メッセージはこちら

ハガキ:〒890-8570 MBCラジオ
「モーニングスマイル」係
FAX:099-250-1107
Eメール:smile@mbc.co.jp
【投稿フォームはこちら】
モニスマインスタ

主なコーナー

歌のない歌謡曲

メロディだけの歌のない音楽を紹介。詳しくはコチラ

希望のリボン

山下美智代が担当。メッセージは放送希望の1週間前までにお寄せください。
この番組では、お誕生日・結婚記念日のメッセージをご紹介しています。
メッセージはasa@mbc.co.jp希望のリボン係まで

スマイルネットワーク

様々な分野で活躍する方に日替わりでお話を伺います。

海の天気予報

日々刻々と移り変わる「海の天気」を詳細にお伝えしていきます。詳しくはコチラ

暮らしと税理士

2017年2月27日 (月)

カツオマイスターにむけてスタンプラリーで枕崎の美味しいを体験しよう♪

今日は枕崎市に行ってきましたhappy01

20170227_2

朝8時頃の枕崎港wave

大きな船が着いていてサバや、ムロアジfish

水揚げされた魚たちはサイズごとに分けられ、運び出されていましたhappy01

201702273

漁協の皆さんも、水揚げされる魚で季節の移ろいを感じるとおっしゃっていましたcherryblossom

そんな春が近づく枕崎港から今日は

「枕崎こどもカツオマイスター検定」の話題お届けしましたhappy01

201702272

お話は枕崎市役所 水産商工課の永迫 昌之さんに伺いましたhappy01

今度の土曜日に開催される枕崎こどもカツオマイスター検定は、

社会の時間に日本の産業を学ぶ小学5年生6年生を対象にしたものflair

枕崎市の子ども達がカツオやかつお節、枕崎に興味を持ち、

学ぶことでより地元・枕崎を好きになってもらおうと実施されていますshine

気になる検定内容ですが、カツオのおろし方やわら焼きたたきの作り方、

かつお節の削り方、茶節の作り方などを体験して、試験を受けますpencil

試験に合格すると、「枕崎こどもカツオマイスター」として認められ、

認定証や記念品が受け取れますpresent

枕崎こどもカツオマイスター検定は今度の土曜日ですが、

大人向けの「枕崎カツオマイスター検定」は11月を予定していますwink

こちらも毎回たくさんの方が受験されるそうですよnote

興味がある方は是非smile

その検定を受ける前に枕崎をもっと好きになるスタンプラリーも開催されますheart04

パンフレットに沢山掲載されているお店の中から3箇所周って

スタンプを押して、枕崎のステキな景品をゲットしてくださいgood

マップには枕崎漁協も掲載されているんですが、

枕崎漁協にいらした際には是非立ち寄って頂きたいのが、はっこ食堂restaurant

201702277

はつこさんが営むこの食堂は、漁港で働く皆さんが朝ごはんを食べたり、

温かいお茶を飲みながら談笑したりしている憩いの場confident

201702274

201702275

201702276

一般の方ももちろんお食事できますhappy02

枕崎にお出かけの際は是非スタンプラリーで、

枕崎の観光とお料理をお楽しみくださいdelicious

2017年2月24日 (金)

今年も開催!デザイン百覧会♪

今日からかごしま県民交流センターで開催される

かごしまデザインフェア2017 デザイン百覧会について

鹿児島デザイン協会 理事の高橋 リエさんに伺いましたhappy01

20170224

実は私がこのデザイン百覧会について高橋さんにお話を聞くのは、3回目flair

毎年私も楽しみにしているこのデザイン百覧会は、

鹿児島で活躍しているデザイナーや企業などが

来てくださった皆さんに作品を見て・聞いて・触って…

五感で楽しんでもらう、そんな催しになっていますsmile

今年は81ブースが県民交流センター2階大ホールに並びますwink

201702242

オープニングセレモニーでは、開場を今か今かと待つ皆さんの

ワクワク感が伝わってきますheart04

201702243

会場入口横では、今回初めての取組み・「Design Avenue」として

鹿児島デザイン協会の皆さんの展示も行われていますhappy01

桜をモチーフに、さらに春が待ち遠しくなる展示でしたよcherryblossom

201702245

201702244

201702246

201702247

201702248

会場内はどこから見て回るか迷ってしまうくらい楽しい空間shine

高橋さんオススメの楽しみ方は、まず1回ぐるりと回ってみて

気になった所で、作家やデザイナーの方と直接話しながら

作品の魅力に触れるというものflair

普段はなかなか接する機会の少ない作り手の方とのお話もきっと楽しいですよねlovely

201702249

中には実際体験出来るものもup

ボディジュエリーで来週の鹿児島マラソンに挑む!というのも良いですねhappy02

2017022410_2

会場内にはこの人もいましたよeye

土曜日、日曜日だけしか開催されないイベントなどもありますので

詳しくはこちらどうぞhappy01

私も今週末はてゲハイフェスとデザイン百覧会を楽しもうと思いますnote

2017年2月23日 (木)

