« ふるさとの食たっぷり ズバかご(2015/10/13放送)「長島町のブリ」 | メイン | ふるさとの食たっぷり ズバかご(2015/11/19放送)曽於市「ガネ」 »

2015年10月31日 (土)

離島の魚

10月31日から県内各地で、国民文化際が始まりました。

全国から訪れる人たちを「食」の観点からも盛り上げようと

この度、新しいメニューが開発されたんです。

キーワードは「離島の魚」です。

先日、鹿児島市で行われたメニューの発表会。

Kago4_141030_01

「離島の魚」フェアと題して、県調理師協会が

「おもてなしの気持ち」と「離島の活性化」をテーマに企画しました。

Kago4_141030_02

県内20の飲食店やホテルで提供されるメニューは

離島の魚を使った「海鮮丼」と「あら煮」です。

Kago4_141030_03

Kago4_141030_04

会には離島出身者も招かれ、ふるさとの自慢魚を生かした料理を

堪能していました。

Kago4_141030_05

なかでも、トカラ沖でとれる魚が本土でも食べられるようになったのは、

創業64年、鹿児島市に本社を置く山口水産が2011年、

十島村と十島村漁協共同組合と協定を結んだことにあります。

Kago4_141030_06

Kago4_141030_07

Kago4_141030_08

魚を新鮮な状態のまま食べてもらおうと

2013年中之島に水産物処理施設ができました。

これらの魚を使った「離島の魚フェア」を行う店の一つが

ホテル京セラ内にある日本料理 京はるかです。

Kago4_141030_11

フェアのメニュー「海鮮丼」にはトカラ沖でとれ、

急速冷凍されたタルメやマグロなどが使われます。

Kago4_141030_12

Kago4_141030_13

トカラ沖でとれた魚を中心に7種類。

これらのお魚をごまダレじょうゆでいただきます。

またトビウオからとったスープ・あごだしをかけて

あっさりといただくこともできます。

フェアのもう1つのメニューあら煮は

Kago4_141030_14

普段県内ではあまり出回っていない奄美産の本マグロのかまが使われ

調理法は普段と少し変えているそうです。

こだわって作られた「奄美の本まぐろのあら煮」セットです。

Kago4_141030_15

国民文化祭をきっかけに鹿児島の離島の魚を多くの人に味わって

もらおうと意気込みます。

Kago4_141030_16