新着レポート

2017年4月30日 (日)

FC龍郷が頂点に立つ ~ストリートサッカー大会 in 奄美~

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg(雲ひとつない青空の下で、スピード感あるプレーが繰り広げられた)

 

第10回 KFAストリートサッカー大会 in 奄美が、4月30日に奄美市龍郷町のビッグII奄美店・芝生広場で行われました。

「ストリートサッカー」は縦20m・横15mの壁を持つ特設ピッチで競技が行われます。空気で膨らませた壁に囲まれていることで、ボールが壁で跳ね返り外に出ないので、攻守の切り替えが速く、スピード感あふれる試合展開が魅力の競技です。

 

大会には小学生が参加し、U-10とU-12の部に合わせて27チームが頂点を争いました。試合では、ゴールされた5秒後に点を取り返したり、10分の試合時間内に15点あげたりするチームもあるなど、普段とは違うサッカーを楽しんだ奄美の子供たち。始めは「壁」にとまどいのある選手も多かったですが、なれてくると、徐々に壁を使ったワンツーやパスも随所で見られました。

 

グループリーグを勝ち抜いた4チームが決勝トーナメントに進出。
決勝戦の結果は、以下の通りです。

 

U-10の部  FC龍郷A 6-2 バルサ朝日

U-12の部  FC龍郷A 8-5 FC龍郷B

 
なお、U-12の決勝に進んだ2チームは、秋に開催予定の「ストリートサッカー鹿児島大会」に出場する予定です。

ユナイテッドFCは4連勝ならず

サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは、4月30日にアウェー静岡でアスルクラロ沼津と対戦し0対2で敗れ、リーグ戦4連勝はなりませんでした。

 

試合は、今シーズンからJ3に昇格したアスルクラロ沼津がペースをつかみます。
両チーム無得点で試合を折り返すと、後半15分に、ユナイテッドFCは松下がペナルティーエリア手前からシュートを放ち相手ゴールを脅かしますが、クロスバーに阻まれます。

その後も、なかなか得点を取れないでいると、後半26分には先制点、同37分には右コーナーキックから相手に得点を許し0対2。

追いかけるユナイテッドは、アディショナルタイムにリーグ得点王争いトップを走る藤本がシュートを放ちましたが相手GKに止められ無得点。

結局、0対2で敗れ、リーグ戦4連勝はなりませんでした。

 

次節は5月6日(土)、ホーム鴨池でセレッソ大阪Uー23と対戦します。

午後6時キックオフで、今シーズン初のナイトゲームとなります。

決勝に進出したのは? ~樋口杯テニストーナメント~

テニスの鹿児島県内の「2大大会」のひとつ「樋口杯テニストーナメント」は、4月30日に知覧テニスの森公園で準決勝が行われました。

 

昭和43年から始まったこの大会は、今年、節目の「50回大会」を迎え、10月に東京で開催される全日本選手権の予選も兼ねています。
この日は男女のシングルス・ダブルスの準決勝が行われ、5月3日の決勝に進出する選手・ペアが決まりました。

 

男子シングルスは、ともに鹿屋体育大学の 田代 翔 / 岡村 修平 選手。

女子シングルスは、ともに鹿屋体育大学の 英 なぎさ / 今村 なぎさ 選手。

男子ダブルスも、鹿屋体大同士の対戦で、

岡村 修平・岡村 浩太 選手ペア / 森脇 亮太・田代 翔 選手ペア。

女子ダブルスは、

鹿児島中央高校クラブの元山 果南・大渡 菫 選手ペア と、

鹿児島銀行の円本 彩也香・斉藤 志緒美 選手ペアです。

 

決勝は5月3日に南九州市の知覧テニスの森公園で行われ、優勝者は9月20日から開催される「全日本選手権 西日本大会」に出場し、10月に東京で行われる「全日本選手権」出場を目指します。

 

なお、混合ダブルスは、一足早く、きょう決勝が行われ、鹿児島銀行の小永吉 志郎・江籠 美桜 選手ペアが優勝しました。

 

2017年4月28日 (金)

神村学園が同県対決を制し優勝 ~春の九州高校野球~

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg

(序盤、試合を動かしたのは神村学園だった)

 

沖縄県で開催された「春の九州高校野球大会」。
4月28日に行われた決勝戦では、鹿児島実業と神村学園が対戦。2002年の春大会以来となった鹿児島県勢同士の決勝戦となりました。

 

先手を取ったのは神村学園。1回ウラ、1アウト1・3塁での場面で、4番・前畑のレフトへの犠牲フライで先制すると、続く5番・島中がレフト前へタイムリーヒットを放ち、この回だけで2点を先制します。

3回にも1点を追加した神村学園に対して、鹿実は4回表、5番・西のセンター前へのタイムリーヒットで1点を返しますが、その後は神村の青柳を打ち崩せず、結局、神村が3対1で県勢対決を制し、10季ぶり3度目の優勝を果たしました。

2017年4月27日 (木)

決勝は神村vs鹿実の同県対決に ~春の九州高校野球

Homestandbyhtdocs_toolimgconvertjpg(神村は初回から試合の流れを引き寄せた)

 

沖縄県で開催されている「春の九州高校野球大会」は4月27日に準決勝が行われ、鹿児島代表の神村学園と鹿児島実業が、それぞれ決勝進出をかけて戦いました。

 

鹿児島第1代表の神村学園は、沖縄の美里工業と対戦。
1回ウラ、神村は1アウト3塁1塁の場面で、4番・前畑がスクイズを決めると、続く島中と田中にもタイムリーヒットが生まれ3対0。試合の主導権を握ります。
投げては先発の中里が、キレの良いスライダーを武器に、相手打線を1安打に抑える好投を見せ無失点。
中盤にも得点を奪った神村学園は7対0の7回コールドで5年ぶり4度目の決勝進出を果たしました。

 

一方、第2代表の鹿児島実業は、春の甲子園・センバツ大会でベスト4に入った熊本の秀岳館に3対2で競り勝ち、決勝進出。

 

28日の決勝戦は、2002年の春大会以来の鹿児島県勢による対戦となりました。