
4.出来上がり。

2006年9月23日 (土)

愛ちゃんただいま修行中

Ai0609231 Ai0609232

熊本県合志市で“ムックンの大葉”を育てていらっしゃる吉川さん!愛情をたっぷり込めて土作りに種まき、苗から出荷までの作業をなさっていました。今回も『むっちゃんのこだわりコーナー』の取材に同行してこの目で確かめてきましたよ!!
この美味しさを皆さんにも!!ということで先週のラジオの特別番組のスタッフに差し入れをしました!メニューは刻んだ大葉、ごま、梅がたっぷりの‘おにぎり’です。簡単ですみません。先週、先生と作ったのが楽しくて…次はサンドイッチを作ってどこに持って行こうかな!?

行楽・サンドイッチ

Sun060923

<材料2人分>一人当たり690Kcal
≪重ねカツサンド≫
ムッくんの野菜・大葉…6枚             薩摩もち豚ローススライス…4枚
塩…少々 こしょう 少々
<衣>
天ぷら粉…適宜                   パン粉…適宜
揚げ油…適宜                     フランスパン…6枚
マスタードとバターをまぜたもの…少々      レタス…2枚
<ソース>
フンドーキン無添加生詰あわせみそ…小さじ1  トマトケチャップ…大さじ2
≪チキンサラダサンド≫
ムッくんの野菜・大葉」…4枚              元気赤鶏むね肉…100g
玉ねぎ…40g                           パプリカ…1/6個
フンドーキン柚子こしょう…小さじ1/2               マヨネーズ…25g
塩こしょう…適宜                                     白ワイン…適宜
サンドイッチ用スライスパン…6枚                   レタス…2枚
マスタードとバターをまぜたもの…少々             きゅうり…1/3本
トマト小…2個                                         マヨネーズ…大さじ2
永谷園おみそ汁の大革命

<作り方>
≪重ねカツサンド≫
1.豚肉は3~4枚に切り、軽く塩・こしょうする。間に大葉をはさみながら肉を重ね、パン粉とカツ揚げ粉をまぶし、170℃の中温でゆっくり揚げる。
2.フランスパンは2cm幅に切り、真ん中に切り込みを入れる。切り込みの面にからしバターを塗り、1の重ねカツを3等分に切ったもの、レタスを刻んでソースであえたものをはさむ。
3.出来上がり。

≪チキンサラダサンド≫
1.鶏肉は、切り込みを入れて広げ、塩・こしょう・白ワインをふって、電子レンジで加熱・又は蒸して冷ます。そして、手で小さく裂く。
2.玉ねぎは縦半分に切って薄切りし、塩を振ってしんなりさせる。大葉、パプリカを粗みじんに切る。以上を柚子こしょうを混ぜたマヨネーズで和える。
3.きゅうりはパンに合わせて縦にスライス、トマトは横にスライスする。
4.サンドイッチ用パンを3枚1組にし、具をはさむ面にからしバターを塗る。1・2枚目にレタスを置き、2のチキンサラダをはさむ。2・3枚目にマヨネーズを塗り、トマトスライス、きゅうりをはさむ。
5.ラップで包み、軽く押してしばらく落ち着かせてから3等分に切る。
6.出来上がり。

2006年9月16日 (土)

愛ちゃんただいま修行中

Ai0609161

鶏肉で作るハンバーグのようなお料理なので運動会や遠足の前日の夜にお子さんと楽しくコネコネ♪いかがでしょう!?
…で今回一番楽しかったのはおにぎり作り。いろんな形でいろんな味付けで!
「先生はどんな具が好きですか?…私は梅とか昆布とか!」なんて話しながら!おにぎりを作るのは久しぶりだった事もあってワクワクしました。
やっぱりお料理は楽しくなくちゃ!!