肝付町の高山中学校に誕生した「学習お助け戦隊 コウヤマン」!

皆さんこんにには!ポニー号から赤塚です。

今日は、肝付町に行ってきました。

なぜかと言いますと。。。

肝付町にある、高山中学校に、今月初め「学習お助け戦隊 コウヤマン」という皆さんが誕生されたんです。

今日は、そのコウヤマンのお一人、原田和正さんにお話を伺ってきました。

201702232
原田さん、普段は肝付町文化センターの中にある 教育委員会の生涯学習課で教育指導員としてお仕事をされていらっしゃる方。

高山中学校から出動の要請を受けて、週に二回、学習お助け戦隊コウヤマンとして活動に取り組んでいます。

その、学習お助け戦隊コウヤマンとは、一体どういうものかと言いますと。。。

鹿児島県の教育委員会が進めている「学校応援団」の取組みの一つ。

学校応援団とは、

身近なところだと、学校の周りの清掃や通学路などでの交通安全の呼びかけ、運動会などで建てられる入場門作りなどを始めとする、学校や子供達を支える様々な活動に協力してくださっている地域の皆さんのこと。

平成23年頃から始まった取組みのようで、皆さんの地域にも、それぞれに学校応援団の皆さんがいらっしゃるんですよ^^


今回、高山中学校では、肝付町の学校応援団へ子供達の学習支援としてお助け役を要請し、その要請を受けて、「学習お助け戦隊コウヤマン」が誕生したという経緯。

メンバーは、原田さんを含め3名。元教職員の皆さんで構成されています。

因みに、皆さんそれぞれに担当色があり、原田さんが青色担当。

201702235

(お写真真ん中、吉田さんが黄色担当、お写真右、笠木さんが赤色担当。)

ネクタイの色がそれぞれの担当色になっているんですhappy01

因みに、このネクタイは、高山中学校の教頭先生が用意して下さったんだそう。

そして、「コウヤマン」というネーミングの名付け親でもあります。

というのも、今回の 学習お助け戦隊コウヤマン の仕掛け人になったのが、実は、この教頭先生とのこと。


学校での勉強に中々ついていけないと困っている子供達の為にと、発案した今回の取り組み。

子ども達に親しみやすいネーミングから「コウヤマン」と付けたんだそうですよ。

201702231

(お写真中央は校長の徳重先生、そのお隣が教頭の眞正先生。)

今日は、中継後、高山中学校にもおじゃまさせて頂き、お二人にもお話を伺いました。

眞正教頭先生は、「学校だけでは難しいことも多い中、今回、地域の皆さんにこうやって快く受け入れて下さって、協力して頂けることは本当にありがたいです。」と仰っていました。


そんな、原田さん達 コウヤマンの出動は、週に2回。

学校行事との調整をしながら、2月7日の初出動以後、4回の出動をされたそう。



具体的には、

子供達の学校の授業が終わる 夕方5時頃から学校の図書室を利用してスタートし、1時間半程の内容。

希望する子ども達を対象にしており、1回目は、1年生から3年生までの計17名でスタートし、回を増す毎に少しずつ増えてきているそう。


主に、皆さんの教員時代の担当科目、国語と数学を教えているそうで、

高山中学校の先生たちが事前に準備したプリントの問題を解いて、みんなで答え合わせ。

生徒たちが間違えたところや分からなかったところを、コウヤマンの皆さんがお助け役として個別に解説や指導をしていくという形式。

201702239

その様子がこちら。

201702238

頭を抱える子ども達に、真剣に向き合っている姿が印象的ですねconfident

とても和やかな雰囲気で行われているそうですよbook


子供たちの反応を原田さんに聞いてみると、

「最初は子供達も緊張しているようで、私たちも同じようにとても緊張していましたが、回を増す毎に緊張感もほぐれてきて、子ども達にも笑顔が見えるようになりました。また、子ども達と接することが生きがいでしたから、こういった形で関わることができて私たちも嬉しいです。」

