« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

さつまのささ福かざりが今年も♪

今日はさつま町の商工会に行ってきましたhappy01

この時期のさつま町といえば、宮之城初市ですよね~heart04

今年も2月7日、丁度一週間後に行われますが、

その宮之城初市と合わせて始まるのが、「さつまのささ福かざり」cherryblossom

201701312

さつまのささ福かざりについて、さつま町商工会 女性部の皆さんにお話を伺いましたkaraoke

さつま町商工会 女性部 部長の下市いくみさん、副部長の山崎まちこさん、

そしてさつま町商工会のほかむろせつみさんです

20170131

福岡県柳川市のさげもん、ご存知の方も多いと思いますhappy01

雛の節句のために、お母さん・おばあちゃんが

子や孫の幸せや健やかな成長を祈って、一針一針手作りされたものconfidentshine

201701313

そのさげもんにさつま町らしさを加え、町おこしの材料にしようと

「さつまのささ福かざり」が始まったのは5年前sign01

NPOの皆さんの声かけで始まりましたflair

さつまのささ福かざりは、さつま町宮之城屋地、虎居商店街を中心に

今年もおよそ50店舗に飾られますlovely

また、屋地と虎居に空き店舗を利用した展示会場もあり、

色鮮やかなささ福かざりがお客様を楽しませてくれるんですよnote

さらに今年は商店街の皆さんのご協力の下、

商店街にはささ福かざりの上り旗なども立ち、より会場が分かりやすくなるそうですeyeshine

ささ福かざりの飾りを1つ1つじっくり見ていると、

羽子板や唐辛子、巾着に草履と、様々な飾りがありますdelicious

201701314

その1つ1つに意味や、込められた願いがあるんですflair

羽子板…悪いものを跳ねる

唐辛子…娘に悪い虫がつかないように

巾着…幸せが詰まり、お金に困らないように

草履…足が丈夫に、早く歩けますように

色々意味を考えながら見るのも楽しいですねheart04

今年のささ福かざりは

2月7日(火)~16日(木)までの10日間flair

さつま町宮之城屋地・虎居商店街で展示されますhappy01shine

外あそび、だぁ~いすきっ♪

子どもは風の子sign03
まさにこの言葉を体現している子供たちに
今朝は出会いましたよ~happy01
お邪魔したのは、南さつま市にある

正信寺保育園

の子供たち。年長ひまわり組の14名のみなさんですnote

Photo_7

写真を見てわかるように、とっても仲がいいひまわり組さんnotes

そして・・・。冬真っ只中。冷たいフロアーでも、みんな裸足footflairflair
すばらしいshineshineshine
さらに!時間があればすぐさま外に駆け出して行くほど、お外あそびが大好きheart01
園の中には風邪・インフルエンザでお休みするお友達は今のところいません。

今日は外遊びの中で、お気に入りの遊ぶを3グループに分かれて教えてもらいました。
ドッチボール作品制作、そして缶蹴り
それ以外にももっと面白そうな遊ぶが出てきそうです。

このひまわり組として過ごすのもあとわずか。。。
もっともっと思い出を作って、ピカピカの1年生になりましょうねhappy02note

2017年1月30日 (月)

珍しいお野菜作りをされている藤田さん^^この寒さもポイント!

皆さんこんにちは!ポニー号から赤塚ですrvcar

今日は、鹿児島市吉野町で、この時期の寒さも生かして、こんな珍しいお野菜を育てている方にお話伺ってきました!

201701309

伺ったのは、現在、農業を営む 藤田正次さん。

201701301

以前は市の職員として勤務。

退職後、農業を始め、現在は自宅近くのハウスでほうれん草や水菜、露地栽培ではこういった珍しいお野菜も沢山育てているんです。

趣味で、誰も作らないような野菜を作りたくて。。。と、おっしゃっていましたhappy01

先ほどのお野菜は、こーんな感じで露地栽培で育てられていました!

201701305

201701306

この畑のある場所は、標高300mと高台。吉野町の中でも、寒さが厳しい場所です。

先週の一番寒かった日は、-4.5℃まで冷え込んだそうcoldsweats02typhoon

でも、この寒さも、お野菜の甘みを引き出すために大事なんです。

去年のように雪が降ったりすると悪影響なんだそうですが、適度な寒さは大事。



今日は、藤田さんが育てている3つのお野菜を紹介して貰いました!

