« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

全国高校ラグビー県予選 3回戦

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg(気持ちのこもった先制トライを奪った奄美)

 

高校ラガーマンの聖地「花園」出場をかけた全国高校ラグビー大会の鹿児島県予選は、ベスト4をかけて熱戦が繰り広げられました。

 

第2試合では、夏の大会でベスト4入りをかけて戦った奄美と加治木工業が再戦。
序盤、主導権を握ったのは奄美でした。前半5分とその2分後にもトライを奪い、10−0とリードを奪います。しかし、加治木工業が前半でワントライ返すと、後半も地力を発揮し、29−10で勝利。奄美、雪辱を果たしてのベスト4入りはなりませんでした。

このほかの結果です。
鹿児島実業  92−0 大島
鹿児島玉龍 146−0 鹿児島・鹿児島城西
鹿児島工業  90−7 鹿児島情報

11月18日の決勝戦は、MBCテレビで生中継でお伝えします。

県勢が活躍!全国障害者スポーツ大会

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_3(雨の中の開会式に参加した県選手団)

 

「全国障害者スポーツ大会」が10月30日までの3日間、愛媛県で行われました。

「全国障害者スポーツ大会」は、年に1度開かれる障害者スポーツの祭典で、全国の予選を勝ち抜いた3000人を超える障害者アスリートが出場しました。
鹿児島県勢は陸上・水泳・フライングディスクなど6競技に37人が出場しました。大会は障害の種類などにより細かくクラスが分かれていて、競技全体ではなく、レースごとに順位が決まります。
 

陸上競技の「スラローム」に出場した鹿児島養護学校高等部2年の田中鈴那選手は、今年4月に競技を始めたばかりです。スラロームは車いすを操って、赤と白のポールが置かれたコースを指示に従い、前進や後退で進み、タイムを競います。田中選手は、コーチや家族の声援を受け力走。これまでの記録を1秒も縮める43秒7の大会新記録で金メダルを獲得しました。
(田中選手)「すごい嬉しくて信じられない気持ちです。みんなが応援していてくれたからそれが力になったのかなと思います。」

陸上・中距離種目に出場したのは、今吉圭三選手。初日の1500mでは金メダルを獲得し、きのうは800mに出場。先頭でレースを引っ張ったものの、2周目で前に出られてしまい、2位でフィニッシュしました。

(今吉選手)「もう少しだと思いました。1位になりたいと思いました。」

最終日。県代表を1つにしたのは400mリレーです。
男女混合のルールで、1走に女性を配置した鹿児島チーム。練習してきたバトンパスを正確に発揮し、アンカーに渡る時点で2位。チームメイトの応援を背に、アンカーの西選手が逆転。県の記録が残る中では最速の50秒14で金メダルを獲得。
県勢は最高の結果で3日間の大会を締めくくりました。

2017年10月30日 (月)

鹿児島レブナイズ 5連勝でファーストステージ3位

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズが28日と29日、アウェイ埼玉で埼玉ブロンコスに連勝。29日の試合は、残り1秒でオリビエが逆転シュートを決めて、劇的な勝利でした。
オリビエは「ボールをもらうのも難しい状況であったが、最後の逆転シュートは短いキャリアの中で一番いいシュートであったと思う。5連勝は本当にうれしい」と話しました。
レブナイズはこれで開幕5連敗からの5連勝で勝率を5割に戻して、ファーストステージ6チーム中3位になり、順位によって与えられる勝ち点2.0を獲得しました。B3リーグは次節から実業団3チームを加えて9チームでレギュラーシーズンがスタート。レブナイズは11月4日(土)5日(日)に西之表市民体育館で、東京八王子トレインズと対戦します。
 
【28日】
●埼玉  17 20 24 21 | 82
○鹿児島 20 29 23 23 | 95
 
#35オリビエ:27得点
#39中園:26得点
#1マーティン:18得点・12リバウンド
 
【29日】
●埼玉  16 20 18 17 | 71
○鹿児島 20 14 21 17 | 72
 
#35オリビエ:15得点・12リバウンド
#6館山:14得点
#31山田:12得点
#1マーティン:10リバウンド
 
《ファーストステージ順位表》(10月29日確定)
順位 クラブ   勝敗  勝ち点
1位:東京八王子 8勝2敗  3.0
2位:東京EX    7勝3敗  2.5
3位:鹿児島   5勝5敗  2.0
4位:埼玉    5勝5敗  1.5
5位:大塚商会  4勝6敗  1.0
6位:東京CR   1勝9敗  0.5

https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/

Img_3426

大相撲九州場所新番付 大奄美新入幕!

日本相撲協会は30日、来月12日から福岡で開催される大相撲九州場所の新番付を発表し、龍郷町出身の大奄美(本名坂元元規・鹿商→日大卒)が新入幕を果たしました。大奄美は先場所(秋場所)東十両3枚目で9勝6敗と勝ち越し、九州場所での新入幕が有力視されていました。

2017年10月28日 (土)

高校野球1年生大会 組み合わせ決まる

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_2(2年後の夏に向けたライバル関係が始まる大会)

 

11月3日に開幕する「MBC旗争奪高校野球1年生大会」の抽選会が開かれ、組み合わせが決まりました。大会は試合に出場する機会が少ない1年生の技術向上などを目指し、鹿児島県高校野球連盟とMBCが毎年開いているものです。今年は県内52チーム62校が出場した地区予選を勝ち抜いた14チームと秋の県大会上位2チームのあわせて16チームが出場します。来月3日の開幕を前に抽選会が行われ、組み合わせが決まりました。組み合わせはMBCのホームページやテレビのデータ放送でも紹介しています。決勝戦は姶良市総合運動公園野球場で来月12日に行われる予定で、MBCラジオで実況生中継します。

