« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月19日 (金)

本土最南端のダイビングショップ♪

ポニー3号、松下愛ですrvcardash

今週のポニーのスマイル中継は、MBCで展開中の「海と日本プロジェクトin鹿児島」に合わせて、海に関する話題をお送りしていますwave

今日は南大隅町佐多の伊座敷にある、本土最南端のダイビングショップ「海の学校DIVING LIBERTY」にお邪魔しましたpisces

201608191

お話は海の学校ダイビングリバティ二代目の代表で、ダイビング歴20年の瀬戸口明久さんに伺いましたhappy01

こんがりと日焼けした肌が、まさに海の男といった雰囲気ですcrown

201608192

お店の名前にもある「海の学校」について伺うと、先代の代表が元々教員の仕事をされていて、不登校になった子どもたちを受け入れを、ダイビングリバティで行っていた事で、海の学校という名前があり、今もその名残が残っているんだそうですpencil

ダイビングリバティは個人のお客様からお友達同士で少人数で来られる方、またグループでの受け入れもされているそうですflair

また最近は、保育士&幼稚園教諭&ベビーマッサージセラピストの資格を持つ、瀬戸口さんの奥様virgo今日子さんがダイビング中の託児も行っており、子育て中のママさんダイバーも多くいらっしゃるそうですよconfident

大体1回のダイビングで水中に潜る時間は40~50分程度clock

エリアでいうと、錦江湾の入口にあたる佐多の伊座敷ビーチから、佐多岬を越えて、田尻ビーチのあたりまで、広い範囲を選んで潜ることが出来ますfish

潜るエリアの中でも難易度や海の状況は様々ですので、ぜひ相談してみて下さいwink

ダイビング歴20年の瀬戸口さん、南大隅の海だけでも、これまでに様々な生き物に出会ったそうですよcancer

伊座敷の周辺で見られて、最近人気なのが、こちらsign03

201608193

「ピグミー・シー・ホース」というタツノオトシゴの一種ですshine

珊瑚に擬態して、自分の姿を隠しているそうなんですが、海にも良く映える色をしているので、写真を撮られる方たちにも人気なんだそうですheart04

他にも珍しい生き物たちが・・・scorpius

201608195

このモールのような生き物、実はエビなんですwobbly

「サクラコシオリエビ」という名前ですpencil

201608197

歌舞伎のお面のような「クマドリカエルアンコウ」という可愛らしいアンコウもlovely

この写真は全て、瀬戸口さんが南大隅町でダイビングをした時に撮ったものなんですcamera

最近はカメラも進化しているので、水中の深い所でも、綺麗な写真を撮ることができるそうですよnote

瀬戸口さんはお客様がダイビングをしている様子も写真に撮って下さいますhappy02

201608194

タイミングが良ければ、こんな魚の群れの中で写真を撮ってもらえるかもeyeheart04

この海の大自然を間近に感じたら、この環境を残したい!大切にしたい!という気持ちが自然と生まれてきそうだと感じましたrock

ぜひこの自然を感じに、南大隅町に足を運んでみてはいかがでしょうかconfidentsign02

ホームページやブログの写真もとても素敵ですよshine

ぜひ「海の学校☆ダイビングリバティ」検索してみて下さいsearch

201608196

最後に瀬戸口さんファミリーとお店の入り口でパシャリcamerashine

次はダイビング体験をしに伺えたらいいなぁpisces

2016年8月18日 (木)

吹上沖の海水から、昔ながらの手法で作る天然塩!

