« 鹿女子は連覇 川内は3年ぶりのV~県高校総体 バスケ | メイン | 平岡3冠!~県高校総体 バドミントン男子 »

2017年5月31日 (水)

バレーボール迫田選手 現役引退へ

バレーボールロンドンオリンピック銅メダリストで、鹿児島市出身の迫田さおり選手が、5月末で東レアローズを退団し、現役を引退することを発表しました。迫田選手は鹿児島市の谷山小学校3年の時にバレーボールを始め、鹿児島西高校を卒業後、2006年にV・プレミアリーグの東レアローズに入団。2010年には初めて全日本のメンバーに選出され、2012年のロンドンオリンピックでは、代名詞とも言える「バックアタック」を武器に、日本の28年ぶりの銅メダル獲得に大きく貢献しました。2016年には、迫田選手のコートネームとも同じ”リオ”オリンピックにも出場し2大会連続のオリンピック出場も果たしました。その一方、強烈なスパイクの代償ともなった肩のケガなどにも悩まされていました。笑顔で「頑張ります」と答える姿が印象的で、素直で素朴な人柄も人気を集めた29歳の迫田選手。5月いっぱいで現役を引退しますが、引退後についてはまだ発表していません。以下、公式サイト(東レアローズ女子バレーボール部)の迫田さおり選手のコメントです。

いつも東レアローズの応援ありがとうございます。
5月末をもって、東レアローズを退団し現役を引退致します。

誰もが入れる訳ではない東レアローズに入団でき、素晴らしい環境で思う存分
バレーボールに取り組めたこと、心から感謝しております。

私の事を思い、時に厳しく、時に自分の事かのように一緒になって喜んでくれたスタッフの方々。切磋琢磨し合い、一緒に戦い続けてきたチームメイト。そして、いつも熱い声援で背中を押し続けてくれたファンの方々。

沢山の方と出会えた事、本当に嬉しく思います。
今後、東レアローズで育んできたものを次のステップへ繋げていきます。
これからも私と一緒に東レアローズを応援しましょう!

ありがとうございました。