2017年10月25日 (水)

神村学園ベスト4ならず~秋の九州高校野球大会

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_4

(自慢の打線が、最後まで相手投手をとらえ切れなかった)

 

10月21日から宮崎市で開かれている、秋の九州高校野球大会。
25日には、勝てば来年春の「センバツ」出場に大きく近づく準々決勝が行われ、神村学園が福岡の県立東筑高校と対戦しました。

 

共に県大会を制した第1代表同士の対戦となったこの試合。
神村の先発マウンドには、夏の甲子園も経験したエース中里が上がりました。
初回、2回と無得点に抑えた中里でしたが、3回にタイムリーを打たれ、今大会初失点を喫します。

 

5回にも1点を追加された神村は、7回表2アウト3塁2塁として3番の羽月を迎えますが、東筑のエース石田の前にあと1本が出ません。
初戦、11安打で12得点を奪った打線は最後まで粘りましたが、最終回の攻撃もゲッツーに切って取られ、追い上げならず。

結局、神村学園は0対2で敗れ、ベスト4進出はなりませんでした。

 

なお、鹿児島第2代表の鹿児島実業高校は、2回戦で大分の明豊を対戦し、1対10(7回コールド)で敗れています。

2017年10月23日 (月)

「花園」を目指す戦いが開幕~高校ラグビー県予選

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_3(合同チームを組んでいた選手同士の対戦)

 

高校ラガーマンの聖地「花園」出場をかけた全国高校ラグビーの県予選が10月23日に開幕しました。

 

16チームが争う県予選。
この日、薩摩中央は、開校以来初めて単独チームでの出場を果たし、前身の宮之城高校のOBも応援に駆けつけるなか、去年まで合同チームを組んでいた出水工業と対戦しました。

試合は前半5分、出水工業のFW牧がトライを決め先制しますが、薩摩中央も反撃。
3年生でナンバー8の新留が抜け出しトライを決め、すぐに同点とします。
しかし、その後は出水工業がペースをつかみトライを重ねます。

試合終了間際の時間帯、薩摩中央は相手陣内で攻め続けましたがトライを奪うことができず、結局38対7で出水工業が勝ち、2回戦進出を決めました。

 

1回戦、この他の結果です。

大島    112-0  鶴丸・錦江湾
奄美     64-0  ラ・サール
川内・大口 38-36 鹿屋工業

 

11月18日(日)の決勝戦は、MBCテレビで実況生中継でお伝えします。

2017年10月22日 (日)

京セラが「クイーンズ駅伝」出場権獲得!

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_2(県出身の女性ランナーが多く出場する大会としても注目される)

 

女子駅伝日本一をかけた大会への予選会、「プリンセス駅伝」が10月22日に福岡県で行われ、県勢3チームも力走を見せました。

 

29チームが出場した今年の「プリンセス駅伝」。
京セラの足立由真と鹿児島銀行のルーキー重山七海が1区で、先頭で集団を引っ張る、積極的な走りを見せます。
一方、去年チームのタスキをゴールまでつなげなかったナンチクは、中盤まで粘りの走りを見せ、繰上げを免れるタスキリレーを見せます。

 

県勢でトップを走った京セラは、アンカーでルーキー松田杏奈が区間新記録の走りで逆転。13位でクイーンズ駅伝出場を決めました。
中盤、順位を上げた鹿銀は19位。ナンチクは、今年もタスキをつなげず悔しい27位でした。

 

京セラが出場する駅伝女王を決める「クイーンズ駅伝」は、
11月26日に宮城県で行われます。

男子は鶴丸 女子は加治木が優勝~県高校新人登山競技大会

県高校新人登山大会が、選手49人が参加し10月20・21日の2日間、栗野岳を中心として行われました。

 

初日は、開会式の後、幕営などが行われ、2日目は栗野岳に上り争われた新人戦。
男子では、94.40点を獲得した鶴丸高校、女子は93.66点を出した加治木が優勝しました。なお2位は、男子が国分で女子が鶴丸でした。

鹿児島レブナイズ 連日の100点ゲームで今季初の3連勝

バスケットボールB3リーグファーストステージ第4節で、鹿児島レブナイズはアウェイ東京で東京サンレーヴスと対戦しました。20日と21日、両日とも外国籍選手を中心に攻めて100点超えを果たし、今季初の3連勝です。山田選手は「3連勝できたことはとても嬉しい。しかし相手のゆっくりとしたペースに合わせてしまい持ち味の走る力強いプレーができなかった。レブナイズらしさをどんな相手にも出せるようにしていきたい。」とコメントしています。次節はファーストステージ最終節。アウェイで埼玉ブロンコスと対戦します。
 
【20日】
●東京CR 24 13 23 29 |  89
○鹿児島  20 25 27 32 | 104
 
#35オリビエ:37得点・22リバウンド
#1マーティン:17得点
#39中園:15得点
 
【21日】
●東京CR 25 23 13 37 |  98
○鹿児島  27 23 24 30 | 104
 
#35オリビエ:43得点13リバウンド
#1マーティン:21得点・10リバウンド
#39中園:11得点
#31山田:10得点
 
《ファーストステージ暫定順位》(10月21日現在)
1位:東京八王子 6勝1敗
2位:埼玉     4勝3敗
3位:東京EX     4勝3敗
4位:大塚商会  4勝3敗
5位:鹿児島    3勝5敗
6位:東京CR    1勝7敗

https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/