2017年12月11日 (月)

スロヴェニア代表と交流を深める~ふれあい柔道教室

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3

(柔道を通しての交流が、2020年の先まで続くことを期待して)

 

東京オリンピックの事前キャンプ候補地の視察で鹿屋市を訪れていた、スロヴェニアの柔道のナショナルチームの選手たちが、12月10日に、事前キャンプの練習拠点となる鹿屋市体育館で、地元の子供たちと一緒に練習しました。

 

鹿屋市は、鹿屋体育大学や鹿児島県と連携し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに参加する国の事前キャンプ誘致に取り組んでいます。

スロヴェニアの柔道ナショナルチームは鹿屋市を候補地としていて、7日から、視察と合宿を行ってきました。最終日の10日は、鹿屋市体育館で柔道教室があり、地元の小・中学生と高校生およそ80人が参加。スロヴェニアの選手らと試合形式の稽古も行われ、互いに技を掛け合いました。

 

その後、スロヴェニアの選手たちは、昼食で寿司作りにもチャレンジ。
日本の食文化を体験し、自分たちで握った寿司を味わっていました。

 

なお、12月11日には、国の東京オリ・パラに向けた「ホストタウン」登録の第5次発表があり、鹿屋市がスロヴェニアのホストタウンに認定されました。今後は、交流などのイベント開催時に国が費用の一部を負担することになり、事前キャンプ地の正式決定に向けた動きが、さらに加速しそうです。

2017年11月22日 (水)

県中学校新人体重別柔道大会開催

中学1、2年生を対象にした新人柔道大会が鹿児島市で開かれました。この大会は中学1、2年生に試合経験を積んでもらおうと鹿児島さつまライオンズクラブが開いているもので今年で6回目です。
鹿児島県内の60校から男女合わせて約280人が出場し、体重別の8階級の個人戦で競いました。
選手らの熱戦に会場からは盛んに声援が送られていました。

2017年6月 1日 (木)

個人戦白熱~県高校総体 柔道

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg(果敢に攻め初優勝を果たした 西選手(上))

 

6月1日、鹿児島市の鹿児島アリーナで県高校総体柔道は個人戦が行われ、男女各7階級のトーナメント戦が行われました。

 

女子48キロ級の決勝は、1年生ながら中学時代に全国大会優勝の経験がある、国分中央高校の中馬梨歩選手と、鹿児島情報高校2年、西李香選手が共に初優勝をかけて対戦しました。
序盤から果敢に攻めた西選手に対し、受身に回った中馬選手が指導を受ける展開になりましたが、ここから中馬選手が反撃。そして、中馬選手が西選手のひじの関節を固めて投げようとした危険行為と判定され、反則負け。西選手が初優勝を飾りました。


意図的ではない流れの中での投げだっただけに、試合後、涙が止まらなかった中馬選手でしたが、5月31日に勝った団体戦で全国大会に臨みます。
個人戦で優勝した選手は、8月8日から福島県で行われる全国大会に出場します。

 

【大会結果】

<男子個人60キロ級>
優勝 武田裕典 鹿児島情報
準優勝 前山昌也 明桜館

<男子個人66キロ級>
優勝 黒葛野奎介 鹿児島情報
準優勝 黒葛野峻 鹿児島情報

<男子個人73キロ級>
優勝 柞木速斗 鹿児島商業
準優勝 蜂須賀学 鹿屋工業

<男子個人81キロ級>
優勝 青柳大虎 鹿児島情報
準優勝 坂本拳斗 鹿児島情報

<男子個人90キロ級>
優勝 平山大智 鹿児島実業
準優勝 小八ヶ代勝悟 明桜館

<男子個人100キロ級>
優勝 橋口佳尚 明桜館
準優勝 山元隆一 鹿児島実業

<男子個人100キロ超級>
優勝 上林山勇斗 明桜館
準優勝 中崎一光 明桜館

<女子個人48キロ級>
優勝 西李香 鹿児島情報
準優勝 中馬梨歩 国分中央

<女子個人52キロ級>
優勝 小川真未 鹿児島南
準優勝 藤田真由 国分中央

<女子個人57キロ級>
優勝 三崎茉莉 鹿児島南
準優勝 清水美穂 鹿児島南

<女子個人63キロ級>
優勝 古城菜南美 国分中央
準優勝 松下夏七 鹿児島情報

<女子個人70キロ級>
優勝 野間陽 鹿児島情報
準優勝 嶋田沙緒里 国分中央

<女子個人78キロ級>
優勝 西橋倫加 鹿児島南
準優勝 日高奈生子 種子島中央

<女子個人78キロ超級>
優勝 寺本みやび 鹿児島南
準優勝 宮原優菜 鳳凰

 

