« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

インターハイバスケ男子 川内は4強入りならず

福島県で行われている全国高校総体バスケットボール競技は31日に準々決勝が行われ、33年ぶりにベスト8に進んだ男子の川内が準決勝進出をかけて戦いました。
留学生2人を擁する帝京長岡(新潟)の激しいディフェンスに苦しんだ川内は、長身の留学生を攻略できず、45-96で敗れ、準決勝進出はなりませんでした。
今大会川内は1年生の野口が3回戦の新田(愛媛)戦では32得点を挙げるなど活躍し、快進撃の原動力になりました。

少林寺流錬心舘全国大会 最優秀選手に総本部の林くらら

第47回少林寺流錬心舘全国空手道選手権大会が7月30日に鹿児島アリーナで行われ、全国各地からおよそ900人の拳士が集まり、熱戦を繰り広げました。
型試合と組手試合、合わせて14の部門に分かれて戦い、鹿児島県勢が8部門を制覇しました。
最優秀選手は、型試合一般女子の部3連覇の林くらら(総本部)に贈られました。
大会の模様はMBCテレビで8月27日日曜日の午後2時から放送します。
 
以下、優勝者。
【型試合】
小学生低学年:深澤 心(神奈川・湘北支部)
小学生高学年:岡留結衣(隼人支部)
中学生:鹿子木大地(重富支部)
高校女子:山口留奈(宮崎・南横市支部)
高校男子:松元在隆(総本部)
一般女子:林くらら(総本部)
一般男子:中村 仁(星ヶ峯支部)
【組手試合】
高校女子:原田莉果子(大阪・河内地区本部)
高校男子軽量級:柳瀬晴樹(宮崎・櫛津支部)
高校男子重量級:井谷 樹(大阪・浪速地区本部)
一般女子:中島みちる(帖佐支部)
一般男子軽量級:村上 大(伊敷支部)
一般男子中量級:岩崎勇次(大阪・河内地区本部)
一般男子重量級:原之園 龍(大隅北地区本部)

2017年7月30日 (日)

高校総体 自転車競技で南大隅の塩島選手が優勝

南東北で行われている全国高校総体。自転車競技で、県選手が優勝を果たしました。福島県で行われた自転車競技のケイリンに出場した南大隅高校3年の塩島嵩一朗選手が、11秒127で優勝しました。大会を通じて、県選手初の優勝者となりました。

 

2017年7月26日 (水)

鹿児島レブナイズ 林亮太氏とGM兼アシスタントコーチ契約

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズが、昨シーズン選手兼ゼネラルマネージャーだった林亮太氏と、ゼネラルマネージャー兼アシスタントコーチ契約を締結したと発表しました。
 
◆林 亮太(はやし・りょうた)GM兼アシスタントコーチ
 出身地:大阪府
 出身校:大阪学院大学
 生年月日:1985年2月2日
 経歴:2011-12 レノヴァ鹿児島
    2014-16 レノヴァ鹿児島
    2016-17 鹿児島レブナイズ 選手兼GM

本人コメント『今のレブナイズがあるのは、支えてくださっているみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。この感謝の気持ちを忘れずに、勝てるチーム作りはもちろんですが、人間力の高い集団にしたいと考えています。そしてファンのみなさんや、レブナイズに関わってくださる全てのみなさんの夢がつまったチームにできるように、全力で頑張ります。』

https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/

2017年7月25日 (火)

鹿児島レブナイズ 石川尚樹選手と契約基本合意

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズが、昨シーズン練習生として在籍していた石川尚樹選手と契約基本合意に至ったと発表しました。
 
◆石川尚樹(いしかわ・なおき)選手
 ポジション:PG
 出身地:福岡県
 出身校:福岡第一高校→芦屋大学
 生年月日:1994年2月8日
 身長/体重:181cm/75kg
 経歴:2015-16 兵庫インパルス→bj広島ライトニング(レンタル移籍)
    2016-17 鹿児島レブナイズ(練習生)→兵庫インパルス(西宮ストークス育成チーム)
本人コメント『昨シーズンB2の舞台でコートに立つことができなかった悔しさを忘れたことはありません。誰よりも強い気持ちでプレーし、チームの勝利に貢献できるよう戦っていきます!』

https://www.rebnise.jp/
https://www.b3league.jp/

2017年7月24日 (月)

大相撲 奄美出身の大奄美が十両優勝

大相撲名古屋場所で、奄美大島・龍郷町出身の大奄美(鹿商卒)が十両優勝しました。大相撲名古屋場所は23日の千秋楽で、11勝目をあげた東十両八枚目の龍郷町出身・大奄美が十両優勝決定戦の巴戦を制し、十両初優勝を飾りました。

ユナイテッドFCがアウェーで勝利!5位をキープ

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは23日に大阪でセレッソ大阪Uー23と対戦し、FW藤本の2得点などで3-1で快勝し、勝ち点28で5位をキープしました。次の試合は来月19日に鴨池でAC長野パルセイロと対戦します。

ライフル射撃 県選手権大会の結果

県ライフル射撃場で県選手権大会が23日に行われ、11部門で優勝者が決まりました。結果は以下のとおりです。

29.xls.xlsをダウンロード

 

2017年7月20日 (木)

神村学園が5年ぶり4回目の夏の甲子園へ!

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg

夏の甲子園出場をかけた高校野球・鹿児島大会の決勝戦が7月20日に行われ、第1シードの神村学園とノーシードから勝ち上がった鹿児島が対戦しました。

 

試合が動いたのは5回表でした。2アウト、3・1塁とした鹿児島は、1番・上之薗太雅のショートへの当たりで相手内野の守備が乱れた間に3塁ランナーが生還、1点を先制します。
しかしその裏、神村がすかさず反撃。ランナーを2塁に置いて代打の前畑がタイムリースリーベースを放ち同点とします。
このあと鹿児島は6回表に1点を追加し2対1とリードしましたが、8回裏、第1シードの神村は、前畑が今度はソロホームランを放ち同点とすると、さらにキャプテン後藤にもタイムリーヒットが生まれ、さらに3点を加えます。

 

試合はこのまま9回の鹿児島の攻撃を0点におさえた神村学園が5対2で勝ち、5年ぶり4回目の夏の甲子園出場を決めました。

 

全国大会は、8月4日に組み合わせ抽選会が行われ、7日に開幕します。

2017年7月19日 (水)

高校野球 県大会決勝は順延に

Image1

7月19日に県立鴨池野球場で予定されていた高校野球鹿児島大会の決勝戦、
神村学園 対 鹿児島 は雨の影響で、20日に順延が決まりました。
 

【決勝戦】 20日 午後1時05分 試合開始予定

   神村学園   対   鹿児島
(5年ぶり4回目)   (50年ぶり3回目)

MBCラジオでは、実況生中継でお伝えします。