« トランポリン宮崎オープンで県勢活躍 | メイン | 勝負の一戦に選出される~サッカー日本代表・大迫勇也選手 »

2017年8月21日 (月)

南部九州インターハイ 再来年7月27日開幕

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertj_2再来年・2019年の全国高校総体=インターハイは、7月27日に鹿児島市で行われる総合開会式を皮切りに、南部九州4県で25日間開かれ、県内では6競技7種目が行われることになりました。

 
これは、8月21日に鹿児島市で開かれた全国高校総体実行委員会の総会で、県教育委員会が報告したものです。それによりますと再来年・2019年の全国高校総体は、鹿児島市の鹿児島アリーナで7月27日に行われる総合開会式を皮切りに、8月20日までの25日間、鹿児島・熊本・宮崎・沖縄の南部九州4県で開かれます。

 
県内では、鹿児島市で体操・新体操、卓球、柔道が。霧島市でフェンシングが。薩摩川内市といちき串木野市ではバスケットボールが。伊佐市ではカヌーが開催され、6競技7種目に延べ13万人の参加が予想されます。

 
県教委によりますと、全国高校総体で総合開会式を行う鹿児島県は、過去の例から60億円程度の経済効果が見込まれるということです。