と、本当に嬉しそうにおっしゃっていました。



教頭先生に伺うと、

「子どもたちは、学習を終えて部活動に向かう際には、(勉強してきたぞ!)と、誇らしげに、胸を張って歩いていきます。」とも教えてくれました。


また、原田さんは、

「学校の授業を終えてもまだ、こうやって意欲的に学習に取り組む子ども達を見ていると、私たちも当時を思い出して更に頑張ろうと思いますね!」

ともおっしゃっていて、わざわざ参考書を買ったメンバーもいらっしゃるそうhappy02


因みに、子ども達はコウヤマンの皆さんのことを何と呼んでいるのかと聞いてみると、「先生」とのこと。

ただ、原田さん達としては、少し気恥ずかしくもあるけれど、「コウヤマン」と気軽に呼んでほしい気持ちもあるそう。


3月までを目処に始まった今回の「学習お助け隊 コウヤマン」の取組み。


眞正教頭先生は、

「子ども達の様子を見ながら、4月以降もぜひ続けていけるよう学校側と地域の皆さんと連携を図りながら、検討していきたいですね。」とおっしゃっていました。


《 地域の中にある学校 》ということが、皆さんの話の中から強く伝わってきて、地域の温かさを感じました^^


最後に、原田さんは、

「これからまた、参加する生徒が増えてくると、3人での対応も難しくなってくると思います。そうなると、私たちと一緒に協力してくれるコウヤマンのメンバーも増やしていきたいですね。」

と、おっしゃっていて、今後のコウヤマンのメンバー増員も楽しみなところですlovely

コウヤマンピンク」とか「コウヤマングリーン」とか。。。。


そうなると、教頭先生もネクタイ選びに大忙しなことでしょうね(笑)


戦隊ポーズも決めていただきました!

▼その①

201702234

▼その②

201702236

胸元の青色ネクタイが光りますねhappy02shine


皆さん、今日はありがとうございましたchick


2017年2月22日 (水)

今日は猫の日っ♪

今日は2月22日shine

にゃんにゃんにゃん、猫の日ということで

可愛い猫ちゃんの話題でしたcat

指宿市山川岡児ヶ水にありますペンション・菜の花館にお邪魔して

看板猫ちゃんのお話を伺いましたよkaraoke

ご出演はオーナーの大和田 靖憲さん・仁子(きみこ)さんhappy01

20170222

<開聞岳が目の前に見えるペンションは、天然温泉も楽しめますspa

まずはペンション・菜の花館の看板猫ちゃんをご紹介しましょうshine

201702222

三毛猫の女の子・花子ちゃんheart04

そして、そんな花子ちゃんの娘

201702223

メイ子ちゃんですlovely

花ちゃんは、菜の花館から、花を取って

そしてメイちゃんは5月生まれということで名付けられましたconfident

201702224

201702225

花ちゃんには素敵な特技もあるんですup

宿泊されるお客様をお出迎えするだけでなく、なんと客室までご案内しちゃいますnote

こーんなに可愛い猫ちゃんにお出迎えされたらもうメロメロになっちゃいますよねlovely

お客様全員をご案内…という訳ではないようで、

仁子さん曰く、「自分を可愛がってくれそうな人を案内しているみたい」とのことflair

やはり、野生の勘で猫好きさんを見抜くのかもしれませんねhappy02

ちなみに、大阪からいらしていたお客様にお話伺うと

「出迎えてくれて、さらに部屋まで案内してくれた後、

遊んで欲しそうにしばらくお部屋にいてくれました」ですってsign03

常連さんの名前も覚えていて、「〇〇さんが来るよ!」といえば

朝からそわそわと待ち遠しそうにしているそうで…heart04

そんな様子を聞かされたら常連さんも早々に

「次はいつ来ようかしら?」って考えちゃいますよねsmile

201702226

<私たちに会いに来てにゃcat

そしてペンション・菜の花館には猫ちゃんだけじゃありませんdanger

201702227

201702228_2

<上から龍馬くん、隼人くんshine

可愛いワンちゃんも癒してくれますdog

そしてなんと、ペットと一緒に宿泊する事も出来ちゃうんですhappy01

ペット用も温泉もあるということで、家族みんなで宿泊出来るのは

とっても嬉しいことですよねhappy02

201702229

また、開聞岳を眺めながら入る温泉も素敵shine

2017022210

この時期は夜空も最高なんだそうですmist

ペンション・菜の花館

場所:指宿市山川岡児ヶ水1723-3

電話:0993-35-2007

フラワーパーク側で、看板も出ていますgood

そして、今日の中継はこちらからお聞きいただけますear

皆さん、素敵な猫の日をお過ごしくださいcat

2017年2月21日 (火)

頴娃町からカーネーションを^^2月22日は南九州市フラワーコンテスト!

