2015年12月 7日 (月)

アイスホッケー成年男子 鹿児島18年ぶりに国体出場!

来年1月から岩手県で開かれる冬季国体のアイスホッケー競技の出場権をかけた九州ブロック大会で、鹿児島県の成年男子がベスト4に入り、18年ぶりに本国体出場を決めました。 
5日に福岡で行われた大分との1回戦。鹿児島は2-1で勝ってベスト4に入り、1998年以来18年ぶりに本大会出場を決めました。 
2005年に鹿児島県内からスケートリンクが無くなり、厳しい練習環境の中、本大会出場は快挙です。鹿児島の山本富士雄監督は「待ち望んだ勝利に、選手もスタッフもただただ涙が出ました。本大会で得るものは貴重で大きいので、これからにつなげたいと思います」とコメントしています。 

http://www.team-web.jp/allkagiht/

Ih4

2013年12月12日 (木)

冬季国体アイスホッケー九州予選成年男子は佐賀に敗れる

冬季国体アイスホッケーの九州予選が7日から福岡で行われました。成年男子の鹿児島は1回戦で佐賀と対戦し、第2ピリオドまでは0-2と健闘していましたが、スタミナと集中力が切れた第3ピリオドに6点を加えられ、0-8で敗れました。

2012年12月 4日 (火)

アイスホッケー成年男子 国体出場ならず

来年1月に東京で行われる冬季国体の出場権がかかったアイスホッケー競技の九州ブロック大会が、12月1日と2日に福岡で行われ、成年男子の鹿児島は1回戦で熊本に1-7で敗れ、国体の出場権を逃しました。しかし、チーム関係者は「県外でアイスホッケーを始めた大学生が増えてきたので、来年再来年が楽しみ」と将来への期待をのぞかせていました。

2012年10月 3日 (水)

アイスホッケー九州6県大会11月3日と4日に開催

九州各県の社会人アイスホッケーチームや選抜チームが出場する九州6県対抗大会が、11月3日と4日に熊本のサンリーアスパ・スケートリンクで開催されます。県内にスケートリンクが無い鹿児島のチームは、毎週金曜日の深夜に福岡県久留米市のリンクで練習を続けています。12月に行われる国体予選の前哨戦でもあるこの大会で鹿児島のチームがどんな成績を挙げるのか、注目です。

2012年3月12日 (月)

鹿児島アイスホッケークラブ 崇城大に勝利!

Photo_7
鹿児島で唯一の社会人のアイスホッケーチーム「鹿児島アイスホッケークラブ」が、熊本で開催中の 九州アイスホッケーリーグの2部で今季初勝利をあげました。

Photo_6


2月から始まった九州アイスホッケーリーグ。
初戦で長崎クラブに惜敗した鹿児島アイスホッケークラブは、2月18日の第2戦で熊本の崇城大学を10対0でくだし、今季初勝利をあげました。
3月3日に行われた第3戦は、熊本大学との対戦。この試合は両チームとも譲らず、3対3の引き分けでした。
この結果、鹿児島クラブは1勝1敗1分となり、2部リーグの3位につけています。
3月24日のリーグ最終戦では、佐賀大学と対戦します。現在の2部の成績は以下の通りです。

1位 熊本大学…2勝0敗1分(勝点 7)
2位 長崎クラブ…2勝0敗0分(勝点 6)
3位 鹿児島クラブ…1勝1敗1分(勝点 4)
4位 佐賀大学…1勝2敗0分(勝点 3)
5位 崇城大学…0勝3敗0分(勝点 0)

2012年2月10日 (金)

「九州アイスホッケーリーグ開催中」

鹿児島からスケートリンクが無くなって久しいですが、鹿児島のアイスホッケーチームが頑張って活動を続けています。
鹿児島で唯一の社会人のアイスホッケーチーム「鹿児島アイスホッケークラブ」が、熊本で開催中の九州アイスホッケーリーグの2部に参戦しています。

2月4日の初戦は、長崎アイスホッケークラブに3-4で敗れてしまいました。
しかし来月にかけて残り3試合、崇城大・熊本大・佐賀大との対戦を控えています。

熊本や福岡など県外で練習を続けて活動している鹿児島アイスホッケークラブの活躍を期待しましょう。
(文 アナウンス部 岡田祐介)