新着レポート

2017年12月11日 (月)

スロヴェニア代表と交流を深める~ふれあい柔道教室

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_3

(柔道を通しての交流が、2020年の先まで続くことを期待して)

 

東京オリンピックの事前キャンプ候補地の視察で鹿屋市を訪れていた、スロヴェニアの柔道のナショナルチームの選手たちが、12月10日に、事前キャンプの練習拠点となる鹿屋市体育館で、地元の子供たちと一緒に練習しました。

 

鹿屋市は、鹿屋体育大学や鹿児島県と連携し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに参加する国の事前キャンプ誘致に取り組んでいます。

スロヴェニアの柔道ナショナルチームは鹿屋市を候補地としていて、7日から、視察と合宿を行ってきました。最終日の10日は、鹿屋市体育館で柔道教室があり、地元の小・中学生と高校生およそ80人が参加。スロヴェニアの選手らと試合形式の稽古も行われ、互いに技を掛け合いました。

 

その後、スロヴェニアの選手たちは、昼食で寿司作りにもチャレンジ。
日本の食文化を体験し、自分たちで握った寿司を味わっていました。

 

なお、12月11日には、国の東京オリ・パラに向けた「ホストタウン」登録の第5次発表があり、鹿屋市がスロヴェニアのホストタウンに認定されました。今後は、交流などのイベント開催時に国が費用の一部を負担することになり、事前キャンプ地の正式決定に向けた動きが、さらに加速しそうです。

鹿児島レブナイズが“れぶにゃん”と契約基本合意

鹿児島レブナイズは、れぶにゃんと2017-18シーズンの契約基本合意に至ったと発表しました。
 
◆れぶにゃん
 ポジション:C(キャットだけに)
 出身地:鹿児島県
 誕生日:2月2日
 身長・体重:桜島のように大きくなりたい
 経歴:語るほどのものはありません
 
本人コメント『この度、鹿児島レブナイズに加入したれぶにゃんです。色んな人たちの応援のおかげで、大好きなレブナイズと契約することができました。みんなありがとう!すぐにでもブースターのみんなと触れ合いたいところではありますが、まずは2次元の世界からチームをサポートさせて頂き、チームの成長と共に2.5次元、3次元と、自分自身もステップアップしていきたいと思います。チームの勝利とか、グッズの売り上げとか、その他もろもろ貢献できるよう全力を尽くします!』

 
https://www.rebnise.jp/
https://www.b3league.jp/

Photo

2017年12月10日 (日)

サッカーで笑顔を!~知的障害児サッカー体験会

_home_standby_htdocs__tool_imgcon_5(どんどん上手くなっていく子供たち)

 

知的障害がある子供たちに、サッカーを通して笑顔になって欲しい。
そんな思いで活動をする人たちが初めて、体験会を開催しました。

 

この体験会は、知的障害がある子供たちにサッカーの魅力や体を動かす楽しさを知ってもらおうと開かれました。中心になっているのは、サッカー指導者と福祉関係者らで「県知的障がい者サッカー連盟」設立に向けて準備を進めています。

12月10日、鹿児島市で行われた体験会には、知的障害がある子供たちおよそ15人が参加。、知的障がい者サッカー日本代表チーム現監督で姶良市職員の西眞一さんや、代表コーチの経験がある津島直樹さんらが、子供たちにサッカーの楽しさと技術を伝えました。

 

メンバーらは、今後、このような活動を増やし、県内各地に知的障がい者サッカーのすそ野を広げて行くことにしています。

神村学園が成長した姿を見せる~南日本招待サッカー

_home_standby_htdocs__tool_imgconve

(神村らしい攻撃的なサッカーを見せた)

 

全国大会への力試しとなる「南日本招待ユースサッカー大会」が12月10日に鹿児島市で開かれ、全国高校サッカー選手権に出場する鹿児島県代表の神村学園と山口県代表の高川学園が対戦しました。

 

冷たい雨が降るなかで行われた試合は、立ち上がりから積極的に攻めた神村は前半32分、ゴール前へのボールに和田が反応し、相手をかわして先制のゴールを奪います。さらにその2分後、神村らしいパスの連続からゴール前にボールが入り、原田が追加点。
後半も、神村らしい短いパスとドリブルを織り交ぜた攻撃を続けると、落ち着いた守備で無失点。2対0で神村学園が勝利し、全国大会を前に成長した姿を見せました。

 

全国高校サッカー選手権は12月30日に首都圏で開幕し、神村学園は31日の初戦で秋田商業と対戦します。

レブナイズ アウェイで惜敗

バスケットボールB3リーグの鹿児島レブナイズは9日と10日、アウェイ埼玉で埼玉ブロンコスと対戦しました。大黒柱のオリビエをケガで欠くレブナイズは外国籍選手がマーティン1人で戦い、10日は接戦に持ち込みましたが連敗を喫しました。林アシスタントコーチは「後半追い上げ、逆転を狙える場面があったが、最終的な詰めができなかった。次の鹿児島アリーナでのホーム戦は年内最後なので2連勝して終われるよう、修正したい」とコメントしています。次の試合は今月23日(土)24日(日)今季初のホーム鹿児島アリーナで東京海上日動と対戦します。
 
【9日】
○埼玉  23 21 32 34 | 110
●鹿児島 16 16 13 18 |  63
 
#1マーティン:23得点
#6館山:12得点
 
【10日】
○埼玉  29 24 23 21 | 97
●鹿児島 19 17 29 26 | 91
 
#1マーティン:23得点
#39中園:23得点
#6館山:21得点
#31山田:13得点
 
《レギュラーシーズン順位表》(12月10日現在)
順位 クラブ    勝敗
1位:東京八王子  7勝1敗
2位:埼玉     7勝1敗
3位:大塚商会   7勝3敗
4位:東京EX    5勝3敗
5位:豊田合成   6勝4敗
6位:アイシンAW  3勝5敗
7位:鹿児島    3勝7敗
8位:東京CR    2勝8敗
9位:東京海上日動 8敗
 
https://www.b3league.jp/
https://www.rebnise.jp/