みなさんこんにちは!ポニー号から赤塚ですrvcar

今日は、鹿児島の海、吹上浜の沖合いから汲んだ海水を使って、昔ながらの手法で天然塩を作っている方にお話伺いに行ってきました^^


お邪魔したのは、日置市吹上町入來にある、「渚のあま塩館

お話を伺ったのは、塩を作って15年、塩作り職人の宮本 哲哉さん。

201608181
とっても元気いっぱいな方でしたhappy02

宮本さんは、塩作りを始める以前は、調理師として長い間お仕事をされていたそう。

ある時、地元の皆さんと一緒に何か地元のものを使って出来るものはないかと考えていたときに、沖縄で天然塩を作っているパンフレットを目にしたんだそう。

吹上浜という、素敵な海があるこの場所なら天然塩を作ることが出来るんじゃないかと思い立ち、

塩を作っている工場や会社に足を運んだり、資料館や図書館に足を運んで多くの書物を読んだりして、試行錯誤しながら、現在の天然塩が出来たんだそうです。


それがこの、「渚のあま塩

201608184

パッケージからも、なんだか温もりを感じますconfident


こだわりは昔ながらの手法。


工場に入ると、炭窯特有の煤のにおい。

中にはレンガで囲まれた4つの塩釜があって、3釜ずつ交替しながら塩の炊き出しを行っていくんだそう。

201608187

塩釜の大きさはこれくらい。

201608188

私たちの腰くらいまである高さの塩釜。

こちらの渚のあま塩館では、一年を通して塩作りを行っていて、1年で大体15回くらい作るとのこと。

だいたい、1ヶ月に1回のペースで作業を行っているそう。

201608189

吹上浜の沖合いから汲んでくる海水は、一回の作業でおよそ10トン!!!!

船で汲んできた海水を、大きなポンプ車で2回に分けて運んでくるんだそう。

この10トンの海水から出来る塩は、およそ120kg。


この塩釜で3日間、海水をじっくりと火にかけて、海水の塩分濃度を23%まで上げていきます。

最初に汲んできた時の海水の濃度は、およそ3%程なんだそうですよ!


先週、海水から炊き出しを行って現在冷ましている途中という、濃度23%の海水があったので、舐めさせて頂いたんですが、とってもしょっぱいwobbly!!!!

これほどまで濃度を上げなければ、塩は作れないんだそうflair


火にかけている3日間は、15分おきに釜の様子を見にくるんだそう。

「丁度いい濃度になると、ボコッボコッと声がするんですよ。」と宮本さんはおっしゃっていました。

「声がする」なんて、職人さんだからこそ聞き分けることができるものなんでしょうねshine

お話を聞きながら、宮本さんの職人魂の部分に触れた気がしました。


そして、この高濃度の海水が常温まで冷めたら、今度はこれをガス窯にかける。

こちらも3日間かけてじっくりと。

201608185

これまた大きなガス窯。焚口が3つある、特注で作ったこだわりのもの。

201608186

私の中では、塩作りと聞くと、火にかけたり、天日干しにしたものから蒸発させて浮き出してきたものをかき集めて作るというイメージだったんですが、

こちらでは、じっくりと火にかけることで、ボコボコ水面に浮いてくるんだそう。

浮いた分ずつ、柄のついた大きな網で掬いとって、ろ過してにがりを採ったあと、

こだわりの手法で水分を飛ばすことで、粒の細かいいい塩が出来るんだそう。


出来た塩を袋詰めして、県内各地、また県外にも出荷されていきます。


塩が出来るまでにかかる日数はおよそ、2週間。


煙と蒸気に包まれた熱気の篭る工場の中での作業は、まさに根気勝負。

皆さんに、美味しい天然塩を届けるために、地域の皆さんと協力しながら頑張っています。


「吹上浜沖の海水は塩つくりに適しているんですか?」と、宮本さんに聞いてみると、

「私もよく分かりませんが、吹上浜は岩場ではなく、砂浜が多いため、打ち寄せる波が岩に当たって跳ね返されるのではなく、きれいに循環するからいい海水が出来るんじゃないかなと思っていますけどね。いい塩が出来るこの海に感謝しています。」

とおっしゃっていました。


この、渚のあま塩、風味もとっても豊か。

白米のおにぎりにちょこっとかけていただきましたhappy01

201608183

なんだか磯の香りが漂って、80種類以上のミネラル成分を含んでいるんだそう。

「渚のあま塩」、その名のとおり、ここの塩は甘い!

