« 2017年12月 | メイン

2018年1月17日 (水)

鹿児島ユナイテッドFC 2018シーズン初練習

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_4 

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCが、1月17日に、新たなシーズンに向けて今年初めての練習を行いました。

 

昨シーズンは4位に終わった鹿児島ユナイテッドFC。
今シーズンは、就任2年目となる三浦泰年監督のもと、9人の新加入選手とともに、J2昇格を目指して戦います。

練習初日となった17日は、サポーターも見守るなか練習が行われました。
ランニングやストレッチの後は、早速、新加入選手も加わってミニゲームが行われ、選手たちは互いの特徴を知ろうと、声を掛け合いながらボールを回していました。

  

初練習後、新加入の黒木恭平選手は、「J3優勝、J2昇格は簡単なものではないと分かっているが、そこを目標に頑張っていきます」と話し、チームの目標をしっかりと共有していました。また、三浦泰年監督は「去年からいる選手の土台と、新しい選手の融合が鍵になると思っている。慎重に、しっかりと見極めながら進んで行きたい」と話していました。

 

鹿児島ユナイテッドFCは、1月29日から2月14日にかけて鹿児島市でキャンプを行い、3月11日にホームの県立鴨池陸上競技場で、ガイナーレ鳥取と開幕戦を戦います。

2018年1月16日 (火)

県高校新人バスケ 男子は川内 女子は鹿純心がV

_home_standby_htdocs__tool_imgconve

県高校新人バスケットボール大会が1月16日までの4日間、行われました。

女子決勝リーグ最終戦は、初めて決勝リーグに進んだ樟南と、鹿児島純心の対戦。
純心は長身の宮脇と宇都を中心に、インサイドで得点を重ねます。
対する樟南も、速攻と3ポイントシュートで応戦しますが、徐々にリードを広げた純心が90-63で勝ち、決勝リーグ3戦全勝で2年ぶりの優勝を決めました。
鹿児島純心の浜崎茜キャプテンは「今年は県内無敗で、さらに上を目指したい」とコメントしました。

一方男子は、18歳以下日本代表候補の野口を擁する川内が他を圧倒。
3戦全勝で3年ぶりに優勝しました。
川内の小原優斗キャプテンは「夏のインターハイで初のベスト4を狙いたい」と話していました。
決勝リーグに進出した男女ともに4チームずつが、3月16日から沖縄県で開かれる九州大会に出場します。
 
【決勝リーグ】
<男子>
川内 76-70 鹿児島商
れいめい 70-58 鹿児島工
川内 85-68 鹿児島工
れいめい 85-81(延長) 鹿児島商
川内 100-66 れいめい
鹿児島商 53-51 鹿児島工
■1位:川内 2位:れいめい 3位:鹿児島商 4位:鹿児島工
 
<女子>
樟南 82-63 川内
鹿児島純心 101-61 れいめい
れいめい 101-90 樟南
鹿児島純心 114-63 川内
鹿児島純心 90-63 樟南
れいめい 89-66 川内
■1位:鹿児島純心 2位:れいめい 3位:樟南 4位:川内

鹿児島ユナイテッドFCが必勝祈願

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3 

サッカーJ3鹿児島ユナイテッドFCの選手らが、1月16日に、鹿児島市の照国神社で必勝祈願をし、J2昇格を誓いました。

 

きょうはチームの選手・スタッフら55人が、照国神社で必勝を祈願し、J2昇格を誓いました。祈願後、赤尾公選手は「J3優勝、J2昇格だけを考えて、チーム一丸となって戦っていきたい」と語り、新シーズンへの思いを新たにしていました。

 

鹿児島ユナイテッドFCは17日が初練習で、1月29日から2月14日にかけては、鹿児島市でキャンプを行う予定です。
また、今シーズン開幕戦をホームで迎え、3月11日に鴨池陸上競技場でガイナーレ鳥取と対戦します。

2018年1月15日 (月)

鹿児島ユナイテッドFCが新体制発表!

