スポーツブログが新しくなりました。
新しいブログはこちらから!

2017年12月31日 (日)

神村学園が初戦突破!~全国高校サッカー選手権

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3

(4年ぶりの県代表に笑顔のイレブン! ~県大会から~)

 

12月30日に首都圏で開幕した「全国高校サッカー選手権大会」。
県代表の神村学園は31日の1回戦で秋田商業と対戦しました。

 

ライバル・鹿児島城西を破り4年ぶりの代表権をつかんだ神村学園。
キャプテンで、J1清水エスパルス入団が内定している高橋大悟選手を中心に、気持ちの面でも1つにまとまり、ドリブルとパスを生かした「攻撃的なサッカー」が魅力的なチームです。

 

31日、初戦の相手は秋田商業。今大会出場チームのなかで最多の出場回数を誇る古豪で、神村学園が初出場でベスト4まで進んだ年の緒戦の相手と同じです。

 

試合は、立ち上がりから神村が攻撃をしかけましたが、相手の守備が堅く、なかなか得点を奪えませんでした。しかし前半終了間際・・・、中央のエリア、相手のディフェンスライン内にいた高橋への縦パスが通ると、そのままペナルティーエリアのすぐ外から、反転した高橋が左足を振り抜き、ゴール右隅にシュート。ここしかない、というところにコントロールされたボールがゴールネットを揺らし、先制点を奪います。
 

後半、追加点が欲しかった神村でしたが、「勝ちたい」という思いの相手の「圧」になかなか思い通りのプレーができませんでした。それでも攻め続け、危ない場面を守りきった神村が、1-0で8年ぶりに初戦を突破しました。

 

試合後、高橋大悟キャプテンは「きょうは、勝ったことだけが良かった・・・」と言葉少なで、初戦突破の喜びよりも、反省を口にしました。

 

2回戦は、年明け1月2日で、埼玉県代表の昌平と対戦します。

 

県勢はベスト8ならず~全国高校女子サッカー

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(この悔しさを来年に繋げたい選手たち・・・)

 

兵庫県で開かれている「全日本高校女子サッカー選手権」で、12月31日に、九州地区代表の神村学園と鳳凰が2回戦を戦いました。

 

30日の1回戦を2対0で完封勝利した神村学園は、福井工大附属福井と対戦。
序盤に先制点を許し追いかけるなか、後半にフリーキックから、キーパーがはじいたボールを最後は迫が決め同点に追いつきます。

しかし、この11分後、相手に追加点を奪われた神村。
1対2で敗れ準々決勝進出はなりませんでした。

 

一方、初戦を1-0の接戦で制した鳳凰は長野の松商学園と対戦。
後半序盤までに2対0とリードされましたが、その後2点を奪い返し同点に追いつきます。しかし、試合終了間際、松商学園にフリーキックから直接ゴールを決められた鳳凰。こちらもベスト8入りを逃しました。

2017年12月30日 (土)

鹿実 念願の越年ならず~全国高校ラグビー2回戦

_home_standby_htdocs__tool_imgconve(粘りのディフェンスを見せた鹿実だったが・・・)

 

12月30日に東大阪市の花園ラグビー場で行われた全国高校ラグビー大会の2回戦で、鹿児島実業高校は、千葉代表の流通経済大学付属柏高校と対戦し、14対78で敗れました。

 

念願の「越年」=3回戦進出を狙う鹿実は、速さと強さを兼ね備えた全国上位校相手に粘りのディフェンスを見せましたが、なかなか止めることができず、前・後半6トライずつを許してしまいます。逆にアタックでは、キャプテン原田のトライなど2トライにとどまり、3回戦進出の難しさを改めて感じる大会になりました。

2017年12月28日 (木)

ユナイテッド J3得点王の藤本がJ2大分へ完全移籍

鹿児島ユナイテッドFCのFW・藤本憲明選手が、J2・大分トリニータに完全移籍することが明らかになりました。

これは、12月28日にクラブが発表したものです。
藤本選手は2016・2017シーズン、2季連続でJ3得点王となり、ユナイテッドFCのエースストライカーとしてチームの勝利に貢献してきました。

藤本選手はクラブを通して
「サポーターの皆様には2年間、たくさん成長させてもらいました。2年連続得点王は鹿児島ユナイテッドFCに関わってくれたみなさんのおかげだと思っています。みなさんとJ2昇格ができなかったことは悔いが残ります。成長できたところ、悔しかったところを上のステージで活かしたいと思います。これからも鹿児島ユナイテッドFCがJ2昇格を果たすことを祈っています。」とコメントを寄せました。

2017年12月27日 (水)

花園で鹿実が3年ぶりの初戦突破!~全国高校ラグビー

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_2(FWとBKのバランスの取れたチームが躍動)
 

全国高校ラグビー大会が、大阪の花園ラグビー場で12月27日に開幕し、鹿児島県代表の鹿児島実業は、南北海道代表の函館ラ・サール高校と対戦しました。

4年連続18回目の出場となる鹿児島実業と、2年ぶり2回目の出場の函館ラ・サールの試合。
前半、5分に鹿実が重量フォワードの魅力を生かし先制すれば…函館ラ・サールは、バックスの速い展開で反撃します。

12対12の同点で迎えた前半終了間際。
鹿実は、左プロップ稲森がこの日2つ目のトライを奪い、19対12で試合を前半を折り返します。

後半に入ると、足が止まり始めたラ・サールに対し、鹿実が攻勢を強めます。
後半4分には東。16分、金井。20分にはバックスへの展開から福島がトライ。
鹿実が38対12で勝ち、3大会ぶりの初戦突破を果たしました。


今月30日、千葉の流通経済大柏と対戦する2回戦は、
MBCテレビで、午後11時55分から放送します。