« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

「スタジアムは都心部が望ましい」と提言

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3

鹿児島市の新たなサッカースタジアムなどの整備について話し合う検討協議会が、スタジアムは「都心部に立地することが最も望ましい」などとする提言書を1月31日に、森市長に提出しました。
これを受けて、市は今後、建設場所の選定など、スタジアムについて具体的な検討を始めることになります。

 

有識者やスポーツ団体の代表者らでつくる「サッカー等スタジアム整備検討協議会」は、去年3月から5回にわたり、スタジアム整備の必要性や課題などについて議論してきました。_home_standby_htdocs__tool_imgcon_4(これまでの協議会の様子)

 

その提言がまとまり、協議会の会長で鹿児島大学の井上佳朗特任教授が、森市長に提言書を渡しました。

提言書では、スポーツ振興や新たな賑わい創出のため「スタジアムの整備は欠かせない」としています。
また、場所については「集客性・収益性の観点から、鹿児島市の『都心部』に立地することが最も望ましい」としました。ただ、具体的な場所は示さず、市に場所選定を進めてほしいとしています。今後、スタジアム建設は、建設場所が焦点となります。

 

提言を受けて鹿児島市は、具体的な建設場所などについて検討に入ることになりますが、森市長は「都心部がどこかというのはまだ、私自身も白紙の状態。多くの皆さんが利便性の高いところ、集客力のあるところじゃないとスタジアムの実効性が伴わない」とコメントしました。

森市長は、おととしの市長選挙の公約でサッカー場整備を掲げ、場所について「ドルフィンポート跡地や県の陸上競技場周辺」をあげていましたが、県有地のドルフィンポートについては、協議会に出席した鹿児島県の担当者は、「県として、ドルフィンポートにスタジアムを建てる前提はない」としています。

 

提言を受けた段階で、候補地は「白紙」とした森市長。
建設場所や整備・管理方法など検討し、スタジアム実現に向け、今後取り組みを進めるとして、「市だけではなくオール鹿児島で取り組まなければならない、大変大きな事業。県ならびに関係機関、民間の方々も協力をいただきながら、整備に向けてできるだけ早く取り組みを進めていきたい」と話しました。

 

鹿児島市は、提言をもとに、関係機関との調整を進める方針です。

2018年1月30日 (火)

J2 大分トリニータ 霧島でキャンプイン

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2 サッカーJ2の大分トリニータがキャンプのため霧島市に入り、1月30日に歓迎セレモニーがありました。

 

大分トリニータの霧島キャンプは初めてで、霧島市内のホテルで行われた歓迎セレモニーでは、中重真一市長が「今シーズンの好成績を期待しています」と激励し、鹿児島出身の片野坂知宏監督に霧島産の黒豚肉などを贈りました。

また、新たに鹿児島ユナイテッドFCから移籍加入した藤本憲明選手も元気な姿を見せていました。

 

大分トリニータのキャンプは2月4日まで国分運動公園陸上競技場で行われます。

J1 清水エスパルス 鹿児島キャンプイン

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(新たなスタートに引き締まった表情の高橋大悟選手)

 

サッカーJ1・清水エスパルスが1月30日に、鹿児島市にキャンプ入りし歓迎式がありました。

 

清水エスパルスの春季鹿児島キャンプは今回で13回目。鹿児島市の「西郷どん大河ドラマ館」で開かれた歓迎式には、神村学園3年で入団したばかりの高橋大悟選手をはじめ、監督・選手など58人が参加しました。

式では鹿児島市の松永範芳副市長から、鹿児島黒牛20キロやみかんジュースなどの特産品が贈られました。そして今シーズンから指揮をとるヤン・ヨンソン監督が挨拶しました。

 

清水エスパルスの春季キャンプは2月9日まで、鹿児島市のふれあいスポーツランドで行われます。2日には鹿児島ユナイテッドFCとの練習試合も予定されています。

2018年1月29日 (月)

ユナイテッドFC キャンプイン

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3(チームの一体感がどこまで高まるか?がカギ)

 