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(新加入9人のうち、8人が顔を揃えた)

 

J2昇格を目指し、新シーズンを迎えた鹿児島ユナイテッドFCは、1月15日に、新入団選手を発表しました。

 

鹿児島市で行われた新入団選手発表会には、2018シーズンからチームに加わる選手9人のうち8人が参加しました。
2年連続J3得点王となったエース・藤本が抜けた穴をどう埋めるのかなどに注目が集まるなか、今シーズンの補強のポイントは3つでした。

 

1つ目は「ディフェンス中心の補強」。
登尾顕徳GMは昨シーズンを分析し「やはり失点数が多いところを含めてまずはDFを中心に補強した」と話し、J1・J2で経験豊富な選手を中心に、黒木恭平・平出涼・田中奏一の3人が加入。また、ゴールキーパーには、ユース年代の韓国代表に選ばれていたアン・ジュンスも加入しました。

 

2つ目は「個々の能力の高さ」。
登尾GMは、「ユナイテッドFCが掲げているスタイルで、ボールを大事につないで得点をしていくというところを考えると、能力が高い選手でないとスタイルを構築できないと考えた」ということで、試合の組み立てに大切になってくるポジションには、若手の阪本将基とベテランの藤澤典隆の2人が加入します。

 

最後、3つ目のポイントにあげたのは「得点力のあるフォワード」。
藤本の穴を埋めるべく、フォワードには、アレックスとキリノ、2人のブラジル人と萱沼優聖が加入します。

 

三浦監督体制2年目の今シーズン。
これまでのユナイテッドFCのサッカーに磨きをかけ、念願のJ2昇格を目指します。

都道府県女子駅伝 鹿児島は17位

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(レース後の1枚 チームワークの良さが表情に表れていた)

 

全国都道府県対抗女子駅伝が1月14日(日)京都市で行われました。
全9区間、42.195キロで争われるレースの1区では、鹿児島はトップから33秒差の28位でたすきを渡すと、その後の区間で順位を徐々に上げていきます。

8区では、中学3年生の小代崎陽向子選手がひとつ順位を上げ、この日最高の14位に浮上します。しかし最終9区。鹿児島は順位を3つ落とし、結局、2時間20分22秒の17位でフィニッシュしました。

2018年1月14日 (日)

B3レブナイズ 6連勝ならず

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズは13日と14日、鹿屋市の串良平和アリーナで東京エクセレンスと対戦しました。13日の試合で、6位のレブナイズは2位の東京に対して序盤から激しいディフェンスをしかけ、第1クオーターで12点のリードを奪うと、その後の追撃を許さず75-63で快勝。翌14日は相手の外国籍選手を止められず、71-93で敗れ、連勝は5でストップしました。松崎圭介キャプテンは「この2連戦、いろんな面で反省するところがある。また一からやり直し次の鹿児島アリーナに臨む」とコメントしています。ホーム戦が続くレブナイズは、今月20日と21日に鹿児島アリーナで3位の大塚商会と対戦します。
 
【13日】
○鹿児島 21 16 21 17 | 75
●東京EX  9 18 19 17 | 63
 
#35オリビエ:25得点・17リバウンド
#39中園:17得点
#1マーティン:12得点
 
【14日】
●鹿児島  20 17 20 14 | 71
○東京EX 24 26 14 29 | 93
 
#35オリビエ:30得点
#6館山:13得点
 
《レギュラーシーズン順位表》(1月14日現在)
順位 クラブ    勝敗
1位:東京八王子  13勝3敗
2位:東京EX    11勝5敗
3位:大塚商会   10勝6敗
4位:豊田合成   10勝6敗
5位:埼玉     10勝6敗
6位:鹿児島    8勝8敗
7位:アイシンAW  6勝10敗
8位:東京CR    3勝13敗
9位:東京海上日動 1勝15敗
 
https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/

4r4a1818

2018年1月12日 (金)

