« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月16日 (火)

ふるさとの食たっぷり かごしま4(2016/2/16放送)「黒豚缶詰」

お邪魔したのは、鹿児島市の谷山港にある鹿児島ミート販売です。

Kago4_160216_1

鹿児島ミート販売は、1972年に設立され飼料作りから豚の生産、加工、販売まで行っていて、年間およそ10万3000頭の豚を出荷しています。

Kago4_160216_3

頴娃町にある自社農場では、普段およそ3万頭を超える豚を飼育し、「かごしま黒豚さつま」というブランドとして、こだわりの豚を育てています。

Kago4_160216_4

そんな鹿児島ミート販売が、販売する人気のお土産が「黒豚缶詰グルメカップシリーズ」です。

Kago4_160216_5

鹿児島ミートグループ事業所管理課 松元亜香里さん
「肉は冷蔵品なのでなかなかお土産として持って帰ってもらえなくて、どうやったら皆さんに手にとってもらえるかなということで運びやすい缶詰タイプに」

Kago4_160216_6

缶詰は5種類。黒豚のホルモンをトマトソースで煮込んだものや、黒豚を白ワインと香辛料で煮込んだものなどがあり、パッケージには、その料理の国旗がデザインされています。

Kago4_160216_7

なかでも、島津家の家紋が入った「黒豚軟骨の甘辛醤油煮」。この使われている軟骨は、1頭から2個しかとれないという希少部位の羽子板軟骨とよばれるものを使っています。

Kago4_160216_9

Kago4_160216_10

缶詰、試食させてもらいましたよ。そのまま食べても十分おいしいんですが…

Kago4_160216_11

「こちらがアレンジメニューです。すごいメニューですね。お店のコースとしてでてきそう。」
サラダにパスタ、タコライスにどんぶりなどなど缶詰を使ったアレンジメニューを準備していただきました。

Kago4_160216_12

Kago4_160216_13

Kago4_160216_14

缶詰を使ったアレンジメニューは、今では30種類を超えているんだとか。しかも缶詰の味を生かしていて、他に調味料はほとんど使っていないのでお手軽簡単料理。女っぷりも上がります!

Kago4_160216_15

この「黒豚缶詰グルメシリーズ」は、鹿児島空港、鹿児島中央駅、桜島サービスエリアや丸やガーデンズなどで販売しています。
黒豚を余すことなく使ったこの缶詰。県外へのお土産はもちろんですが、ご紹介したアレンジメニューで食卓を彩ってみてはいかがでしょうか。

2016年2月10日 (水)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2016/2/9放送)桜島大根チップス編

今が旬の「桜島大根」

以前、ブリ大根や干し大根としては紹介しましたが、さらに進化して、

なんと「チップス」になっているんですね。

旬の桜島大根とチップスを販売しているお店を取材してきました。

鹿児島市内からフェリーでおよそ15分の桜島。

Zuba160210_1

チップスに使われている桜島大根は島で作り始めて8年になる

「猪飼農園(いかいのうえん)」のものを使っています。

Zuba160210_2

およそ1200坪の畑に植えられている桜島大根。

Zuba160210_3

鹿児島市街地側に住む猪飼修さんが毎週末畑に通って、丹精込めて育てた大根です。

猪飼農園 猪飼修さん

「どんなに煮ても煮くずれしなくて、噛んだらすごく柔らかいですね。

みなさんに旬の時に買ってほしいです。本物をとにかく味わってほしい。

できれば無農薬。せめて無農薬で。」

Zuba160210_4

無農薬栽培にこだわってきた猪飼さん。

今年収穫する大根は、さらに化学肥料も使わずに作りました。

猪飼さんのこだわりのつまった桜島大根。おすすめの食べ方も聞きました。

猪飼さん

「おすすめは刺身のケンみたいにおろして、塩をちょっと入れて揉んで

辛子明太子と混ぜると、和えるとすごくおいしいです。

もうひとつ、若い人たちにはマヨネーズをちょっといれるといいみたいです」

Zuba160210_6

桜島大根は郷土の食文化を支えてきた

「かごしまの伝統野菜」として県も認定しているほか全国的にも

知名度は高い野菜ですが、今は地元でも食べる機会が少なくなっていることに

危機を感じているといいます。

桜島大根を作る一方で、その状況を少しでも改善できたらという思いで

鹿児島市の企業と作ったのが「桜島大根チップス」でした。

猪飼さん

「水分が多いから(チップスには)どうかなと思ったんですが、吾空の浦田社長が

やってみましょうということで。私も何か形にしてもらいたかったからね。

でも桜島チップスもいいですけど、この旬のときにとにかく桜島大根んを食べて

この時期になったら桜島大根食べてみたいなと文化継承というんですか。

そういう食文化の継承をしてほしいですね。」

Zuba160210_7

その「桜島チップス」は販売元となっている鹿児島市の下荒田のお店や

市内の百貨店、空港などで販売されています。

 

Zuba160210_8

Zuba160210_9

Zuba160210_10

Zuba160210_11

桜島大根をはじめ6種類ある「かごしまチップス」は

県内産の野菜やきびなごを低温真空フライ技術で「チップス」にしたもので

与論島産の塩のみで味付けしています。

鹿児島の豊かな素材の味を手軽に味わえることも人気です。

Zuba160210_12

Zuba160210_13

Zuba160210_14

販売が始まったおととしと去年は

県特産品コンクールに2年連続で入賞しました。

Zuba160210_15

Zuba160210_16

※株式会社吾空 浦田社長

「素材の旨み成分というのがここまで残せてチップス化できるのは

すごいと改めて思った。地元に住んでいればこそ、そのありがたさというのが

分からず、ここまできていたんだなというのを改めて自分でも思う所でした。」

サイズや金額からも観光客や帰省客がお土産として手に取ることも多く

県外からの問い合わせも増えているといいます。

※株式会社吾空 浦田社長

「関東関西地区に団塊の世代の方々ですね。懐かしんで電話が来て、

大きな大根はちょっと難しいけど、チップスになった大根は食べてみたから

送ってくださいという話や問い合わせはあります。」

Zuba160210_17

鹿児島の代表的な野菜のひとつ「桜島大根」

料理として食べてもよし、チップスとしてもよし。

歴史ある野菜が、新たなかたちとして広がっています。

Zuba160210_18

Zuba160210_19