1つ目は、こちら!

201701303

< サボイ >

日本名でちりめんキャベツとも言われるんだそう。

白菜のようなキャベツ。葉が縮れていることが特徴の一つ。

普通のキャベツよりも中がぎっしり詰まっていて、葉は柔らかいが肉厚ということで、

通常のキャベツに比べ、煮崩れしにくいため、ロールキャベツや鍋物などににおすすめheart


2つ目はこちら!

201701302

< ロマネスコ >

形がとっても綺麗!幾何学模様で彫刻品のよう!

カリフラワーとブロッコリーを合わせたようなもの。

日本名では、、カリブロカリフラワー×ブロッコリー)とも呼ばれているそう。

葉がブロッコリーで、花となる上の部分がカリフラワー。

食感はカリフラワーで、味は甘めなんだそう。

元々、フランス出身のロマネスコ。フレンチ料理などでは、付けあわせとして使われることも多いそう。

そして、最後3つ目がこちら。

201701304

< スティックセニョール >

日本名では、茎ブロッコリーとも言われています。

味はブロッコリー、茎の部分はアスパラガスの食感が味わえるんです。

実は、これ日本産のお野菜。

アスパラベーコンのように、ベーコン巻きにして食べるのもおススメgoodshine


こういったお野菜、あまり馴染みはないですが、昔に比べるとこういった珍しいお野菜も皆さんに知って頂いて、消費の数が増えてきたんだそう。


藤田さんは、これからも、楽しく、珍しいお野菜を沢山作っていきたいとおっしゃっていました^^

P.S.

実は今日の中継中の私の格好。。。

2017013010

突然降り出した雨に、藤田さんから合羽のズボンをお借りし、奥様からはこの農業用帽子をお借りした、農業女子スタイルでした。(笑)

2017年1月27日 (金)

女子駅伝week⑤運動場・体育館の管理をされる皆さん

ポニー3号、松下愛ですrvcardash

今週のポニーのスマイル中継は、今度の日曜日に開催される「第30回記念 鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会」に合わせて、大会を支える皆さんにお話を伺っていますgood

.

今日も、この駅伝大会のスタート&ゴール地点となる、隼人運動場から中継をお伝えしましたrun

お話を伺ったのは、隼人錦江スポーツクラブの久田芳仁さんですhappy01

201701272

隼人錦江スポーツクラブの皆さんは、隼人運動場や隼人体育館の施設管理をされていて、久田さんは、普段隼人体育館の管理者をされていますkey

久田さんは昨年から駅伝大会に携わるようになり、大会を近くで支えるのは今回が2回目scissors

主にグラウンドや体育館の準備をされますwrench

.

隼人運動場のグラウンドは、大会の1週間前から駅伝に向けて準備がスタートしますflair

月曜日oneチェーンマットという機材で、グラウンドを平らに均す作業sign01

火曜日two平らになったグラウンドに、大型のローラーで地面に圧をかけ、地面を固める作業sign01

水曜日threeきれいに整えられた地面に、凍結防止の塩化カルシウムを撒いて土に馴染ませるsign01

木曜日four塩化カルシウムを土に馴染ませる間に、体育館などの準備をスタートsign01開会式や閉会式のために体育館の床にシートを敷くsign01

金曜日five運動場のトラックの測量をして、コースの距離がしっかりとれているか確認sign01トラックに線を引いていくsign01また、体育館の中の設営も進めていくsign01

土曜日six最終調整sign01トラックに国分中央高校の生徒が土からしっかりと管理して育てたお花を飾るtulip(このお花は大会終了後、次に霧島市で開催される駅伝大会に向けて、上野原縄文の森に飾られるそうです)

.