個人各階級の1・2位は九州大会(6月17・18日/大分)
1位は全国大会(8月8日~/福島)に出場。

結果はこちらです → 2017pih_judou_ir.zipをダウンロード

2017年5月31日 (水)

女子団体で国分中央が初優勝~県高校総体 柔道

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg

熱戦が続く県高校総体。
柔道は、5月31日に鹿児島アリーナで開幕し、初日は団体戦が行われました。

 
予選トーナメントを勝ち抜いた4チームが総当りで争った団体戦。
男子では、去年の新人戦を制した明桜館が、キャプテンの上林山勇斗(3年)を中心にまとまり、決勝リーグ2勝1分で、3年ぶり5回目の優勝を果たしました。


また女子では、新人戦を制し、この春から、中学時代全国大会で優勝経験もある中馬梨歩(1年)選手らを加えた1・2年生だけのチーム国分中央が、決勝リーグ2勝1分で初優勝を飾りました。

 

【大会結果】
<男子団体>
優勝  明桜館   2勝1分
準優勝 鹿児島実業 1勝2分
3位  鹿児島情報 1勝1敗1分
4位  鹿児島商業 3敗

<女子団体>
優勝  国分中央  2勝1分
準優勝 鹿児島情報 1勝2分
3位  鹿児島南  1勝1敗1分
4位  種子島中央 3敗

 

大会結果はこちらです 

ilovepdf_pages_to_jpg.zipをダウンロード
 

男女優勝校は、8月8日から福島県で行われる全国大会に、

2位までが、6月17日・18日に大分で行われる九州大会に出場します。

なお、あす6月1日は、個人戦が行われます。

2016年11月 7日 (月)

県中学校新人体重別柔道大会開かれる

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg

鹿児島市で県中学校新人体重別柔道大会が開かれました。

この大会は柔道に打ち込む県内の中学生たちを育てようと、中学1年生と2年生を対象に鹿児島さつまライオンズクラブが5年前から開いているものです。ことしは県内63の中学校から男女合わせておよそ300人が出場し体重別の8階級で個人戦が行われました。

選手らは日ごろの練習の成果を発揮しようと熱戦を繰り広げ、会場からは盛んに声援が送られていました。

2016年9月 6日 (火)

鹿児島のYAWARAちゃんが日本一に!

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_2(練習が始まると、一気に表情が引き締まる中馬選手)

 

鹿児島市の中学3年生・中馬梨歩選手が、この夏行われた全国中学総体柔道・個人で優勝、念願だった全国大会の頂点に立ちました。
軽量級といわれる48キロ級の中馬さん、得意としているのは背負い投げです。
その技の切れはあの谷亮子さんを彷彿させます。さらに大きな武器となっているのが「攻めの柔道」です。4月に行われた15歳から17歳の日本一を決める大会では15歳ながら準優勝。その活躍が認められ、全日本柔道連盟の強化指定選手にも選ばれました。それでも中馬さんはこれまで全国大会で優勝したことはありませんでした。
 

小学生から夢見てきた全国大会の優勝。
中学生最後の夏・・・目標達成の為にも大切な全国大会前に行われた九州中学総体決勝では一本負けを喫していました。そして、迎えた全国中学総体決勝。相手は九州大会で負けた福岡の選手。中馬さん、今回は攻めます。試合時間残り30秒を切ったところで有効を奪い、初めて全国の頂点に立ちました。
 

中馬さんはリオオリンピックの柔道をしっかりテレビで観戦していました。「オリンピック選手はみんな攻めている。将来オリンピックで金メダルを獲るために、これからも攻める柔道をしたい」と。

2016年7月27日 (水)

県中総体 熱戦続く 柔道女子

Homestandbyhtdocs_toolimgconvert_13

(女子48kg級で注目が集まる 中馬梨歩 選手)

 

県中学校総体でも熱戦が続いています。
7月26日に鹿児島市で行われた柔道の個人戦では、男・女それぞれ8階級で全国への切符を争いました。なかでも会場の注目を集めたのは吉野中3年の中馬梨歩さん。今年4月、大阪で行われた15~17歳の日本一を決める大会で、15歳ながら準優勝しました。この県大会で中馬さんは決勝まで全て一本勝ち。圧倒的な強さで全国大会出場を決めました。