J2昇格を目指す鹿児島ユナイテッドFCが、1月29日(月)に、シーズン開幕に向けてのキャンプに入りました。

 

鹿児島市の県立・サッカーラグビー場をキャンプ地に、2月14日までの予定で行われるキャンプは、体作りの基本トレーニングからスタート。

(記者)「冷たい風が強く吹くなか、選手たちはリラックスした表情と引き締まった表情を交互にみせながら汗を流しています」

練習では、新加入選手と従来のメンバーがペアを組んで練習を行うなど、「新しい」スタートとなりました。

 

練習後、赤尾公選手は
「一緒に食事をしたり、話したりする時間が多くなると思うので、そういう時間を大切にして、なるべくチームメイトと話をしてまとまっていきたいです」と。

また、三浦泰年監督は
「キャンプインまでの2つのトレーニングマッチをして見えた「改善点」を練習に入れながら、しっかりしたキャンプが出来ればいいと思っています。そして、J3優勝・J2昇格をかなえるんだという、強い気持ちを持った集団になって居ることが望ましいです」と、キャンプへの抱負を話しました。

2018年1月28日 (日)

新しい「応援団」結成! 女子プロゴルフ・勝みなみ選手

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(「応援するからね!」という温かい声が飛び交った祝賀会)

 

女子プロゴルファー、勝みなみ選手の初めての後援会が結成されました。

 

勝みなみ選手の後援会発足式は、プロテスト合格を祝う記念パーティーと合わせて行われ、勝選手を応援する約250人が集まりました。

式では、後援会会長に就任したMisumiの三角皓三郎会長が「プロとしての意識を持ち、ファンを大切にする選手になって欲しい」と激励の言葉を贈りました。
そして、勝選手が「まずはプロとしてツアー1勝。そのあと、1勝といわず、複数回優勝できるように頑張ります」と新シーズンでの活躍を誓いました。

 

このあと、勝選手は、来場者と写真を撮ったり、挨拶を交わしたりしました。

参加した人は、「最終日に強いゴルファーになって欲しいです」「世界の舞台で活躍して欲しいです」と期待を寄せていました。

 

勝選手は、3月1日から始まる開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」から、ツアープロの一歩を踏み出します。

B3レブナイズ アウェイ連勝で勝率5割復帰

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズが27日と28日、アウェイ東京で東京海上日動に連勝して、レギュラーシーズン通算10勝10敗と勝率を5割に戻しました。27日の試合では、#1マーティンが16得点・12リバウンド・10アシストで、自身2度目の「トリプルダブル」を達成しました。#2玉田博人選手は「もっと一人ひとりが自覚し、よりハッスルして次の試合も連勝できるよう調整していきたい」とコメントしています。レブナイズは9チーム中6位で、次節は2月3日と4日にホームの鹿児島アリーナで豊田合成と対戦します。
 
【27日】
●東京海上日動 16 19 19 22 |  76
○鹿児島    24 29 32 26 | 111
 
#1マーティン:16得点・12リバウンド・10アシスト(※トリプルダブル)
#35オリビエ:44得点(※個人最多記録)・21リバウンド
#14高比良:15得点
#39松崎:15得点
 
【28日】
●東京海上日動 12 27 13 17 | 69
○鹿児島    19 15 26 39 | 99
 
#35オリビエ:31得点・19リバウンド
#1マーティン:20得点・13リバウンド
#14高比良:19得点
 
《レギュラーシーズン順位表》(1月28日現在)
1位:東京八王子  16勝4敗
2位:大塚商会   14勝6敗
3位:埼玉     14勝6敗
4位:豊田合成   13勝7敗
5位:東京EX    11勝9敗
6位:鹿児島    10勝10敗
7位:アイシンAW  6勝12敗
8位:東京CR    3勝15敗
9位:東京海上日動 1勝19敗
 
https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/

Dj

県地区対抗女子駅伝 姶良が18年ぶりの優勝

_home_standby_htdocs__tool_imgconve

鹿児島県内12地区の女性ランナーが、早春の霧島路を駆け抜ける「第31回 県地区対抗女子駅伝」が1月28日に行われ、姶良チームが18年ぶりに優勝しました。

 