効率良く準備を進めるために、様々な工夫がされていますshine

今日は金曜日ということで、運動場も体育館も作業が進められていましたwrench

体育館は、各地域のボードや椅子・机がどんどん並べられていましたchair

201701273

また体育館の片隅には、大会の運営車やテレビ中継の車やバイクに付ける、関係車両のゼッケンやマグネットも揃えられていましたbus

201701274

運動場に出てみると、延長コードのように長いメジャーが準備されていましたrecycle

201701275_4

このメジャーを使って、陸上競技連盟の皆さんが、コースの両端をしっかりと測りながら、印を付けて作業を進めていらっしゃいましたpencil

201701276

.

お話を伺った久田さん、元々ボクシングをされていたそうで、当時のトレーニングでは走りこみも行っていたそうdash

今回の駅伝コース図を見ながら私たちが注目したのは、コースの勾配wobblyupdown

201701277

1区、2区、そしてアンカーの6区の選手は、特に高低差の激しい道を走りますbearing

久田さん自身もトレーニングで、こんな勾配の道を走るのは辛いと話していらっしゃいましたが、「このキツい道を女性ランナーが全力で駆け抜けていく様子は、とても力強くてカッコいいですよgood」とおっしゃっていましたconfident

選手の皆さんが練習の中で、コースの試走に来たり、大会へ向けてのトレーニングも近くで見ていらっしゃいますeyeshine

どの区間の選手もそうですが、大会にかける想いや、大会で生まれるドラマは、どれも見応え充分ですsign03

私も学生時代に陸上をしていた時の恩師が、チームのコーチとして大会に参加していたり、中学時代に同じ大会で出走していた選手が、社会人として選手で参加していたり、目が離せない大会になりそうですnote

201701271_2

テレビやラジオでも実況中継はありますが、ご都合の良い方は、ぜひ選手が駆け抜けるスピードや風を実際に感じられる沿道で、多くの方に大会を応援して、また見守って頂きたいと思いますcrown

今日のラジオ中継を聞き逃した方は、こちらから、ラジコのタイムフリー機能で1週間は中継を聞くことが出来ますtv

ぜひ8時40分頃のスマイル中継をチェックしてみて下さいsearch

2017年1月26日 (木)

女子駅伝week④温かいお茶でおもてなし

今週のポニーのスマイル中継は、今週末1月29日(日)に開催されます

「第30回記念 鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会」に合わせ

大会を支える皆さんにお話を伺っていますhappy01

今日は、開会式・閉会式が行われる隼人体育館からの中継でしたnote

お話を聞かせてくれたのは、応援にいらした皆さんをお茶やお漬物などでもてなす

隼人町地域女性団体連絡協議会の会長 山住 都子さん、

森 千江子さん、林 正子さん、坂元 絹子さんの4人shine

20170126

<皆さん朝早くから集まってくださいましたconfident

隼人町地域女性団体連絡協議会は6つの地域からなり、全体で270名程にもなる団体flair

以前はもっと多かったそうですが、それでも300人近くのメンバーが参加していますcoldsweats02

そんな皆さんの中から、女子駅伝競走大会当日は4人が接待役を勤めますrock

8時には集合して、応援にいらした皆さんが少しでも寒い思いをしないようにと

温かいお茶を出し、お漬物やお菓子でおもてなしをするのが皆さんの当日のお仕事flair

今回初めておもてなしに参加する森さんは「今からワクワクしてます」と笑顔happy01

また大会前には例年、コースの清掃活動を行っているそうで

今年はみぞれが降る中、清掃活動が行われたようですshine

やはり地元・霧島での駅伝大会というだけあって、たくさんの方が参加されたそうですwink

皆さんのあたたかい思いが随所に散りばめられた大会なんだなぁと改めて感じましたdelicious

そして例年、大会当日はとても寒いそうで、坂元さんも

「去年も寒かったけど、皆さんが温かいお茶に喜んでくれて嬉しかった」

「今年も温かいお茶でお待ちしてます」と話して下さいましたよhappy02

当日は是非、皆さんの温かいお茶、そしてお漬物もお楽しみくださいsmile

合わせてMBCラジオ・テレビ・HPでの実況生中継もお楽しみにnote

今日の中継を聞き逃した方は、こちらからお聞きいただけますear

2017年1月25日 (水)

女子駅伝week③隼人中学校吹奏楽部の皆さん♪

ポニー3号、松下愛ですrvcardash

今週のポニーのスマイル中継は、今週末1月29日(日)に開催される「第30回記念 鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会」に合わせて、大会を支える皆さんにお話を伺っていますhappy01

.