もちろん塩なので、砂糖のような甘さではないですが、言うならば味塩のように、

しおっ気だけではなく、ほのかに磯の味がするというべきか。。。

食味豊かなお塩です。


これから私のおにぎりのお供になりそうですcancer

「ひんやりと冷やしたきゅうりやトマトにかけて食べるのもまたいいんですよ~!」

と、助言を頂いたので今晩早速やってみようかと思いますlovely


2016年8月17日 (水)

魚をつかった親子料理教室♪

ポニー3号、松下愛ですrvcardash

今日は、MBCでも取り組んでいる「海と日本プロジェクトin鹿児島」の一環で、来週8月23日に開催される親子料理教室の話題をお届けしましたrestaurant

お邪魔したのは、鹿児島市新屋敷町にあります、今村学園ライセンスアカデミーschool

こちらで和食を専門に教えていて、今回の料理教室でも講師を担当される、調理師科の宇都正浩先生にお話を伺いましたkaraoke

201608171

今回の親子料理教室は、「低・未利用魚」といって、食べられるのに需要が少なく、あまり使われない魚の事をいいますfish

これまでの取材で海のお話を聞かせて下さった多くの方から、「錦江湾には食べられるのに、あまり使われない魚が沢山いるんだよweep」と教えて下さいましたが、今回はその魚の中の「カタボシイワシ」という魚を使った料理教室を行い、その美味しさを知ってもらえるようになっていますdeliciousheart04

201608175

「カタボシイワシ」は、マイワシに似たニシン科の魚で、体長は20cmくらいですfish

錦江湾の定置網でもよく獲れ、食べられる魚なんですが、認知度の低さや、小骨が多い事が原因となっているのか、脂ものって美味しい魚なんですが、あまり需要がなく、網にかかっても、水揚げせずに海にリリースされる方が多いんだそうですdash

今回その「カタボシイワシ」を使った料理教室の会場となるのは、今村学園ライセンスアカデミーの調理実習室restaurant

201608173

とても広くて、きれいに保たれている実習室ですよねshine

教室の一角にはこんな物も・・・search

201608172

先生方のこの教えがピカピカの調理室の秘密なんでしょうねwink

今回の料理教室は、小学生以上のお子さんと保護者の方が対象ですが、実際に宇都先生のデモンストレーションを見てから、実際にお子さんたちも、先が丸くなった子ども用の小さい包丁を使って魚をさばくことができますfish

スタッフとして今村学園の学生さんたちもサポートしてくれるので安心ですrestaurant

今回の料理教室を開催するにあたって、どんな料理にしたら親子で楽しめるか、またどんな調理法が美味しくお子さん達にも食べやすいか、宇都先生も夜遅くまで試作をされたそうですmoon3

201608174

写真は作った昆布〆を切っている所なんですが、他にも天ぷらや、唐揚げなどでも食べることが出来るそうですdelicious

いろいろな試作の中から、親子で一緒に調理が出来るもので、お子さんが好きな食材が入った、食べやすいものを選んだそうですよgood

その試作の中から決まったメニューはこちらnote

201608176

「カタボシイワシのチーズ揚げ春巻き」ですup

そしてもう一品、「カタボシイワシのつみれ汁」も作るそうですflair

調理方法にも工夫があって、包丁で魚をさばいた後はフードプロセッサーで魚をミンチ状にしますsign03こうすることで、小骨を気にせず、お子さんでも食べやすい料理になっていますgemini骨まで食べられるので、カルシウムも取ることが出来て、お子さんにも嬉しいメニューですねrock

鹿児島で獲れるのに、知られていない、美味しい魚を使った料理restaurant

自由研究のテーマにも良さそうですねsmile

今回の料理教室はまだ定員にも余裕があるということなので、興味のあるかたはぜひお問い合わせ下さいflair

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

《低・未利用魚を使った親子料理教室》

日時:平成28年8月23日(火)10:00~13:00(受付9:30)

場所:今村学園ライセンスアカデミー本校 3階 調理実習室

対象:小学生以上のお子さまと保護者の方

定員:10組

参加費:無料free

お問い合わせ:MBCサンステージ内

低・未利用魚を使った親子料理教室 事務局

TELtelephone099-255-6144(平日9:30~17:30)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016年8月16日 (火)

