« B3レブナイズ 今季初の鹿アリーナで100点ゲーム快勝 | メイン | 花園で鹿実が3年ぶりの初戦突破!~全国高校ラグビー »

2017年12月24日 (日)

全国高校駅伝 女子 神村8位入賞 男子 鹿実30位

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(3年間の思いを込めてタスキをつなぐ)

 

全国高校駅伝競争大会(都大路)が12月24日に京都市で行われ、女子の神村学園と男子の鹿児島実業が都大路を駆け抜けました。

 

5区間、21.0975キロで争われた女子で、去年3位だった神村学園は1区を13位でたすきをつなぎます。その後、2区で16位、3区で14位、4区で15位と、なかなか先頭との差を詰められないまま最終・5区を迎えます。

たすきを受けたアンカー・2年生のカマウ・タビタ選手は、5キロの区間で2位、7人を抜く力走を見せ、神村学園は8位入賞を果たしました。去年に続き2年連続の入賞です。

 

一方、7区間、42.195キロで争われた男子には、20年連続出場の表彰を受けた鹿児島実業が出場。キャプテンで3年生の安藤大樹選手が、1区・19位でたすきをつなぎましたが、その後、苦しいタスキ渡しが続き、順位を落として30位でフィニッシュしました。