« 県勢はベスト8ならず~全国高校女子サッカー | メイン

2017年12月31日 (日)

神村学園が初戦突破!~全国高校サッカー選手権

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3

(4年ぶりの県代表に笑顔のイレブン! ~県大会から~)

 

12月30日に首都圏で開幕した「全国高校サッカー選手権大会」。
県代表の神村学園は31日の1回戦で秋田商業と対戦しました。

 

ライバル・鹿児島城西を破り4年ぶりの代表権をつかんだ神村学園。
キャプテンで、J1清水エスパルス入団が内定している高橋大悟選手を中心に、気持ちの面でも1つにまとまり、ドリブルとパスを生かした「攻撃的なサッカー」が魅力的なチームです。

 

31日、初戦の相手は秋田商業。今大会出場チームのなかで最多の出場回数を誇る古豪で、神村学園が初出場でベスト4まで進んだ年の緒戦の相手と同じです。

 

試合は、立ち上がりから神村が攻撃をしかけましたが、相手の守備が堅く、なかなか得点を奪えませんでした。しかし前半終了間際・・・、中央のエリア、相手のディフェンスライン内にいた高橋への縦パスが通ると、そのままペナルティーエリアのすぐ外から、反転した高橋が左足を振り抜き、ゴール右隅にシュート。ここしかない、というところにコントロールされたボールがゴールネットを揺らし、先制点を奪います。
 

後半、追加点が欲しかった神村でしたが、「勝ちたい」という思いの相手の「圧」になかなか思い通りのプレーができませんでした。それでも攻め続け、危ない場面を守りきった神村が、1-0で8年ぶりに初戦を突破しました。

 

試合後、高橋大悟キャプテンは「きょうは、勝ったことだけが良かった・・・」と言葉少なで、初戦突破の喜びよりも、反省を口にしました。

 

2回戦は、年明け1月2日で、埼玉県代表の昌平と対戦します。