« 新生鹿児島レブナイズ初の公式戦 天皇杯県代表に決定 | メイン | 鹿児島レブナイズに外国籍選手2名加入 »

2017年8月28日 (月)

2020年の活躍を目標に! ジュニアアスリートに認定証

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg(温かい大きな拍手で励まされる選手たち)

 

3年後に迫った「かごしま国体」で活躍する選手を育てようと有望なジュニアアスリートたちを、県が「チームかごしま」として認定しました。

 

8月28日に鹿児島市で行われた「チームかごしま ジュニアアスリート 認定証授与式」では、国体で開催される37競技のうち34の団体・475人の代表に、三反園知事から認定証が授与されました。選ばれたのは、小学6年生から中学3年生までで、3年後の「かごしま国体」で、少年の部での活躍が期待される選手たちです。

 

式典では、高尾中3年の竹元咲選手が、「3年後のかごしま国体で活躍するために、仲間と切磋琢磨して力をつけていきましょう」と誓いの言葉を述べました。

 

「チームかごしま」のメンバーとして認定されることで、県代表候補選手としての意識を高めようと県が初めて企画したこの取り組み。選手の中には・・・。

「かごしまを背負っている気持ちになりました。」
「プレッシャーもあるけど、応援してくれる人や鹿児島を元気にしたいです」
「東京オリンピックでも活躍して、鹿児島国体でも優勝したいです」と話してくれました。