☆七福神まで!?ウニ殻アート☆

MBCでは海と日本プロジェクトin鹿児島に取り組んでいますhappy01

私たちの中継でも、鹿児島の海の話題をお届けしていますsign01

阿久根といえば美味しいウニのたびたび話題に上りますよねrestaurant

今日はその阿久根で採れた美味しいウニの殻を使ったアートについて

阿久根市西目の(有)尾塚水産 代表取締役の尾塚 ヱイ子さんに伺いましたkaraoke

20160816

(有)尾塚水産は、主にウニの加工販売を行う会社ですnote

食卓に並ぶウニはムラサキウニという種類がほとんどhappy02

そのウニの殻や、食べることはないものの、海の中で増えすぎたナガウニなど

増えすぎたウニを引き上げて生態系のバランスを守る活動の一環で

このウニ殻アートを始めたそうですwink

201608162

ウニ殻アートは、ウニの殻からトゲを取り、漂白して色を抜いたものを使用しますshine

香炉やペーパーウェイト、人形などさまざまな物がありましたhappy02heart04

201608163

201608164

201608165

201608166

201608167

中学生が職場体験に来ることがあるそうで、

子どもたちにもっと地元の海について知ってほしいと尾塚さんconfident

現在はウニ殻アートにウニ棘と使ったネックレスや、ランプシェード、

石鹸なども登場していますよ~lovely

道の駅阿久根でも手に取ることが出来ますwink

阿久根市にお出かけの際は是非手に取ってみてくださいhappy01

30名で仲良く活動中!!

今日は、南大隅町にある

キッズねじめ

の子供たちをご紹介しましたhappy01

Photo_3

キッズねじめは根占保育園の分園で、朝根占保育園に登園してから
旧根占中学校の校舎の1部を使って、色々な活動をしていますnote
今は9月の運動会で披露するマーチングの練習を頑張っていますpunch

先月末にはお泊り保育があって、ドキドキしながらも
楽しい思い出がたくさんできたそうですnotes
夏が終わってもこれからまだまだ楽しいことがいっぱい!
元気に過ごして、素敵な思い出をたくさん作ってくださいねhappy02heart04

2016年8月15日 (月)

いおワールド鹿児島水族館から、海ガメの話題!

みなさんこんにちは!ポニー号から赤塚ですrvcar


今日は、お盆期間中も多くのお客さんで賑わう、いおワールド鹿児島水族館から、

今月末海へと旅立つ、海ガメの赤ちゃんの話題をお伝えしてきました。

201608154

今日、お話を伺ったのは、いおワールド鹿児島水族館 展示課 課長の佐々木 章さん。

201608152

鹿児島県はアカウミガメの上陸産卵数が日本一fuji

中でも、屋久島は日本で一番産卵する場所といわれています。

また、海ガメは、生まれた浜に卵を産みに帰ってくるといわれており、それを調べるための標識調査を、屋久島のうみがめ館が長年に渡って行っているんです。

その調査の一環で、屋久島で産卵された卵から付加した海ガメの赤ちゃんを、

全国の水族館で一年間大きくして、屋久島の浜にかえすという放流プログラムがあるんですが、鹿児島水族館もそのプログラムに10年前から協力しているそうなんです。


この展示水槽の中には、ちょうど一年前に屋久島から鹿児島水族館にやってきた海ガメの赤ちゃんがいます。

201608156

元気に泳ぎまわっていましたよ^^

201608155

海にかえすため、今月25日に屋久島に出発します。

一年間、展示飼育しながら成長した1歳の海ガメの赤ちゃんですが、赤ちゃんといっても大きいですよね!


今年生まれたばかりの0歳の赤ちゃんと比べてみると。。。

201608151_2

その差は歴然!!!!

201608153

0歳の頃は、手のひらよりも小さいサイズなのに、

甲羅の大きさは、4cm程だったものが、20cm程まで、

そして、重さが、20グラム程だったものが、1.6キロ~2キロまで増えるんだそう!!!     

およそ100倍eyeeyethunder!!!驚く成長っぷりです!

今ここにいる1歳の海ガメ達は、25日に屋久島に出発していきますが、

今年、屋久島で生まれてやってきた0歳の海ガメ達は、25日からこの展示水槽で一般公開され、一年間ここで展示飼育されます。

そして、海への旅立ちに向けて、一年間かけて成長していきます。

多くの皆さんに、大きく成長していくこの子達の成長を見守ってもらいたいですねconfident

201608158

この海ガメ達が、卵を産む親ガメに成長するにはおよそ30年。

そこまで成長するまでに幾多の困難を乗り越え、生き残る海ガメは1/5000とも言われる程、海の旅は過酷wave

「20年後、最初に放流した標識をつけた海ガメが戻ってきてくれることに期待したい。

とても長いプログラムではありますが、必ず元気で戻ってきてくれると信じて続けています。」

と佐々木さんは話されていました。

安心して卵を産みに帰って来られる、鹿児島の綺麗な海を守っていきたいなと、

この海ガメの赤ちゃんたちを見ていて改めて思いましたconfident

201608157

2016年8月12日 (金)

モニスマファームは今どんな感じ!?