大会は、霧島市の隼人運動場をスタートし、6区間21.0975キロで競われました。
レースは1区の序盤から平田歩弓選手(神村学園2年)の力走で姶良が先頭に立ちます。18年ぶりの優勝を目指す地元・姶良の活躍に、沿道からは大きな声援が送られました。2区以降も姶良がトップを譲らず、独走を続けます。

一方、去年優勝の肝属も6区で・アンカー区間で原田まつり選手(樟南高校2年)が、区間賞の走りで意地を見せます。
しかし、追い上げも届かず、姶良が1度もトップを譲ることなく、1時間10分3秒でフィニッシュ。18年ぶりの優勝を果たしました。

 

姶良チームのアンカー・藤田理恵選手は、「みんながいい流れでたすきをつないでくれたので、自信を持って走ることができた。沿道の応援が力になり、最後まで頑張ることができました。」と話していました。

 

順位はご覧の通りです。
優勝:姶良、2位:鹿児島、3位:肝属、4位:出水、5位:曽於、6位:日置
7位:熊毛、8位:大島、9位:川薩、10位:指宿、11位:伊佐、12位:川辺

区間賞はご覧の通りです。
【1区】平田歩弓(姶良)12分57秒
【2区】立山沙綾佳(姶良)9分52秒
【3区】小代崎陽向子(肝属)9分34秒
【4区】堀口あずき(曽於)13分9秒
【5区】堀口ゆず(曽於)10分6秒
【6区】原田まつり(肝属)13分15秒

2018年1月27日 (土)

県地区対抗女子駅伝 開会式

県内12地区の女性ランナーたちが早春の霧島路を駆け抜ける第31回県地区対抗女子駅伝。
28日の号砲を前に27日、開会式が行われました。開会式では去年総合優勝した肝属チームから優勝旗が返還され、伊佐チームの清水麗奈選手が選手宣誓をしました。レースは28日午前10時に隼人運動場をスタートし、6区間21・0975キロのコースで行われます。

MBCでは、レースの模様をテレビ、ラジオで生中継し、インターネットでのライブ配信も行います。なお28日はコース付近で交通規制が行われます。

2018年1月24日 (水)

県高校新人ラグビー10人制で川内・大口合同チームがV

40回目を迎えた「県高校新人ラグビー競技大会」の10人制の部の決勝が1月24日に行われ、川内と大口の合同チームが優勝しました。

 

1月12日の予選リーグには7チームが参加。決勝トーナメントには2つに分けたパートの2チームずつが勝ち上がり、計4チームでトーナメント戦が行われました。

決勝は、川内・大口の合同チームと、単独で出場した鶴丸が対戦。
前半3本のトライを奪いリードした合同チームに対し、後半、鶴丸が互角の戦いを見せますが追いつけず、結局33対17で川内・大口の合同チームが優勝しました。

 

上位4チームは、3月に大分県で行われる九州大会に出場します。

 

結果はこちらから → 2018HSR_NGT_R.jpgをダウンロード

2018年1月22日 (月)

県高校新人バレーボール 男子は城西が2年ぶり優勝

県高校新人バレーボール大会が、1月20日から22日の3日間、鹿児島市で行われ、新チームの頂点に、男子は城西、女子は鹿児島南が立ちました。

 

最終日・22日に行われた決勝戦。

男子は鹿児島城西と樟南が対戦。第1セットを大差で奪った城西が、第2セットも、詰め寄る樟南を振り切りストレートで勝利。去年、準優勝に終わった悔しさを晴らし2年ぶりの優勝を果たしました。

一方の女子は、年始に行われる全国大会に14年ぶりに出場し、メンバーが多く残る鹿児島南が、鹿屋中央をストレートで破り2年連続6回目の優勝を果たしました。

 

優勝チームを含む上位4チームは、2月に沖縄で行われる九州大会に出場します。

 

結果はこちらから
男子 → 2018HSVB_NGT_MR-001.jpgをダウンロード
女子 → 2018HSVB_NGT_WR-001.jpgをダウンロード