鶏ひき肉のしそ包み焼き

Sun060916

<材料4人分>一人当たり216Kcal
鶏ひき肉…250g                          ねぎ…1/3本
しょうが(みじん切り)…小さじ1                  卵…S・1個
フンドーキン料亭の味かつお風味白だし…大さじ1・1/2   生椎茸…2枚
片栗粉…大さじ2                          大葉…24枚
油…大さじ2                                               パプリカ(赤)…1/2個
パプリカ(黄)…1/2個                                       セロリ…1本
フンドーキンゴマ風味ポン酢…適宜

<作り方>
1.ボウルに鶏ひき肉を入れ、ねぎ、しょうが、生椎茸のみじん切り、調味料、つなぎのたまご、片栗粉を加えよく混ぜ合わせる。
2.1を8等分し、青じそ2枚ではさむ。
3.フライパンに油を引き、2を焦がさないように両面から焼く。
4.付け合せの野菜は、セロリは筋を取って細いせん切りにし、水に放す。パプリカはさっと熱湯にくぐらせ、細いせん切りにする。ゴマ風味ポン酢で和え、3に盛り合わせる。
5.出来上がり。

2006年9月 9日 (土)

愛ちゃんただいま修行中

Ai0609091

秋です!さんまです!しそと相性抜群のさんまです!!
今回は切り身を使うということで、もしかしてさばく練習が出来るのでは!?と思っていたら…さんまは三枚おろしではなく特別なさばき方だし失敗も出来ないからと見て勉強することになりました。
さんまは“大名おろし”と言って背骨に沿って一気におろしてしまう方法をとります。多少、骨に身が付いてしまうんですが素早くおろさなければいけません。思い切りが大事!
では次の魚料理で練習できるチャンスをうかがうとしましょう!!
先生よろしくお願いします☆

さんまのしそ風味あげ

Sun060909

<材料4人分>一人当たり468Kcal
さんま(中)・・・4尾                    ホワイトペッパー…少々
フンドーキン生詰無添加あわせみそ…大さじ2   しょうが(卸し)…小さじ1
裏ごしした梅干し…2個分                砂糖…少々
大葉…8~12枚
<衣>
小麦粉… 適宜                       とき卵…1個分
パン粉…適宜                       揚げ油…適宜
<付け合わせ>
サラダ菜…8枚                                               キャベツ…200g
フンドーキンごま風味ホぽん酢…適宜

<作り方>
1.さんまは頭・ワタを除き、中骨を取って縦2つに割る。水気を拭き、縦2枚に切った青じそを置く。
2.みそに卸しょうが、砂糖、梅びしおを混ぜ、青じその上に塗る。
3.3つ折りにして、ヨウジで止める。
4.パン粉衣を付け、170度の油で揚げる。
5.付け合せの野菜をあしらい、4を盛って ごま風味ぽん酢を添える。揚げたさんまは2つに切ってもよい。
6.出来上がり。

2006年9月 2日 (土)

愛ちゃんただいま修行中

Ai0609021 Ai0609022

鹿児島銘菓“かるかん”をより身近に感じることができました。
学生時代、家庭科の時間に作った“かるかん”は蒸し器にかけるなど、手間のかかるものというイメージがありました。
しかし今回はホットケーキを作る要領で焼くだけ!お子さんと一緒にわいわいとふるさとのお菓子にふれられますよ。色んな形に焼いてみるのも楽しそう!
ただ丸く焼くのが難しくてっていうのは私だけみたいですが…。

焼きかるかん

Sun060902

<材料8個分>一人当たり(小倉あん262Kcal、味噌風味あん251Kcal) 
山いも…150g                     水…50~60cc
かるかん粉…180g                  砂糖…150g
卵白 1個分 あん
<A>
小倉あん…100g
<B>
味噌風味あん                     紅さつま…150g
フンドーキン生詰無添加あわせみそ…20g     砂糖…30g

<作り方>
1.<あんをつくる>
さつまいもの皮をむき、乱きりにして蒸す。水気を飛ばし熱いうちにポテトマッシャーで潰す。(丁寧にする時は裏ごしをする)砂糖、あわせみそを加え、火にかけてあんを作る。4個に丸める。小倉あんも4個に丸めておく。
2.山いもは皮をむき、小さく切り、酢水に漬ける。

分量の水とミキサーにかける。
3.かるかん粉に砂糖を加え、よく混ぜ2の山芋を加え混ぜる。硬く泡立てた卵白をさっくり混ぜる。
4.ホットプレートを温め、3のタネを流し、8cm位に丸く焼く。
5.焼いた4の2枚で、中に1のあんをそれぞれはさむ。
6.出来上がり。

 

~広東風かに玉~
<材料>

永谷園「広東風かに玉の素」…1袋           卵…3個
サラダ油…大さじ1                    水…3/4カップ