« ものづくりweek②(有)芝自動車整備工場 | メイン | ものづくりweek④姶良市管工事業協同組合 »

2016年8月31日 (水)

ものづくりweek③有限会社大成畜産

みなさんこんにちはsunポニー号から赤塚です!

今週のポニーのスマイル中継では、9月8日に市民文化ホールで開催される、

ものづくりフォーラム」に向けて、鹿児島県内外でご活躍されている「ものづくり企業」の皆さんを紹介しています。

昨日、そして一昨日とK市、霧島市のものづくり企業を紹介してきましたが、

3日目の今日は、曽於市のものづくり企業を紹介してきました。

自社ブランド豚 「やごろう豚(どん)」で、手作りハムやウィンナー類の製造を行っている、

有限会社大成畜産から中継お届けしましたkaraoke


お邪魔したのはこちら。

201608313

< 曽於市大隅町の道の駅おおすみ弥五郎伝説の里 >


有限会社大成畜産は、「やごろう豚」の養豚だけではなく、精肉の販売や加工品の製造の他、こちらに併設されているこの、やごろう亭という直営のレストランも経営されているんですhouse

今日こちらでお話を伺ったのは、こちらのオーナーもされている、

有限会社大成畜産の大成三千子さん。

201608312

大成畜産は、今年でちょうど創業30年になる、地元曽於市に根ざした畜産企業です。

現在は県内5つの農場で、約3万頭の自社ブランド豚の「やごろう豚」を飼育しているんだそう。


この大成畜産のブランド豚 「やごろう豚」は、食べさせる飼料からこだわっているそうで、

美味しいお肉を作るために、美味しくなるような飼料しか与えていないとのことheart01

人間の体も、食べたもので出来るように、豚さんも同じく、いいものを食べると、いい体(お肉)が出来るんだそうです。

特徴としては、臭みがなく、消化がいい(胃もたれしない)、適度な甘味があるお肉なんだそうpig


今回のものづくりフォーラムでは、この「やごろう豚」の美味しいお肉を使って、化学調味料や防腐剤など一切使わず、無添加にこだわったハムやベーコン、ソーセージ等の加工品を出品される予定とのことrestaurant

201608314

この加工品を製造するにあたって、昨年9月に加工専用の機械を導入されたそうなんですが、この導入までには2~3年かかったそうcoldsweats02

導入にかかるコストもさることながら、こだわりのお肉の味を損なわないために、

色んなところから情報を集め、本当に選び抜いた機械を導入したんだそうですhairsalonshine

-
以前は、この加工の工程は他社に委託していたそうですが、

美味しいお肉を作る養豚の段階から、加工品としてお客様の元へ届けるまで、

この一連の工程を自社で出来るようになったことで、一から安心安全なものを、より納得の行く形で作ることができたとのことconfident


ただ、無添加なだけに、通常の加工品よりも賞味期限は短いということで、今は販売箇所は限定しているそうですが、大量生産ではなく、少量でも必要な分だけ作ることが出来きる点は、企業としのメリットにも繋がったんだそうですflair

このソーセージなどのこだわり抜いて作った加工品の他、やごろう豚の美味しいお肉は、直営レストランやごろう亭でも食べることが出来ますよ!

201608311

また、精肉や加工品は、同じく道の駅大隅内の直売所でもお買い求めいただけるので、是非皆さんにも一度味わっていただきたいです^^


そして、今回のものづくりフォーラムでは、これら加工品の試食もあるそうですよearshine

もちろん他にも、その他沢山のものづくり企業が集まりますrun

9月8日、市民文化ホールで開催される「ものづくりフォーラム」、ぜひ皆さん足を運んでみてください。


〒899-8102
鹿児島県曽於市大隅町岩川6134-1
道の駅おおすみ弥五郎伝説の里内、
(直営レストラン)やごろう亭、(直売店)やごろう農土家市