2016年10月 1日 (土)

南日本女子ゴルフ 高1の皆吉さんが優勝

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_3(優勝した皆吉選手 国体での活躍も期待されています)

 

女性アマチュアゴルファーが腕を競う「南日本女子ゴルフ選手権大会」が10月1日、姶良市で開かれました。蒲生町の鹿児島高牧カントリークラブで開かれた南日本女子ゴルフ選手権大会では、優勝すれば来春の女子プロゴルフツアー「Tポイントレディスゴルフトーナメント」の出場権が得られます。今年は11歳から59歳までの女性アマチュアゴルファー27人が出場。優勝したのは、神村学園高等部1年の皆吉愛寿香さん(16)で、前半1アンダー、後半2アンダーのトータル69で出場権を獲得しました。

2016年6月20日 (月)

女子ゴルフ 勝みなみ選手2勝目ならず2位

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_5

(キャディーを務める母・久美さんは「力になる!」と話す勝選手) 

 
女子ゴルフ、鹿児島高校3年でアマチュアの勝みなみ選手がトッププロを相手に
熱戦を繰り広げました。

 
6月19日までの3日間、千葉県で開かれたニチレイレディス。勝選手は最終日、2位と1打差の単独首位でスタートし、史上初のアマチュアでのツアー2勝目を狙いました。
出だしの1番でバーディーを奪い波に乗るかに思われましたが、「優勝」の2文字が勝選手の動きを固くします。5番ではこの日初めてのボギー。続く6番では、追い上げてきた大会3連覇がかかる韓国の申ジエ選手に逆転を許します。7番も落とし、3連続ボギーでスコアを崩した勝選手。応援に駆けつけた祖父・市来龍作さん、キャディーを務めた母・久美さんも最終日・最終組の重圧を感じていました。

 
苦しみながらも、最後まで粘りのゴルフを見せた勝選手。最終18番ロングホールでは3打目をバーディーチャンスにつけます。これを決めホッとした表情を見せた勝選手。結局、優勝は逃しましたがトータル9アンダーの単独2位。史上初のアマ2勝目は成りませんでしたがベストアマチュアに輝きました。

 
表彰式で、普段見せない涙をこらえ切れなかった勝選手。
真っ赤にしたその目は次の「1勝」を見据えていました。

2016年5月16日 (月)

女子ゴルフ・勝みなみ選手がベストアマチュアに

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg

(シーズン開幕前の合宿風景から)

 

5月15日までの3日間、福岡で行われた女子プロゴルフツアー「ほけんの窓口レディース」で、鹿児島高校3年のアマチュア・勝みなみ選手が6位に入り、ベストアマチュアに輝きました。1アンダー14位タイで最終日を迎えた勝選手は、随所で粘りのゴルフを見せ、5バーディー・1ボギー・1ダブルボギーの70でスコアを2つ伸ばし、トータル3アンダー6位タイでフィニッシュ。出場アマチュア選手の中で最上位の選手に送られるベストアマチュア賞に輝きました。勝選手は、今シーズン出場したプロツアー6戦全てで決勝ラウンドに進出。この試合の6位タイが今シーズンの最上位となり、目標である「アマチュアでのプロツアー2勝目」に向けて、新たな一歩を踏み出しました。

2016年5月15日 (日)

女子ゴルフ 大山選手がステップアップツアーで2位

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_2

(シーズン開幕前の練習取材で笑顔を見せる大山選手)

 

5月13日から15日まで石川県で行われた、女子プロゴルフ・ステップアップツアーのツインフィールズレディーストーナメントで、県出身のルーキー・大山亜由美選手(樟南高校卒)が、自身最高位の2位に入りました。最終日+5の12位タイからスタートした大山選手は、前半、4バーディー・1ボギーでスコアを伸ばすと、後半も1バーディー・1ボギーでまとめ、トーナメントコースレコードとなる69でホールアウト。最終日にスコアを伸ばし2位に入りました。MBCの取材に対し、大山選手は「ドライバーが、初日・2日目より良かったのでたくさんバーディーチャンスにつけることが出来ました。調子が悪いところからしっかり戻せたので良かったです。自分自身のなかでは“やっと”シーズンが“開幕”した感じです。」と話しています。なお同じく樟南高校出身の倉田珠里亜選手が+4の5位タイに入っています。