皆さんこんにちは!ポニー号から赤塚です^^

今日は、南九州市頴娃町から、カーネーションの話題をお伝えしてきました!

201702218

頴娃町といえば、県内でも有数のカーネーションの産地、皆さんご存知でしたか?

頴娃町のカーネーションは県内各地のお花屋さんにも出荷されているんです!

以前は、10戸農家さん程いたそうですが、今は後継者問題などで減ってしまって4戸農家。

それでも皆さんで力を合わせて、頴娃のカーネーションを守ろうと頑張っていますhappy01

4戸農家の皆さんで、合わせておよそ1ヘクタール分のカーネーションを栽培しています。



そんな頴娃町で、明日 2月22日に、南九州市のフラワーコンテストが開催されるんです!

このコンテストは、平成6年頃から毎年開催されており、南九州市内20名以上の栽培農家さんが出品され、花の美しさを競います。


今日は、そのコンテストにも出品される、頴娃町のカーネーション農家 山下尚志さん(中央前方の方)にお話を伺いました。

201702211

今日は、奥さん(山下さんのお隣)、従業員の皆さんと、南九州市役所の農政課の皆さんにもお越し頂きました^^

このビニールハウスの中で、色とりどり、沢山のカーネーションに囲まれて中継をお届けしましたよheart01

201702217

山下さんのカーネーションハウスは全部で4つ。

35Rの広さの土地で栽培しています。

品種は、全22種類にも及びますeyeshine

「どんどん新しい品種にも挑戦して、増やしています。」とおっしゃっていました。


カーネーションというと、母の日の時期に多く目にするイメージ。

ですが、実は、6月~7月に植えつけをして、だいたい10月から6月頃までの間、収穫が出来るんだそう。

そして、少しづつ温かくなってくる今の時期が一番キレイに咲くんだそうhappy02

コンテストの時期にピッタリいいものが出来るんですねlovely

山下さん、今年のコンテストには、22種類 全ての品種を出品されるとのこと!!!!

出品する数に限りはなく、品種が違えばいくつでもOKな決まりのよう^^



その中から、今日はいくつかご紹介頂きましたflair

まず1つ目。

通称 クレイジー という品種。

色によって、

201702213
クレイジーピンクテッシノ

201702212

クレイジーパープルテッシノ

と、呼び名も分けられているんだそう。

花びらの形や蕚の部分が広がっている独特な姿から、その名がついたとも言われています。

この品種を生産しているのは、県内では山下さんだけなんだそうhappy02



そして、2つ目。

スターフラッシュ

201702216

花火のような形の花が特長。面白い形のカーネーション。

山下さん、こちらは今年初めて作ってみたそう。

「綺麗に咲いてくれました。」と、嬉しそうにおっしゃっていましたhappy01


そして3つ目。

ホクト

201702214

純白のカーネーション。

大きく広がった花びら。気品溢れる品種でした^^

実は、このカーネーション、先日2月2日に県民交流センターで行われた

鹿児島県のフラワーコンテストで、特別賞に入選したんです!

鹿児島県花卉園芸農業協同組合長賞 に輝いたそう。

10本の切花にして、花の形の美しさや、害虫による傷、色の美しさなど、色々な項目で審査されるんだそう。

今年は、「特にきれいに咲きました。」と、自慢げに話していましたよgeminishine



明日2月22日に頴娃町で行われるのは、南九州市のフラワーコンテスト。

頴娃農村近代化センターで行われます。

午前中にコンテストが行われ、午後1時から2時までは皆さんにも見ていただけるよう展示がされているとのこと。

カーネーションの他にも。南九州市内の花卉栽培農家の皆さんが丹精込めて育てた旬のお花が数多く並びますtulip

ぜひお時間ある方は、見に行ってみてくださいvirgo