新着レポート

2018年4月14日 (土)

ユナイテッドFC 今シーズン初の連勝!

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(試合後、選手とサポーター・ファンが喜びを分かち合う!)

 

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは4月14日、今シーズン初の連勝をかけて、ホーム・鴨池でFC琉球と対戦しました。

 

雨の降るなか、ホーム・白波スタジアム=県立鴨池陸上競技場に、今シーズン好調で、上位のFC琉球を迎えたこの試合。
ユナイテッドFCは、立ち上がりから速いパス回しで相手ゴールに迫りますが、ゴールネットを揺らすことが出来ません。逆に相手に攻め入られた場面では、守備陣が体を張って守り、両チーム無得点のまま試合を折り返します。

 

迎えた後半13分。ユナイテッドFCは五領が粘りコーナーキックを獲得。
そのコーナーキックで、藤澤の折り返しに、最後は田中秀人がダイレクトで決め、ユナイテッドFCが先制します。

さらに後半20分には、自陣ゴール前でのディフェンスから、前の試合で2得点と好調の野嶽にパスが渡り2対0とリードを広げると、雨のなか駆けつけたサポーターが沸きます。

 

このあと、1点は奪われたものの、試合終了まで気持ちのこもった守備を見せたユナイテッドFC。2対1で勝利し、今シーズン初の連勝です。

 

試合後、2試合連続得点となった野嶽惇也選手は「味方が耐えてくれたので、何とか点を獲って助けたいと思っていたので追加点が取れてよかった」と話しました。

また、三浦泰年監督は「ファン・サポーター・市民・県民と一体感を味わえる試合展開と内容でした」と試合を振り返りました。

 

ユナイテッドFC、次の試合は4月28日。アウェーでグルージャ盛岡と対戦します。

2018年4月12日 (木)

鹿児島レブナイズに来シーズンのB3クラブライセンス交付

バスケットボールのB3リーグは4月10日、継続審議となっていた鹿児島レブナイズの来シーズンの「B3クラブライセンス」について、交付することを決めたと発表しました。

B3クラブライセンスとは、B3のリーグ戦に出場するための資格で、毎年交付を受けることが必要です。鹿児島レブナイズは2018-19シーズンのクラブライセンスを申請していましたが、これまでの2回の判定では結論が出ず、継続審議になっていました。

今回は、リーグにから求められた追加の書類を提出したことでライセンス交付が決まり、小牧正英社長は「再来シーズンのB2昇格を目標に掲げ、来シーズンを戦う。より安定した運営体制、より鹿児島に密着した経営を目指す。100年後も存在し、鹿児島の誇りとなるよう確実に歩んでいく」とコメントしています。

B3リーグは、11日までに新規加盟の岐阜スゥープスなど6クラブにライセンスを交付することになり、他に4クラブが継続審議になっています。

 
https://www.b3league.jp/archives/5166
https://www.rebnise.jp/news/42730.html

2018年4月 8日 (日)

レブナイズ ホームゲームで久々の連勝!

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズは、4月7・8日に鹿児島アリーナで東京サンレーヴスと対戦しました。

ファイナルステージに入って4連敗だったレブナイズは、サンレーヴス相手に2日間とも終盤までもつれる大接戦。

7日は、第4クォーターで逆転してのファイナルステージ初勝利。

そして8日は、延長までもつれこみましたが、玉田の活躍などで突き放しホームのブースターの大歓声の中、2連勝を飾りました。

 

林亮太アシスタントコーチは「ホームの力で勝たせてもらったゲーム。やるべきことができない試合であったが勝ちきることができたのはチームの自信にはなるが、もっと内容の良いゲームをしていかないと上位のチームと戦えない。今節得た自信を次に生かして来週からまたしっかり戦いたい」とコメントしています。

これでレブナイズはファイナルステージ6チーム中、4位に浮上。
次節はアウェイ埼玉で5位の埼玉ブロンコスと対戦します。

 

