« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月27日 (月)

男子ゴルフ 来季シード決定 県勢若手が5人!

国内の男子プロゴルフの今シーズンの賞金シードが決まり、上位75位までに与えられる来季ツアーのシード権を県関係では、稲森佑貴・秋吉翔太・香妻陣一朗・出水田大二郎・池村寛世の5人が獲得しました。なお、秋吉・出水田・池村は初シードです。

大相撲九州場所 新入幕 大奄美は負け越し

11月26日まで福岡で行われていた大相撲九州場所での郷土出身力士(関取)の成績です。

<幕内>千代丸(西前頭8枚目)7勝8敗

      大奄美(西前頭14枚目)6勝9敗

<十両>明生(東十両4枚目)7勝8敗

      千代ノ皇(西十両9枚目)8勝7敗

      千代鳳(東十両11枚目)全休

2017年11月26日 (日)

ユナイテッドFC 高校生の後押しもあり完勝!

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(普段よりも若い力が、声を張り上げ応援した試合だった

 

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは、11月26日にホーム鴨池でFC東京U―23と対戦しました。
 
この日は、鹿児島商業高校地域プロデュース部のメンバーがユナイテッドFCのホームゲームを盛り上げて地域活性化につなげようと、集客や応援のアイデアを練ったイベントの日で、試合前の場外ブースでは、男子高校生の力強い声が響き、楽しい雰囲気となりました。
 
ファン・サポーターも元気をもらい始まったFC東京U―23戦。
鹿児島ユナイテッドFCは、前半15分にクロスボールの折り返しに反応したDF水本が詰め、先制点を奪います。盛り上がるスタンドの応援に後押しされて、前半22分にはJ3得点王争いトップに立つ藤本が技ありの追加点。

 

ハーフタイムには、鹿児島実業と鹿商の合同応援パフォーマンスで、さらに会場を盛り上げ、一体感を作り出した鹿商生たち。

 

さらに勢いに乗ったユナイテッドFCは、攻守共に動きが活性化し、後半31分に永畑が追加点を奪い、結局3対0で完勝しました。

 

試合後、応援に参加した鹿商生たちは、
「ゴールが決まったときは嬉しかったです」
「楽しかったので、また行きたいと思いました」と、初観戦の感想を話していました。
このような経験が、若年層ファンの開拓につながるかにも注目です。

 
また、地域プロデュース部の山内慎部長は、「よかったよ、かっこよかったよ、とか言葉を聞いて、達成感というか、やりがいを感じました。地域活性化とか鹿児島を盛り上げるために、後輩達には色々と活動をしていって欲しいです。」とこれからについても話してくれました。
 
ユナイテッドFCは、次が今季最終戦。
12月3日(日)に、ホーム鴨池にSC相模原を迎えます。

神村・鳳凰の対戦相手が決まる~全国高校女子サッカー

12月30日から兵庫県を舞台に行われる、高校女子サッカーの日本一を決める大会「全日本高校女子サッカー選手権」の組合せ抽選会が11月26日に行われ、九州代表として鹿児島から出場する2校の対戦相手が決まりました。

  

九州第1代表の神村学園は、12月30日 13:45~北海道清明
九州代2代表の鳳凰は、同じく12月30日の10:30~大谷室蘭と対戦することになりました。

トーナメントは、こちらです ⇒ 2017hsls.pdfをダウンロード

ゴールボールって知っていますか? 鹿屋体大で体験会

_home_standby_htdocs__tool_imgconve 11月25日に鹿屋体育大学で、
パラリンピックの正式種目であるゴールボールの体験会が開かれました。
 
