« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2015/9/21放送)「鹿児島のお土産」

鹿児島の陸の玄関口、JR鹿児島中央駅構内にある「みやげ横丁」です。

Kago4150921_1

郷土菓子の「かるかん」は種類もたくさんあります。

Kago4150921_2

そして「白くまのクッキー」や「氷の白熊」もありましたよ。

Kago4150921_3

Kago4150921_4

定番のものから、新商品までえいろいろありますが

Kago4150921_5

中でも注目したのが

「こちら、西郷せんべいです。この昔ながらのデザインと大きさにちょっと、

ほっとしますけど、こちらも人気のお土産なんだそうです。」

Kago4150921_6

お店の人によると西鹿児島駅があったときから販売していて

幅広い世代に売れているといいます。

また最近は、すぐに食べられる2枚入りのものが若い女性に人気だということです。

見た目のインパクトもある西郷せんべい。

Kago4150921_7

そのルーツを調べてきました。

Kago4150921_8

本家文旦堂 営業部 上水流亮総括部長

Q、いつぐらいからつくられているお菓子なんですか?

A、記録がはっきりとは残っていないんですが、はっきりと分かるのが

50年以上前からは作られて販売させていただいているというのはデータとして

残っている。

Kago4150921_9

Q、なぜ大きなせんべいに?

A、西郷さんのされてきたことや偉大さを表すために大きなせんべいで作っていこうと

Q、このパッケージデザインも昔から変わらない?

A、全国の方の知名度で考えれば、上野にある西郷隆盛像ですね。

あちらの方が知名度が非常に大きいというところから、あえて

鹿児島の軍服姿の銅像ではなくて、ゆかた姿をパッケージにいれさせて

もらっています。

Kago4150921_10

ルーツを学んだ後は、実際に作っている工場を見せてもらいました。

Kago4150921_11

本家文旦堂 福盛工場長
「鉄板の上に、定量を押し出して、上から、型のついた鉄板をかぶせて
その型にとって広がって焼きあがる。」

Kago4150921_12

昔から変わらない製法で1日におよそ1万枚作られる西郷せんべい。

たまごたっぷりの生地を焼き上げた後、最後に西郷さんの焼印を押したら

完成です。

Kago4150921_13

福盛さん

「修学旅行とか、いおおあい買っていただけるんですけど、お土産で持って帰った

生徒さんたちなんかが、両親にみせたら両親のほうが喜んだとかですね。

そういう話を聞けばやっぱり嬉しいですしね。

鹿児島の伝統あるお菓子として、この味を守っていかなきゃと思っているし、

もっと広く全国の方に知ってもらいたいなと思っていますね。」

Kago4150921_14

一方、こちらは鹿児島市の天文館にあるかごしま特産品市場「かご市」です。

県内各地で次々と開発される特産品。およそ1100品が販売されています。

Kago4150921_16

Kago4150921_17

かごしま特産品市場かご市  山崎道夫支配人

「自分のご出身の商品をお目当てに来られたり、たまたま来て、

離島の商品、おもしろいのがあるねと買っていかれたり、いろいろな選択を

してもらっています。」

お客さんは観光客だけでなく地元の人も多く訪れるということで

お土産だけでなく、「ギフト」として鹿児島の味を県外に送られる人も多いようです。

Kago4150921_18

Kago4150921_19

かごしま特産品市場かご市  山崎道夫支配人

「自由に商品を選んだものを発送できますので、焼酎とお菓子の詰め合わせとか。

いろんな詰め合わせをして送られていますね。豚味噌とかきびなごを使った製品で

あるとか、離島の黒糖であったり鹿児島らしい商品が一番動いていますね。」

お土産で伝える「鹿児島らしさ」定番のものから、次々に開発される新しい味で鹿児島の食の

魅力を感じてみてください。

Kago4150921_20

2015年9月15日 (火)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2015/9/15放送)「えっがね祭り」

肝付町は旧内之浦町と旧高山町が合併してから今年で10周年。

Zuba150915_1

今月から始まった「えっがね祭り」で町は賑わいを見せていました。

Zuba150915_2

「肝付町内之浦にやってきました。町の中ではえっがね祭りののぼりをみかけたんですが、

こちら活魚センター実際に伊勢えびを買うことができるんです。」

Zuba150915_3

先月21日にイセエビ漁が解禁になった内之浦。

内之浦漁港では年間およそ10トンの水揚げがあり

県内トップクラスなんだそうです。

Zuba150915_5

えっがねと呼ばれるようになったのは「縁起のいいカニ」や「エビとカニの中間」など

諸説あるそうです。

Zuba150915_7

生きのいいイセエビをみせていただくことに・・・。

Zuba150915_6

夜行性のため満月のときは捕れないそうですが、内之浦のえっがねの特徴としては

波の荒い太平洋でとれるため身がしまっているとのこと。

Zuba150915_8

えっがねをさばいて食べてみたい!という方は、

内之浦漁港内の活魚センターで購入することができます。

Zuba150915_9

続いてはえっがね祭りで料理を提供している5つのお店のうちの1つ

コスモピア内之浦です。

Zuba150915_10

肝付町でおこなわれているえっがね祭りは、

来月12日まで肝付町内5つの飲食店やホテルなどで提供されています。

Zuba150915_12

Zuba150915_14

Zuba150915_15

ご紹介したコスモピア内之浦などのえっがね定食は予約が必要な店もあります。

他には、湯の谷温泉、いなかのお店、潮騒荘、旅館ふくのやニューロケットの

合わせて5店舗で提供していて全店共通の4000円です。

漁によってえっがね定食を提供できない場合もあるそうなので、

それぞれの店舗に問い合わせたほうが良さそうです。

さらに今月の20日は内之浦漁港でえっがねのイベントがあります。

えっがねのみそ汁の振る舞いやえっがね重量当てクイズ、

さらにえっがねや鮮魚の即売会など、内容盛りだくさんのイベントと

なっているようです。