« 「スタジアムは都心部が望ましい」と提言 | メイン | 男子は鹿児島城西が初優勝~県高校新人駅伝 »

2018年2月 4日 (日)

B3レブナイズ 連勝は3でストップ

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(2日続けて20点越え #35オリビエ選手)

  

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズは、2月3日と4日に、ホーム・鹿児島アリーナで豊田合成と対戦しました。

3日の試合で、6位のレブナイズは4位の豊田合成相手に、終盤一気に突き放して84―60で勝利。しかし、翌4日はマーティンを怪我で欠き、ゴール下を支配されて69―81で敗れ、連勝は3でストップしました。

レブナイズの楠本和生ヘッドコーチは「ターンオーバー(ミス)の多さが敗因のひとつ。外国籍選手1名でのゲームは次につながる大きな収穫もあった」と話しています。

9チーム中、6位キープのレブナイズは次節もホームゲーム。
2月10日(土)と11日(日)に、鹿児島アリーナで3位の埼玉ブロンコスと対戦します。

 

【3日】
○鹿児島  14 22 15 33 | 84
●豊田合成 14 21 14 11 | 60
 
#35オリビエ:23得点
#1マーティン:15得点
 
【4日】
●鹿児島  20 13 20 16 | 69
○豊田合成 19 18 27 17 | 81
 
#35オリビエ:23得点・13リバウンド
#6館山:14得点
#39中園:12得点
#31山田:6得点・12アシスト
 
《レギュラーシーズン順位表》(2月4日現在)
1位:東京八王子  18勝4敗
2位:大塚商会   16勝6敗
3位:埼玉     16勝6敗
4位:豊田合成   14勝8敗
5位:東京EX    11勝11敗
6位:鹿児島    11勝11敗
7位:アイシンAW  6勝14敗
8位:東京CR    3勝17敗
9位:東京海上日動 1勝19敗
 
https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/