県高校新人ラグビーはじまる

県高校新人ラグビー大会が12日に県立サッカー・ラグビー場で始まりました。12日は10人制の部の予選が行われ、決勝トーナメントの組み合わせが決まりました。
 
【Aパート】
川内・大口 24-7 甲南・鹿児島中央
川内・大口 22-5 鹿児島情報
鹿児島情報 43-14 鹿児島
鹿児島 24-12 甲南・鹿児島中央
<A1位:川内・大口 A2位:鹿児島情報>
 
【Bパート】
鶴丸 45-10 奄美
鶴丸 47-5 薩摩中央
奄美 10-0 薩摩中央
<B1位:鶴丸 B2位:奄美>
 
決勝トーナメントは今月24日にさつま町のかぐや姫グラウンドで行われ、川内・大口、奄美、鹿児島情報、鶴丸の4チームで争われます。なお15人制の部は8チームが参加して、今月20日に県立サッカー・ラグビー場で始まります。

2018年1月 9日 (火)

B3レブナイズ 4連勝で6位浮上

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズが6日と7日、指宿総合体育館でアイシンAWと対戦し、土日とも勝って4連勝。指宿限定の菜の花イエローのユニフォームを連勝で飾り、これで7勝7敗の勝率5割に復帰。9チーム中6位に浮上しました。林亮太AC兼GMは「新年一発目の試合を勝利で飾ることができてよかった。そしてリニューアルした指宿総合体育館で勝ち切れたことは非常に嬉しい。自分たちの自信にも繋がった。しかしターンオーバーなどが多かった。次節は質のいいバスケをして5連勝、6連勝したい」とコメントしています。レブナイズは次節もホームゲーム。13(土)14(日)鹿屋市の串良平和アリーナで、2位の東京エクセレンスと対戦します。
 
【6日】
○鹿児島     18 27 22 31 | 98
●アイシンAW 25 18 19 20 | 82
 
#35オリビエ:30得点・15リバウンド
#1マーティン:17得点
#41松崎:14得点
#39中園:11得点
#31山田:10得点・10アシスト
 
【7日】
○鹿児島     22 21 24 33 | 100
●アイシンAW 27 19 27 20 |  93
 
#35オリビエ:27得点
#1マーティン:22得点・10アシスト
#41松崎:13得点
#39中園:12得点
#6館山:11得点
 
《レギュラーシーズン順位表》(1月7日現在)
順位 クラブ    勝敗
1位:東京八王子  12勝2敗
2位:東京EX    10勝4敗
3位:埼玉     10勝4敗
4位:豊田合成   10勝6敗
5位:大塚商会   8勝6敗
6位:鹿児島    7勝7敗
7位:アイシンAW  5勝9敗
8位:東京CR    2勝12敗
9位:東京海上日動 14敗
 
https://www.b3league.jp/

https://www.rebnise.jp/

Photo

2018年1月 8日 (月)

ライフル射撃 新春大会開催

県ライフル射撃場で7日に新春大会が行われ、7部門で優勝者が決まりました。結果は以下のとおりです。 

2018.xlsをダウンロード

2018年1月 6日 (土)

鹿児島南 ベスト8を逃す~全日本高校バレー

高校バレーボールの聖地・東京体育館を舞台に行われている「全日本バレーボール高校選手権大会」は、1月6日にベスト8をかけて3回戦が行われ、女子県代表・14年ぶり4度目の鹿児島南は山口代表の誠英と対戦しセットカウント1-2で敗れ、チーム初となるベスト8入りはなりませんでした。

 

鹿児島南は4日の初戦で宮城代表の古川学園と対戦。フルセットの末、2-1で勝利し2回戦に進出。勢いそのままに、2回戦では、新潟代表の中越にストレートで白星を収めチーム初の3回戦進出を決めていました。

 

誠英との試合では、第1セットを25-22と接戦で落とした鹿児島南。
第2セットも奪われそうになるなか、終盤逆転に成功しフルセットに持ち込みます。第3セットも随所で良いプレーを見せましたが及ばず、セットカウント1-2でベスト8入りはなりませんでた。

 

なお男子は、初出場となった川内商工が1回戦で夏の全国高校総体でベスト4の愛工大名電にストレートで敗れ、初戦突破を果たせませんでした。