この体験会は鹿屋体大の学生が中心となって企画したもので、ロンドンパラリンピック金メダリストの安達阿記子さんが招かれました。

ゴールボールは、アイシェイド=目隠しをした3人の選手同士が、鈴の入ったボールを転がしあい、相手ゴールに入れて得点を競います。

 
この日はまず、競技と同じ、目隠しをした状態で動くことを体験。その後、試合形式の形の中では、ボールの音に集中して体を動かすという、初めての体験をしていました。
 
参加した子供たちは、
「暗闇で音だけがしているみたいな感じだった」
「みんなが声をかけてくれたので、とってもやりやすかったです」と、
ゴールボールの面白さも、難しさも感じていました。
 
講演もした安達阿記子さんは、「私自身も、ゴールボールを通して人とのつながりが経験になっていますし、コミニュケーションが大事だと思うので、スポーツを通して色々なことを感じてもらいたいと思います」と話していました。

女子は鹿南が完勝~南九州高校ハンドボール

11月26・27日の2日間、蒲生体育館ほかで行われた南九州高校ハンドボール大会には、鹿児島・宮崎の県予選を勝ち抜いた各3校、計6チームで勝敗が争われました。

女子は鹿児島南が負けなしで優勝、男子は鹿児島工業が優勝チームに一敗を喫し2位でした。

結果はこちらです ⇒ 2017mkhbre.pdfをダウンロード

 

鹿児島でシニアゴルフトーナメント 最終日

指宿市で10月26日までの3日間、「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」が開かれました。

大会は今年で5回目で、全17戦で争われるシニアツアーの今シーズン最終戦にあたります。50歳以上のプロゴルファー72人が出場した大会では、賞金ランキングで決まる来年のシード権をかけた熱い戦いが繰り広げました。

最終日の26日は、雨にも関わらず大勢のギャラリーが訪れ、往年のプレーヤーたちの技に見入っていました。大会は、8アンダーで寺西明がシニアツアー初優勝を果たしました。

2017年11月22日 (水)

県中学校新人体重別柔道大会開催

中学1、2年生を対象にした新人柔道大会が鹿児島市で開かれました。この大会は中学1、2年生に試合経験を積んでもらおうと鹿児島さつまライオンズクラブが開いているもので今年で6回目です。
鹿児島県内の60校から男女合わせて約280人が出場し、体重別の8階級の個人戦で競いました。
選手らの熱戦に会場からは盛んに声援が送られていました。

2017年11月20日 (月)

神村学園は初戦で秋田商と対戦~全国高校サッカー選手権

12月30日に首都圏で開幕する「第96回 全国高校サッカー選手権大会」の組合せ抽選会が11月20日に都内で行われ、鹿児島県代表の神村学園は初戦で秋田商業と対戦することになりました。秋田商業は今回の参加校の中で最多出場を誇るの名門校で10年前、神村学園が選手権大会に初出場したときの初戦で対戦した相手でもあります。

2017年11月19日 (日)

ユナイテッドFC 来季J2昇格ならず

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(チームの成長を感じる一戦になったものの…)

 

J2昇格に向け、負けが許されない戦いが続く、サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは、11月19日に、アウェーでガンバ大阪U-23と対戦。
スコアレスドローで試合を終えました。

 

鹿児島ユナイテッドFCは、前半、練習してきた守備陣からの攻撃の組み立てで、相手ゴールに迫ります。18分には、DFウラへのスルーパスに、J3得点王争いトップに立つ藤本が抜け出し、GKと1対1になりましたが、シュートはゴールポストに嫌われ、先制点を奪うことができません。

後半に入っても、永畑ら攻撃陣が前からプレッシャーをかけボールを奪い、何度もチャンスを作りますが、ゴールが遠いユナイテッドFC。流れが悪いなかで反撃を受けるも、選手らが体を張って守り、ゴールキーパーのキローランもナイスセーブ。6分間のアディショナルタイムも攻め続けたユナイテッドFCでしたが得点を奪えずスコアレスドロー。

 

この結果、J2昇格圏内の2位との勝ち点差が9となり、残り2試合での逆転が不可能になったため、来年のJ2昇格がなくなりました。