Homestandbyhtdocs_toolimgconvert_14(左が中馬梨歩さん(姉)で、右が優衣さん(妹))

その中馬さんには妹がいます。女子44キロ級に出場した吉野中1年の優衣さんです。こちらも決勝で一本勝ちし、お姉さんに続いて全国の切符を手にしました。

全国大会は8月17日に新潟県で開かれます。

2016年6月 2日 (木)

鹿児島情報が男女V~県高校総体 柔道

県高校総体の柔道は5月25日に団体戦、26日に個人戦が鹿児島アリーナで行われました。混戦が予想された男子団体戦では接戦が続く中、鹿児島情報(5年ぶり2回目)が優勝を果たしました。女子団体戦も同じく鹿児島情報(2年ぶり3回目)が優勝し、ともに全国への切符を手にしました。結果は以下の通りです。 

<男子団体> 
1位: 鹿児島情報 
2位: 鹿児島商業 

<女子団体> 
1位: 鹿児島情報 
2位: 鹿児島南 

(団体1位は全国大会、1・2位は九州大会の出場権を獲得) 

dantai_final.pdfをダウンロード

dantai.pdfをダウンロード

<男子個人60kg級> 
1位: 加藤輝(明桜館) 
2位: 冨森海斗(鹿児島情報) 

<男子個人66kg級> 
1位: 宮田寅之介(鹿児島商業) 
2位: 日笠山海渡(鹿児島工業) 

<男子個人73kg級> 
1位: 幸田州世(明桜館) 
2位: 田中秀伍(鹿児島情報) 

<男子個人81kg級> 
1位: 青柳大虎(鹿児島情報) 
2位: 福崎廉(鹿児島実業) 

<男子個人90kg級> 
1位: 松本司(鹿児島情報) 
2位: 野間雄貴(鹿児島商業) 

<男子個人100kg級> 
1位: 大脇充倫(鹿児島実業) 
2位: 久保優哉(鹿児島情報) 

<男子個人100kg超級> 
1位: 上林山勇斗(明桜館) 
2位: 中山永遠(明桜館) 

<女子個人48kg級> 
1位: 藤田真由(国分中央) 
2位: 小山真未(鹿児島南) 

<女子個人52kg級> 
1位: 森瑞穂(鹿児島南) 
2位: 瀧川琳花(鹿児島情報) 

<女子個人57kg級> 
1位: 長谷川楓(鹿児島情報) 
2位: 吉時春菜(鹿児島南) 

<女子個人48kg級> 
1位: 邊木園瑞稀(鹿児島南) 
2位: 嶋田沙緒里(国分中央) 

<女子個人70kg級> 
1位: 野間陽(鹿児島情報) 
2位: 大野愛友実(鹿児島情報) 

<女子個人78kg級> 
1位: 豊永華純(国分中央) 
2位: 西橋倫加(鹿児島南) 

<女子個人78kg超級> 
1位: 古市真愛(鹿児島情報) 
2位: 宇都知里(鳳凰) 

(個人各階級1位は全国大会、1・2位は九州大会の出場権を獲得) 

kojin_tournament.pdfをダウンロード

kojin.pdfをダウンロード

九州大会は6月17日18日に沖縄で、全国大会は7月30日~8月3日に島根で行われます。 

 

2015年6月 2日 (火)

鹿商が11年ぶりに全国大会へ! 県総体柔道

   県高校総体の柔道は、5月27日に団体戦、28日に個人戦が鹿児島市で行われました。団体戦では、ともにライバル対決を制した、男子・鹿児島商業(11年ぶり24回目)、女子・鹿児島南(3年ぶり17回目)が全国への切符を手にしました。 
  個人戦の結果などはこちらです。

2015judo-kojin.pdfをダウンロード

2015judo-dantai.pdfをダウンロード

2014年9月25日 (木)

アジア大会 女子柔道稲森、団体で金

韓国・仁川で行われているアジア大会。 
23日に行われた柔道の女子団体には、個人戦78キロ超級で銀メダルを獲得した、曽於市末吉町出身の稲森奈見選手が出場。 
準々決勝の中国戦では、個人戦で敗れた相手に優勢勝ちを収めるなど、団体戦全勝で日本の金メダル獲得に貢献しました。