今日伺ったのは、霧島市隼人町真孝にある霧島市立隼人中学校ですschool

201701253

今朝は、鹿児島県内の多くの地域で今季最低気温を記録したということで、寒い朝となっていたのですが、私たちが朝8時頃伺った時は、生徒の皆さんが門の前で朝の挨拶運動をされていて、笑顔が素敵で元気な生徒さんが多いなぁと思いましたsun

.

そんな隼人中学校でおじゃましたのは、音楽室ですnote

今日は隼人中学校の吹奏楽部39名の皆さんに集まってもらいましたshine

201701251

現在は3年生が引退して、1~2年生で活動していますbell

隼人中の吹奏楽部の皆さんは、毎年この駅伝競走大会のスタート&ゴール地点となる、隼人運動場で、選手の皆さんを元気付ける素敵な演奏を披露されていますnotes

今回の駅伝大会演奏されるのは、「じょいふる/いきものがかり」「トレイントレイン/THE BLUE HEARTS」「Wakw up!/AAA」の3曲ですup

201701252

一列一列が楽器ごとに載っている楽譜なんですが、パートも沢山sign03

それぞれの楽器にパートリーダーがいて、まとめ役もされていますflair

.

指揮を担当されるのは、今年から隼人中学校に赴任された、顧問の土持夕果先生ribbon

201701255

駅伝大会での指揮を執るのも初めてという事で、ドキドキされていましたが、選手の皆さんの走りを、近くで感じて見られるのをとても楽しみにされていましたheart02

生徒の皆さんの普段の様子も伺うと、みんな元気でとても賑やかですが、演奏を始めるとピシッと目が変わって、迫力のある演奏を聞かせてくれる素直でいい子たちなんだそうですclover

中継が終わって、授業までの短い時間に、みんな楽器のケアもしっかりと済ませて授業に向かっていて、楽器を大切にしている様子も見ることが出来ましたconfident

.

そして、部長さんやパートリーダーの皆さんにもお話を伺いましたhappy01

2年生は昨年に引き続き2回目の参加になりますflairこれは昨年の写真ですcamera

201701254

昨年は、選手の皆さんを元気付けられるように一生懸命演奏したので、駅伝が終了する頃にはエネルギーを使い果たしてクタクタだったそうですsadsweat01

.

ぜひ隼人運動場にお越しの際は、選手の皆さんの応援はもちろんですが、演奏を頑張る吹奏楽部の生徒の皆さんの姿にも、ぜひ注目して頂きたいと思いますeyeshine

.

また隼人中学校の生徒や卒業生にも、この大会に出場する選手がいますsign03

201701256

校内の掲示板、下の方には駅伝の記事もありますねwink

今週末は、ぜひ選手の皆さん、そして吹奏楽部の皆さんに注目してみて下さいshine

.

今日は中継の中で、皆さんには特別に演奏も披露してもらいましたnote

ラジコのタイムフリー機能を使うと、今朝披露してもらった演奏や、生徒の皆さんの元気な声を聞くことが出来ますear

ぜひコチラから、8時40分頃からのコーナーをチェックしてみて下さいpc

2017年1月24日 (火)

今週末は、鹿児島県地区対抗女子駅伝!大会を支える皆さんにお話伺います^^

皆さんこんにちは!ポニー号から赤塚ですrvcar

今週は、こちらを支える皆さんにお話を伺っています。

201701249

いよいよ、週末に迫った 鹿児島県地区対抗女子駅伝競技大会

今年も霧島市を4コースに、各地区から編成された全12チームが熱戦を繰り広げます!

