« 2004年5月 | メイン | 2004年7月 »

2004年6月

2004年6月26日 (土)

ビビンバ

Sun040626

<材料4人分>

健気小大豆もやし…1袋(250g) ごま油…大1
ミツカンクッキング追いがつおコク味仕立て…大1・1/2
豆板醤…小1/2         牛ロース肉…150g
ミツカンクッキング追いがつおコク味仕立て…大2
コチュジャン…小1     大根…200g
にんじん1/3本       ミツカン酢のもの黒酢…大4
塩…少々          赤唐辛子…1本
ぜんまい…100g      ごま油…大1
ミツカンクッキング追いがつおコク味仕立て…大1・1/2
ほうれん草…150g     ミツカン酢のもの黒酢…大3
煎りごま…少々        温泉卵…4個
ご飯丼ぶり…4杯分     コチュジャン…少々

<作り方>

1.<もやしナムル>
フライパンでごま油を熱し、洗って水気を切った小大豆もやしを強火で炒め、「クッキング追いがつお」・豆板醤で調味する。
2.<牛肉ナムル>
牛肉はごま油で炒め、「クッキング追いがつお」・コチュジャンで調味する。
3.大根はやや太めのせん切りにし、塩を振りしんなりさせる。にんじんはせん切りにして、熱湯でさっと茹でる。大根・にんじんは水気を切り、「酢のもの黒酢」に漬ける。小口切りにした赤唐辛子を入れる。
4.<ぜんまいナムル>
水気を切ったぜんまいをごま油で炒め、「クッキング追いがつお」で煮詰める。
5.<ほうれん草ナムル>
ほうれん草は茹でて4cm長さに切り、「酢のもの黒酢」に漬ける。煎りごまを振る。
6.ご飯は1人分フライパンで焼き目をつける。(石焼きビビンバの場合、石の器のまま焼く。)
7.ご飯を丼に盛り、(1)~(5)の具を上に並べ、真ん中に温泉卵をのせる。
8.出来上がり。

2004年6月19日 (土)

小大豆もやしと鶏つくねのさっと煮

Sun040619

<材料4人分>

健気小大豆もやし…1袋(250g)
(鶏つくね)
ごま油…大1       鶏ミンチ…200g
きくらげ…1/2枚     にんじん…20g
筍の姫皮…少々      醤油…小1/2
砂糖…小1/2       小さんだけ…8枚
さやえんどう…8枚
(たまねぎの酢のもの)
新たまねぎ…1/2個    トマト…4個
青じそ…2枚       ミツカン酢のもの黒酢…大4
ミツカンクッキング追いがつおコク味仕立て…100ml
水…350ml

<作り方>

1. <鶏つくね>
水に戻したらきくらげ、にんじん、筍の姫皮は1,5cmのせん切りにする。
鶏ミンチに以上の具、つなぎの卵、調味料を加え。よく練り混ぜる。
1人2個見当、小判形にまとめる。
2.もやしは洗って水気をきる。
3.小さんだけは斜めに切る。
4.「クッキング追いがつおコク仕立て」と水を鍋に入れる。
煮立ち始めたら鶏つくねを1個ずつ入れ、色が変わり、表面が固まったら裏返す。
5.4のつくねを片方に寄せ、小さんだけを入れ3分煮る。さらに小大豆もやしを加え、2分煮る。
(鶏つくねの表面の色が変わり、落ち着いてから野菜類を加える。)
6.器に盛り、別に茹でておいたさやえんどうをあしらう。
7.出来上がり。

2004年6月12日 (土)

生春巻き

Sun040612

<材料4人分>

健気ブラックマッペもやし…1袋(250g)  塩、こしょう…少々
ごま油…大1              えび…8尾
筍(茹)…80g              油…大1/2
薄口醤油…小1             青じそ…8枚
ライスペーパー…8枚          焼き豚…60g

<タレ>
コチュジャン…適宜          ミツカン味ぽん…適宜

<作り方>

1.鍋に1/2カップ程の水と健気もやしを入れ、蓋をして2分蒸す。ザルにあげて水気を切り、塩・こしょう・ごま油をふる。(健気もやしはさっとごま油で炒めても良い。)
2.えびは、ヒタヒタの湯で茹でる。殻をむき、背から包丁を入れ、2つに割る。
3.茹でた筍はせん切りにして、ごま油で炒め、薄口醤油で調味する。焼き豚をせん切り、青じそは縦半分に切る。
4.<ライスペーパーのもどし方>
1枚ずつぬるま湯をくぐらせ、皿に取る。1~2分おいて柔らかく戻す。
(具を包み、1枚を仕上げてから2枚目にとりかかる。)
5.よく絞った布巾にのせ、具を巻いて1枚ずつ完成させる。タレをつけて食べる。
6.出来上がり。

2004年6月 5日 (土)

棒々鶏

Sun040605

<材料4人分>

健気もやし…1袋     塩、こしょう…少々
ごま油…大1/2      鶏むね肉…1枚(250g)
ミツカン料理酒…大1   ごま油…少々
卵…3個         ミツカンほんてり…小1/2
油(卵を焼く)…少々    きゅうり…1~2
ミツカン金のごまだれ

<作り方>

1.鍋に1/2カップ程の水と健気もやしを入れ、蓋をして2分蒸す。ザルにあげて水気を切り、塩・こしょう・ごま油をふる。(健気もやしは少量の水から蒸し煮し、シャキシャキ感と独特の風味を味わいます。)
2.鶏肉に塩・こしょう・料理酒をまぶし、ヒタヒタの湯で茹でる。手で細かく裂き、ごま油をふる。
(蒸し煮した鶏肉はごま油をまぶす事で、表面の色が変わり、パサつくのを防ぎます。)
3.卵を溶きほぐし、調味して薄焼き卵を作り、細めの短冊に切る。
4.きゅうりは熱湯をくぐらせて、冷水にとり、細めの短冊に切る。
5.出来上がり。