« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月13日 (金)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2015/3/13放送)「かのやカンパチ」

錦江湾で養殖されている魚「カンパチ」。

鹿屋市の「かのやカンパチ」は、かごしまのさかなにも認定されています。

そのカンパチを使った食を紹介します。

Zuba150313_01

やってきたのは、鹿屋市大手町のリナシティかのや。

1階には、鹿屋市と大隅地域の観光物産情報コーナーがあって、特産品などがたくさん販売されています。

Zuba150313_02

かごしまのさかなにも認定されている「かのやカンパチ」

お刺身で食べたりするのはもちろんですが、気になったのがこの「ふりかけ」

Zuba150313_03

カンパチの養殖業者で鹿屋漁港近くで製造している

「有限会社 芳恵丸」を訪ねました。

Zuba150313_04

カンパチを薫製させた商品で2007年にかごしまの新特産品コンクールで県知事賞を受賞。

Zuba150313_05

Zuba150313_06

その後もさまざまな商品を作っていて、2年ほど前に、カンパチの中落ちを燻して作る「カンパチ燻しふいかけ」が誕生しました。

Zuba150313_07

Zuba150313_08

バーナーで火をつけたら、じっくりと時間をかけて燻していきます。

Zuba150313_09

燻し終わったあとは、細かくほぐしてフライパンで水分を飛ばします。

Zuba150313_10

その後、一ヶ月ほど冷凍したのち、もう一度炒って、ゴマなどを入れて完成です。

Zuba150313_11

Zuba150313_12

鵜瀬さん「普通のふりかけより塩分を抑えてある。薄味にしたのは、よけいにかけてもらおうと思って」

Zuba150313_13

県知事賞を受賞した「Kanpachikun」も試食させていただきました。

Zuba150313_14

口の中で燻された香りがすごく広がります。肉厚でカンパチの脂がしっかりのっています。

Zuba150313_15

鵜瀬さん「名産地には名商品を作りたい!という思いから、ふりかけとか薫製とかを作っています。カンパチのふりかけを食べることによって、実際のカンパチを食べてもらうとか、そういう努力をしないと今後、我々の生き残る道はなくなってくるんじゃないのかなという危機感から作っている」

Zuba150313_16

他の大隅の特産品とも組み合わせたギフトもあります。

鵜瀬さんの思いが詰まったこのふりかけ。ぜひ味わってみて下さい。

2015年3月11日 (水)

ふるさとの食たっぷり かごしま4(2015/3/11放送)「豚ばら丼」

鹿屋市では今、ご当地グルメとして「丼」、「豚ばら丼」が

広がりをみせているんです。

まずやってきたのは鹿屋市役所です!

Zuba150311_01

新ご当地グルメ「豚ばら丼」を発案した福井鹿屋副市長を訪ねました。

Zuba150311_02

Zuba150311_03

豚ばら丼にかける思いが強すぎて、苗字の「井」という漢字を「丼」に

変えたそうで、さらに名刺をよーく見てみると‥

Zuba150311_04

その「丼」という漢字、真ん中い打たれた点は豚の鼻、

そして、豚のしっぽまであるというこだわりようです。

Zuba150311_06

福井鹿屋副市長

「鹿屋は全国屈指の豚の産地、豚を身近に感じるものができないか、

そして鹿屋はバラの町ということで豚ばらとバラでダジャレでいけるのでは。」

Zuba150311_07

Zuba150311_08

ダジャレで生まれたという豚ばら丼、作る際の条件があります。

「1、鹿屋の豚ばらをメインに使う

Zuba150311_09

 2、どこかにバラを表現してもらう

Zuba150311_10

 3、一番大事、丼の中に鹿屋への愛情を注ぐ

Zuba150311_11

その豚ばら丼を求めてお邪魔したのが、鹿屋市の焼肉陣力です。

Zuba150311_12

「豚ばら丼」は現在2店舗で販売していますが

こちらでも販売をスタートさせるんです。

もともと肉屋だったというこちらの店は、

現在焼肉やとして営業。焼肉屋。陣力の作る豚ばら丼は‥。

Zuba150311_13

Zuba150311_14

ほか2店舗の「豚ばら丼」ですが、

鹿屋市のかのやばら園内にあるレストラン・ローズダイナーは、

ソースにバラの花びらが漬け込んでいるほか、

かぶでバラを表現していたり、

Zuba150311_18

空港基地資料館横にある観光物産総合センターでは

Zuba150311_19

生姜でバラを表現した、つゆだく丼だったりと

お店の個性を楽しむことができます。

この鹿屋市の「豚ばら丼」ですが

3/14,15、福井県で全国の丼が集まる

「ワール丼カップ」に参戦するそうです。