みなさんこんにちは!ポニー号から赤塚ですrvcar


今日は、久しぶりに私たちの畑「モニスマファーム」がある、

鹿児島市犬迫町の鹿児島都市農業センターに行ってきました。

201608121

気になってはいながらも、5月半ばにウコン・しょうが・ガジュツ・ハバネロの4種類のスパイス野菜を植え付けて、

6月中旬に一度、松下さんと草取りに来て以来、足を運んでいなかったわけですが。。。


案の定、梅雨時期に沢山雨を受け、夏の太陽の光を沢山浴びて、元気な雑草が沢山生い茂っておりまして。。。

今日もやはり、草取りから。coldsweats01

Img_7213


鹿児島市都市農業センターの皆さんの力もお借りしながら、すっきりとした畑から、

まずはこちら!

Img_7225

5月の植え付けでは、頂いたガジュツ・ウコンを、そのまま土に埋めていたもの。

6月に来た時には、芽を出してはいたものの、まだ10センチ程しか伸びていなかった茎。

今ではだいぶ伸び、太さもだいぶ太くなって、こんなに大きな葉まで付けていました!

地面からの高さは、120cmになるものも!!!

今日は、計測係りだった松下さんが、メジャーで熱心に計っていましたhappy02

成長ぶりに驚きでした!!!!

201608129
こちらも、頂いたしょうがをそのまま土に埋めていたもの。

しょうがって、こんな葉をつけるんですね~!笹の葉みたいな形!


しょうがも5つほど植えましたが、そのうち3つはこのように上手く成長していましたよ~!


しょうが・ガジュツ・ウコンは、ちょうど今の時期までに葉や茎などを大きく成長させ、

沢山光合成をし、これから9月、10月にかけて土の中の根茎の部分が成長していくようです。

これだけ大きな葉や茎を見ると、収穫が楽しみですね!


ちょっと掘り返して、土の中を見てみたいところではありましたが、今日は我慢して。。。



そして、苗から植えたハバネロ。

2016081210

10cm程の苗を2株植えましたが、どちらとも大きく成長していました^^

茎の高さもそうですが、枝つきもよく、実もついていました!

まだ、色つきは薄かったですが、ほんのりオレンジ色に染まっていましたよscissors


そして、実はもう一つ私たち植えていたものが。。。

201608126
<< ジャンボかぼちゃ!>>

蔓も大きく伸ばし、こんな立派なかぼちゃが2つなっていました!

こちらは、小さい方のかぼちゃですがこれでも大きさは30cmほど。

そして、もう一つがこちら!

201608124

両手でも抱えきれないほど大きく、かなりの重量感!

重さを量ってみると。。。

2016081214
なんと、11.5kg!!!!!!

重たいわけですねcoldsweats01


2016081213

ビッグパンプキンコンテストに出品できそうなほど大きなものは出来ませんでしたが、

ハロウィンの時期に上手く活用できたらいいなと思います。

それまで腐らせないように。。。。保存しておこうと思いますrock



そして、雑草を採っていると思わぬ副産物が。。。

2016081211

皆さんこれ、何の花か分かりますか?

私たちは、すっかりジャンボかぼちゃの花だと思っていたのですが、

実はこれ、ヘチマだったんです!!!

2016081212

大小いくつかのヘチマがなっていました!!!

長濱さんに聞いてみたところ、

「おそらく、去年植えていた時の種が残っていたんでしょうね。」

ということで、ポニーメイツの先輩方のおかげで、ヘチマまで収穫できそうですhappy01


鹿児島都市農業センターの皆さんのお力を借りながら、なんとか私たちの畑の野菜も順調に育っていました。

いつもありがとうございますconfident

2016081215


今植えているスパイス野菜の生長も楽しみにしながら、

これからまた畑の空いているスペースを利用して、冬に収穫できるものを何か植えてみようかと検討中です^^

そちらもぜひ、お楽しみにhappy02

2016年8月11日 (木)

山の日☆中岳中腹を目指して!