2016年5月 2日 (月)

勝選手がチームを引っ張るも 日本は8位タイ

女子アマチュアゴルフの日本代表・勝みなみ選手(鹿児島高校3年)も出場した第38回クィーンシリキットカップ アジア太平洋女子招待ゴルフチーム選手権が4月29日までの3日間行われ、開催国の韓国が優勝しました。日本代表チーム3人のなかでは最上位となる個人17位タイと勝みなみ選手がチームを牽引しましたが、団体では14チーム中8位タイで大会を終えました。

2016年4月20日 (水)

勝みなみ選手がアマチュア日本代表に

鹿児島高校3年の勝みなみ選手が、4月27日~29日に、韓国・済州島で行われる「クィーンシリキットカップ」の日本代表に選ばれました。
この大会は、アジア太平洋地区で最も参加チーム数が多い大会で、13の国と地域から、ゴルフ界の次代を担うと期待されるトップ女子アマチュアゴルファーが参加するものです。勝選手にとっては3年連続の代表選出。去年4位の雪辱を果たす大会になるか注目です。

MBCレディースゴルフ大会 商崎選手がグランドチャンピオンに!

女性アマチュアゴルファーが腕を競う、28回目のMBCレディースゴルフ大会が、19日に鹿児島市吉野町の南国カンツリークラブで行われました。

この大会は、現在、鹿児島高校3年の勝みなみ選手が優勝したこともある大会で、今年は、12歳の中学1年生から76歳まで132人が出場。種子島や徳之島などの離島のほか、宮崎県からの参加者もありました。

大会は年齢ごとに3つの部で争われ、60歳以上のゴールドレディースの部は三宅智子さんが8オーバーで2連覇を達成。また、50歳以上のミドルレディースの部は塩川孝子さんが6オーバーで7連覇を果たしました。
そして49歳以下のヤングレディースの部は、鹿児島城西高校1年の商崎鈴菜さんが、昨年プレーオフで敗れた悔しさを晴らし4オーバーで初優勝。商崎さんは、全ての参加者の中で最もスコアが良い選手に贈られるグランドチャンピオンに輝きました。

この大会の模様は、山下久美プロの解説で5月20日の午後2時からMBCテレビでお送りします。

2016年3月22日 (火)

女子プロゴルフ Tポイント・レディースは大江香織が優勝

鹿児島で3年ぶりの開催となった女子プロゴルフツアーの「Tポイント・レディース」最終日は20日、鹿児島高牧CCで行われ、県勢では鹿屋出身の香妻琴乃が1アンダーの22位タイ、アマチュアで鹿児島高校2年の勝みなみ選手は3オーバーの46位でした。優勝は通算7アンダーの大江香織でした。

2015年12月24日 (木)

勝みなみ選手 2016年もナショナルチーム入り!

日本ゴルフ協会は22日、2016年前期の女子ナショナルチームのメンバー7人を発表し、鹿児島高校2年の勝みなみ選手も2015年に続き選ばれました。ナショナルチームは9月にメキシコで開催される「世界アマチュゴルフチーム選手権」での優勝を目指し、選手強化に取組むことにしています。

2015年12月 3日 (木)

MBCシニアゴルフ 開かれる

55歳以上のアマチュアゴルファーが出場するMBCシニアゴルフが2日に開かれ、4つの部門で優勝目指して技を競いました。今年で17回目を迎えたMBCシニアゴルフには、宮崎からの参加者2人を含む151人が出場しました。グロスの部は、峯下三千男さんが72のパープレーで優勝しました。年齢ごとのネットの部では、シニア・鵜狩正信さん、ミッドシニア・稲留幸作さん、グランドシニア・宮後義弘さんが優勝しました。MBCシニアゴルフの模様は、来年1月3日の午前10時からMBCテレビで放送します。