【7日】
○鹿児島 16 25 24 35 | 100
●東京CR 31 20 16 26 |  93
 
#1マーティン:40得点・14リバウンド
#50ベイン:15得点
#31山田:10得点
 
【8日】
○鹿児島 19 26 11 19 11 | 86
●東京CR 22 21 12 20  7 | 82
 
#1マーティン:26得点・19リバウンド
#6館山:11得点
#2玉田:10得点
#41松崎:10得点
 
《ファイナルステージ順位表》(4月8日現在)
1位:東京八王子 5勝1敗
2位:大塚商会  5勝1敗
3位:東京EX   4勝2敗
4位:鹿児島   2勝4敗
5位:埼玉    2勝4敗
6位:東京CR   0勝6敗
 
https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/

高校バスケ南九州四県対抗大会 開幕! 

4月7日に開幕した高校バスケットボールの南九州四県対抗大会は8日、3回戦まで終了しました。男子・川内、女子・鹿児島純心など、男女8チームずつのシード校は14日の4回戦から登場。大会は15日まで鹿児島アリーナで行われます。
  
【8日・3回戦の結果】
<男子>
志布志  83-78 鹿屋工
甲南   75-59 鹿児島中央
鹿児島  81-43 指宿
鹿児島実 94-68 出水
池田   63-56 奄美
大島   94-68 鹿屋
鹿児島南 73-60 ラ・サール
松陽   73-55 国分
 
<女子>
鹿児島中央 81-48 出水
甲南    60-47 武岡台
鹿児島女子 67-47 鶴丸
鹿屋女子  77-42 伊集院
鹿児島南  89-30 蒲生
出水中央  76-52 加治木
曽於    68-52 松陽
国分中央  73-48 鹿屋

2018年4月 7日 (土)

ユナイテッドFC 今季アウェー初勝利!

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(2得点と活躍した野嶽選手)

 

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは、4月7日にアウェー群馬で昨シーズンまでJ2に所属していたザスパクサツ群馬と対戦。2対0の完封勝利で今季アウェー戦初白星をあげました。

 

前の試合から、先発を5人入れ替えた三浦泰年監督。2トップには新加入外国人選手のコンビではなく川森・野嶽の二人を、またボランチの位置には、今季初先発となった中原秀人を起用しました。

 

前半、ユナイテッドFCは、サイド攻撃からゴール前へボールを入れ、野嶽に合わせるなどチャンスを作りますが得点ならず。逆にザスパが中央からゴールに迫ってくる場面では、体が大きな相手にしっかりと守備を固め無失点。0-0で試合を折り返します。

 

後半、風上に立ったユナイテッドFC。立ち上がりの時間、積極的に攻撃を仕掛け、特に右サイドの五領が活性化、得点の香りがし始めます。
両者一進一退の攻防が続くなか、後半16分。ボランチの中原から、左サイド縦へのパスにサイドバックの藤澤が反応し、ゴールラインギリギリの位置からマイナスのクロスをあげると、中央で野嶽が頭で合わせ今季初得点!ユナイテッドFCが先制します。

この後、相手にボールを持たれる時間が長くなりましたが、しっかりと守り、決定機を作らせなかったユナイテッドFC。逆に後半38分には、左サイドまで回りこんだ五領が、相手を引き付けてペナルティーエリア内からのクロスボールをあげると、中央に遅れて走りこんできた野嶽が、再び頭で合わせて追加点。

これで試合を決めたユナイテッドFC。2対0の完封勝利で今季アウェー戦初白星をあげました。

 

試合後、2得点の活躍だった野嶽惇也選手は「いい形を作ってくれたので、あとは決めるだけでした。自分の得点で試合を決められたのは嬉しい。きょうの試合でも反省すべきところがあり、それが分かったのでしっかり準備していきたい」と気を引き締めていました。

 

次の試合は4月14日(土)午後1時から。
ホーム白波スタジアム(県立鴨池陸上競技場)で、FC琉球と対戦します。