« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月24日 (金)

コンクリート住宅のお悩みって!?

早々と暑気払いでビアガーデンへrunbeer

Photo_3

焼酎好きのひげちゃんとビール好きの原口というコンビだと知ってか知らずか…

ラジオネーム『のんべえ』さんから質問をいただきましたup

「自慢のコンクリート打ちっぱなしの我が家ですが、築10年を過ぎ、以前のような輝きがなくなってきましたcrying

あの輝きを取り戻すには?その費用は?」とのこと…

  ↓ ↓ ↓ ↓

コンクリートの壁も塗装と一緒で紫外線に弱いんですsun

陽が当たる場所は紫外線劣化で黒ずんだり、カビが生えたり、ぼろぼろと粗くなったり…shock

それには、痛んだ表面の修復が必要sign05ですが、ブツブツ・ゴツゴツの部分を平らにすると、あのオシャレな打ちっぱなしが消えてしまうんですってsign04bearing

…高級感のある、コンクリート住宅の印象を壊さないためには、塗装する方法もありますが、元のコンクリート打ちっぱなしの状態を再現させる【描写工法】がオススメですcrown

西谷工業は、描写工法の中でもGPF工法という技術で、元より美しく仕上げますhouseshine

工法や施工箇所の面積によって費用も変わってきますので、

まずはコンクリート住宅再生の施工経験の豊富な西谷工業までご連絡くださいnote

2016年6月17日 (金)

『輸入住宅のリフォームのお悩み』にお答えします!!

今回は、ラジオネーム【曇りのち晴れ】さんからのご質問sign01

「20年前の輸入住宅ブームのときに家を建てましたhouse

ということで、玄関は北米製の一枚板のドアdoor

しかし!!鹿児島の気候には合わなかったのか、カビのような点々や黒ずみが気になっていますcrying

そこで、木製の輸入ドアのケアについて&窓と窓枠を日本製のものに取り替えることは可能なのでしょうか??」

…というご質問でしたflair

まずはmobaq輸入ドアについて…木は呼吸をしていて、湿気を吸収したり吐いたりするものsign01

築20年ということもあり、上手く放出できないと、このような梅雨の時期には特に内側に菌が溜まってしまいますsweat01

その蓄積でカビが生えてしまったのかもshock

でも溜まった菌は除菌できる可能性がありますgood 

もしかすると取り替える必要はないかもしれませんよup

まずは業者に依頼して立地の確認などをしてみてくださいsign03

続いてmobaq窓と窓枠を日本のメーカーのものに取り替えたい…

ズバリflagもちろん取替えOKですgood窓のリモデルとして、カバー工法でアルミ製や樹脂製のものを寸法して裁断するオーダー商品を提供できますsmile

サイズなどご心配なく、”実はとっても楽しいひげちゃん”にご相談くださいheart04

downwardright今年の節分は収録だったので…おどけるひげちゃんと私(原口ですよ)downwardleft

Photo

2016年6月10日 (金)

「築50年!!木造住宅の耐震補強」

今回は、鹿児島市武岡にある西谷工業へ出張収録sign03

遅くまで頑張っている女性スタッフを、パチリcameranote

Photo_2

左【木下さん】   と   右【下中さん】  

さてさて、今回の話題は、ラジオネーム『レブス』さんからのご質問…

「実家は築50年以上の木造住宅…屋根は波打っているのが目に見えるほど老朽化。所々、雨漏りもあります↓↓

熊本地震の被害を見て実家が心配ですが、家全体となるとかなりの費用がかかりそう。。。

何か良いアイデアはありませんか??」

ということで…↓ ↓ ↓ ↓

ひげちゃんがこれまで見てきた築50年以上の木造住宅は、

耐震補強がなされていなかったり、下地材が腐ってしまっていたり・・・wobbly

それでも費用をあまりかけられないsign01という場合は・・・・

【一部屋を耐震補強する】もしくは【シェルターのようながっちりとした部屋を増築する】というのはいかがですかsign02

いつ起きるか分からない地震impact安心して寝られるように”寝室”をシェルター化する補強がおすすめwrench

ひげちゃん、震度6~7の揺れにも耐えられる補強を目標に施工していますgood

2016年6月 3日 (金)

ひげちゃん…『雨漏り診断士!?』

先週からお話している、梅雨の季節のおうちのお悩みflair

お悩み相談ナンバーワンは『雨漏り』typhoon

雨漏りだ~wobblyと思ったら、まずは雨漏り診断sign03

実はひげちゃんは【雨漏り診断士】なんですshine 

つまり、雨漏りの原因を発見して、しっかり修理することが出来るプロwinkgood

原因を突き止めなければ、修理を繰り返しても雨漏りしちゃうそうですweep

西谷工業では、まず全ての箇所をチェックwrench

続いて、散水試験waveそれでも原因が見つからなければ赤外線カメラmovieを駆使しますrock

crown雨漏り診断士bellのひげちゃんにお任せくださいnotes

Photo_4

…ひげちゃんの手は日焼けしていて大きくて、信頼できる「職人の手」happy01paper