今日は、当日、競技補助員として大会を指させてくれる隼人工業高校 陸上部の皆さんにお話を伺ってきましたkaraokeshine

201701241

【左上から:副部長の宇都くん(2年生)、今塩屋くん(2年生)、部長の日高くん(2年生)、
 左下から:山田くん(2年生)、花森くん(1年生)】

部員は、7名で活動しているようですが、今日は代表して5名の皆さんに集まってもらいました^^


皆さんは、各区間のラスト1キロ地点などのポイントに立って、選手の皆さんに表示板を出す係を担当してくれます。

隼人工業高校の陸上部の皆さんは、毎年、競技補助員として色々な形で大会に協力してくれています。


日高君、宇都君、山田君の3人は、去年もしてくれて今年で2年目。


「今年は、特に30回の記念大会。補助員として携われることを光栄に思って頑張ります!」と、大会に向けての意気込みも話していました。

学生時代、陸上をやっていた松下さんも、当時のことを思い出して懐かしかったようでhappy01

みんなと一緒に、種目や練習についても色々話をしていましたよ。

201701242
普段みんなは、100mや200m、400mなどの短距離の選手として記録会や大会で頑張っているそう。

その中で宇都君は、唯一、槍投げと円盤投げの選手。

高校から始めたと言っていたので、どういうところが楽しいのか聞いてみると、

「距離が伸びるほど面白いです!」と、力強い声で話していました。


また、日高君は、

「今回は、選手ではなく、競技補助員として選手の皆さんや大会を支えるスタッフとして臨む大会。自分達が走るわけではないですが、自分達に出来ることを一生懸命やっていきたい。」

と、頼もしく話してくれた。

また、中継では普段の学校生活の様子も伺って、中継後には、校舎の中も案内してもらいました。


工業高校という事で、皆さん、情報技術やインテリア・デザインについて専門的に学んでいます。

201701244

( CAD室と呼ばれる、情報技術科の皆さんがプログラミングなどを行う教室 )

201701245

隣には、プログラミングしたものを、小型の車に読み込ませて実際に走らせたりもする教室も!

201701246

( こちらは、インテリア科の皆さんが使う実習室 )

皆さんが製作途中の、椅子やテレビ台など、すぐにでも使えそうなインテリア家具が沢山ありました!

デザイン、設計図の描き方から制作まで、実習の過程で行っていくんだそう。

様々な資格試験も取得していくそうですよ^^

201701247

色々な木材を加工していく大きな機械が沢山ありました!

201701243

( ここは、電子機械科の皆さんが実習を行う教室 )

工場の中みたいですよねeye 学校内にこんな設備があることに、普通高校卒の私には驚きでした!!!

ここで、溶接や金属の加工などをして様々な物づくりをしているそうです。



専門的に色んなことを学んでいる皆さんが、当日は、競技補助員として大会を支えます。


ぜひ、多くの皆さんに沿道で選手の皆さんに声援を送って、一緒に大会を盛り上げて頂けたら嬉しいです。

また、競技補助員やスタッフの皆さんにも、温かい声をかけてあげてください^^


隼人工業高校 陸上部の皆さん、ご協力いただいた先生方、今日はありがとうございましたgemini

今日のスマイル中継の様子は、こちらからも聞くことが出来ますのでぜひ☆


     

大きな声で、「1・2・3・4~」!!

今朝お邪魔したのは、霧島市にある

霧島保育園

です。

お部屋の中に行くと・・・run 

「1・2・3・4~」  「5・6・7・8~っ!!!!」

と、元気な掛け声が聞こえてきますhappy01何をしているのかな?と思ったら

みんなで乾布摩擦を行っている最中でした。


これは毎日欠かさず行う1つなんだそうです。そんな元気いっぱいな 

さくら組12名のお友達note

Photo

広い園庭には遊ぶ場所がいっぱい!寒いこの時期には
池に水を事前にはり、氷を触る体験をするそうですよ~
また今日の午後には焼き芋も食べたりと、毎日楽しそうです!

放送ではそれぞれみんなには今年も目標flairを発表してもらいました。
目標が達成できるように応援していますよ~~happy01good

2017年1月23日 (月)

