« 夏の高校野球県予選4日目の結果  | メイン | 樟南高校出身 鶴岡捕手が勝ち越しタイムリー チームの勝利に貢献 »

2012年7月10日 (火)

夏の高校野球県予選 球児達のドラマ4 ~4年ぶりの校歌~

試合終了後、勝ったチームだけが歌える校歌。その校歌を4年ぶりに歌ったチームがあった。鹿児島中央を6対2で下した川辺だ。勝利の瞬間、川辺ナイン喜びを爆発させた。久しぶりとなる夏の一勝は、川辺の選手や保護者、OB・OGたちへかけがえのない時間を与えてくれた。「入部してから公式戦での初勝利。初めて歌った校歌。音程がもともと高い歌なので、上手く歌えたかチョッと心配」とは加藤葵主将。しかし、保護者やOBが見守る中での校歌は、実に誇らしげだった。「県大会で一勝することの“凄さ”を感じた」とも語ってくれた加藤主将をはじめ川辺ナインの夏は、まだまだ続く。夏の県立鴨池球場に4年ぶりに響き渡った川辺高校の校歌。バックスクリーンの遠く向こうにある川辺まで届きそうな音色だった。

    Photo_5