今日は、今年から日本の国民の休日に仲間入りした山の日fuji

初めての山の日、折角なら山に登ろう!ということで、

今日は霧島市霧島田口の高千穂河原ビジターセンターを出発して、

中岳登山にチャレンジしてきましたhappy02shine

20160811

中岳は2011年の新燃岳の噴火の影響で、現在も入山規制が続いていますが、

中腹までは登山可能なんですよwink

今週は月火水と、霧島市のふるさと特派員・後藤さん、鶴亀堂鍼灸院の脇田先生、

鹿児島勤労者山岳会の今村さんと山の日登山を前にいろんなお話を聞いて、

疲れた時のマッサージやマストアイテム、山登りの心構えなど伺ってきましたhappy01

今日は、霧島市ふるさとガイドクラブの松元 明子さんにお付き合い頂きながら、

中岳中腹を目指しましたよgoodshine

201608112

後藤さんもファミリーハイキングに向いていると仰っていた中岳sign01

体力に自信のない私は、それでも若干心細かったんですが…coldsweats01

出発からおよそ40分程で中岳中腹に到着しましたnote

201608113

<少し霞んでいましたが、霧島市街地もしっかり見えていましたeyeshine

201608114

<2011年の新燃岳噴火の際に噴石が落ちたことで出来たクレーターsign03

201608115

<中腹から先は規制がかかっていて、進むことは出来ませんdanger

360度緑に囲まれた中岳中腹は、霧島市街地と比べてもともて涼しくて、

風が吹くととても気持ちが良かったですよlovely

今日は高千穂河原ビジターセンターから高千穂の峰登山に向かう方も多かったようで、

私たちが中継をした時間帯は中岳中腹を独り占め状態でしたsmile

201608116

途中、垂水から来たという男性2人にもお会いしましたが、慣れていらっしゃいましたconfidentshine

そして、春に見頃を迎えるミヤマキリシマが数輪咲いていて、

なんだか歓迎してくれているように感じましたdelicious

松元さんがガイドをしている霧島市ふるさとガイドクラブは

新燃岳の噴火後に結成され、霧島の山々の魅力を伝える活動をされていますhappy01

そんな中で、登山を楽しまれる皆さんの面白い行動を伺うと、

「山に向かって雄叫びを上げる若い方は多いですね」とのことflair

折角なので私たちも雄叫びを上げてきましたhappy02

また、中岳中腹までの道のりは新燃岳の灰で随分砂っぽかったので、

休憩の時などレジャーシートがとても役立ちましたよ~good

そして休憩の度に脇田先生から教わった足三里のツボを刺激して

無事にスマイルで下山しましたwink

201608117

下山途中、中岳中腹を目指す団体の皆さんとすれ違いましたup

すれ違う時に皆さんと元気に挨拶を交わして…

なんだかこういう休日って、いいなと感じましたconfidentshine

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日・山の日fuji

皆さんはどうお過ごしになりましたか?happy01

2016年8月10日 (水)

車の売買を通して、人と人とのマッチング!

皆さんこんにちは!ポニー号から赤塚ですrvcar

毎月第二水曜日は、県内各地で地域を元気にしようと頑張っている企業の皆さんにお話を伺っています。

今月の今日、お邪魔したのは、鹿児島市易居町 鹿児島市役所別館みなと大通り別館6階にある、車の個人売買代行やオークション代行をしている会社「nogga(ノッガ)」。

今日、こちらでお話を伺ったのは、nogga 代表の松井真一さん。

20160810

nogga(ノッガ)は、鹿児島弁で「乗ろう」という意味からつけたもの。

家族で楽しくノッガ!

男性なら、カッコよくノッガ!

女性なら、おしゃれにノッガ!