女子駅伝week①事前準備、交通整理で支える皆さん

今度の日曜日に開催される第30回記念 鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会を前に

大会を支える皆さんにお話を伺いますkaraoke

201701233

<スタート&フィニッシュ地点になっている隼人運動場wink

今日は、霧島市スポーツ推進委員連絡協議会の会長 潤 政美さんにご出演頂きましたshine

20170123

<ご自身も身体を動かすことが大好きと仰る潤さんhappy01

潤さんたちは、大会前日に隼人運動場のグラウンド整備や、

大会当日は沿道の交通整理などを行いますsignaler

隼人運動場の中心を彩る国分中央高校の皆さんが育てたお花のプランターや、

当日素敵な演奏を聞かせてくれる隼人中学校の吹奏楽部の皆さんの楽器を運んだりと

その他にもたくさんの役割を担っていますdelicious

潤さんが女子駅伝競走大会に関わるようになったのは、合併で霧島市が誕生してから

10回以上関わる中で、大会当日が悪天候に見舞われたことは少ないそうで

今年も週間予報のまま、雨も降らず、晴れすぎず、選手にとって

最高の天気で大会が迎えられたら、と優しい表情を浮かべていましたconfident

201701232

<開会式、そして閉会式が行われる隼人体育館happy01

大会当日、きっと応援に駆けつける皆さん、ラジオを聞いている皆さん、

テレビの前で応援する皆さんが一番ハラハラするであろうゴールの瞬間sign03

その瞬間を、潤さんたちは見ることが出来ないそうですweep

と言うのも、潤さんたちは沿道で交通整理をしていたりと大会中は忙しく、

大会中はラジオを聞きながら大会の行方を見守っているそうですconfident

「本当は自分の目で見たいけど、自分達が大会を滞りなく遂行するんだという思いで

今回も大会の成功を影ながら支えられたらと思います」

潤さんをはじめ、大会に関わる皆さんの温かい気持ちで

第30回まできた今大会flair

今年も全12チーム、全力で応援したいと思いますhappy01

MBCではラジオ・テレビ・HPで実況生中継も行いますeyeshine

2017年1月20日 (金)

Iターン&UターンWEEK⑤桜島へ移住して8年!

今週はIターン、Uターン様々な形で鹿児島を訪れ、

生活を送る方にお話伺ってきましたが、早いもので5日目flair

今日は神奈川県から鹿児島・桜島へ8年前に移住してこられた

NPO法人桜島ミュージアムの大村 瑛さんにお話を伺いに桜島ビジターセンターへshine

201701205

20170120

<初めて来鹿した日も噴火していた桜島のパネルの前でcamera

元々、生まれ育った神奈川県ではなく別の場所で生活してみたいと考えていた大村さんsmile

大学卒業後に、就職で県外へ出ようと就職活動中に桜島での求人を見つけ、

その面接の為に訪れた際が、初めての鹿児島だったそうですshine

初めての錦江湾と桜島にとても感動したという大村さんhappy01

当時は桜島の活動も活発で、桜島フェリーの中から噴火している桜島を見て

「このフェリーは本当にあの場所に向かうの!?sweat01

「噴火してるのに大丈夫なの!?coldsweats02

と一人そわそわ桜島の写真を撮っていたそうですが

フェリーの中で焦った様子もなく過ごす地元の皆さんを見て

「あ、これがここでの日常の風景なんだ」と改めて驚いたんだとかhappy01

201701202

<桜島大根、桜島小みかんと、桜島ならではの美味しいものも沢山heart04

改めて桜島に降り立ってみて、噴火している火山の麓で

地元の皆さんが生活していることに、そしてその生活から覗く桜島との付き合い方に

どんどん惹かれていったという大村さんも、今年で桜島生活8年目flair

最初の頃に感じた「格好いい」「面白い」という印象はそのままに

桜島の住みやすさを体感しているそうですdelicious

観光客の皆さんが、生活している方を見て驚いていると、

自分もそうだったなぁと懐かしくなるそうhappy01

201701203

<ビジターセンター内で桜島模型を見ながら「どこから見る桜島が好き?」談義happy02

そんな桜島にすっかり魅せられた大村さんにとっての桜島は

やはり格好いい存在であり、世界に誇れる楽しい場所note

そして、帰る場所になりましたと大村さんconfident

大村さんが現在桜島のガイドとしても活躍中ですshine

2月には大村さんがもっと知って欲しいと話していた

桜島での暮らしを感じることが出来るイベントが開催されますwink

かごしま文化情報センター」で検索してみてくださいpc

201701204

鹿児島のシンボル・桜島の魅力を改めて感じるお話でしたhappy01

今日の中継を聞き逃した方はこちらからどうぞear