皆さんの色々な想いを乗せたい、という松井さんの想いが詰まった会社。


nogga(ノッガ)では、大きく分けて二つの事業を展開しています。

一つ目は、中古車のマッチングサービス、個人売買代行を行っているんです。

個人売買代行とは、車を売りたい人と買いたい人を繋げるサービスということで、

売りたい人は下取りや買取相場よりメリットが出たり、

買いたい人は下取相場よりお得に買うことが出来たり、

また、個人間取引なので車に消費税がかからない等、無駄を省いて損をしないという方法ということなんです。


二つ目は、車のオークション代行。

一般の方は参加できない、業者オークションにnoggaを通して、売りたい車を出品したり、買いたい車を落札するお手伝いをするサービスなんです。

相場より高く売れれば、お客様に還元し、相場もわかるため、安心していただけるサービスということなんです。


昔から、車が大好きで車業界に入ったという松井さん。

noggaとして会社を始めたのは、昨年3月ということなんですが、それ以前は、車の買取店でスタッフとして働いていたそう。

自分の愛車を買取店で売った経験があったということで、当時働いていた時に、下取価格と実際に取引される価格の差の大きさに驚いたことがきっかけで、今に至るんだそうです。


もっとお客様に還元できる部分があるんじゃないかという想いから、多くの売りたい人と買いたい人を繋げているんです。



鹿児島の方々が、乗りたい車を求めやすく、売りたい車をより納得のいく値段で取引できるよう、様々な売買方法の一つとしてnoggaを広めていきたいと、今後の夢も聞かせていただきました。


松井さん、ありがとうございました^^

いよいよ明日は山の日!どんな準備が?

ポニー1号、松下愛ですrvcardash

いよいよ明日は初めての山の日ですねfuji

私たちも明日は登山に挑戦sign01ということで、昨日は体のケアについて伺いましたが、今日は実際に山を登る時に必要なものや、格好についてのアドバイスを伺いましたt-shirtdenim

今日お話を伺いましたのは、鹿児島勤労者山岳会の会長で、登山歴50年のベテランshine今村正一さんですhappy01

201608101

今日は鹿児島市伊敷台にあります、鹿児島勤労者山岳会で共同装備を保管している小屋におじゃまして中継をお届けしましたkaraoke

共同設備とは、登山をする際に使用する、テントや炊事道具、険しい山などを登る際に使用するロープや金具などの事で、勤労者山岳会の皆さんの会費などで道具を揃え、共同で管理、使用しているんだそうですwrench

201608102

このように、きれいにジャンル分けされていますpresent

これだけの装備を持って登る山を想像すると、私は難易度の高い山を想像していたんですが、それぞれのペースや日程に合わせて装備も変わるため、多くの共同装備を使うからといって難易度が高いとは限らないそうですよflair

私たちが明日挑戦する山は、どちらかというと初心者やご家族連れでも楽しみやすいコースになりますが、どのような準備をするべきかアドバイスを頂いてきましたpencil

まず服装は、この時期は暑さで半袖や半ズボンで山に登る方もいらっしゃるそうですが、あまりオススメは出来ないそうですsad

なぜかというと、この時期新聞記事などでも見かける「マダニ」が心配だからですbud

休憩で地面に座るときもレジャーシートを敷くなど、予防をしておくと安心みたいですよconfident

持っていくものとしては、熱中症対策としての水japaneseteaや塩分補給グッズ(最近は飴やタブレットなども販売されているので、便利ですね)winkそして汗をかいて下山してきた時に着替えられるように着替えのセットがあるといいですねt-shirt

また山は天気が変わりやすいので、レインコートなどの雨具もあると安心ですrain

また、登山をする際にぜひしてほしい事は、「登山計画をしっかりと立て、家族や身近な方に伝えること」danger

絶対に安心という保障は、どこにもありませんsign03

今は携帯電話やスマートフォンにもGPS機能がついていて、居場所を知らせてくれる物もありますが、もしも迷子になってしまったら・・・。携帯やスマートフォンの電池が切れてしまったら・・・。怪我をして、その場を動けなくなってしまったら・・・。

自分の手がかりを知らせるものが、あるとないでは、捜索範囲や、発見までの時間も極端に変わってきますweep

山の難易度にかかわらず、安心安全に山を登るための準備はしっかりと行いましょうsign03

201608103

そして山の日を迎えるにあたって、山の日の目的は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされていますが、合わせて山の良さを多くの方に知っていただき、「この素敵な自然をどうしたら後世まで残し伝えていけるか」を考えるきっかけにして貰いたいと話して下さいましたsun