« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月18日 (金)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2014/7/18放送)「ぶっかけつけ揚げ冷麺」

いちき串木野市といえば、まずは「つけ揚げ」(さつま揚げ)ではないでしょうか。
そのつけ揚げを使った新しいグルメも紹介します。

Zuba140718_01

小判型をしたもの、棒状の形やサツマイモ入りなど、いろんな食材とも合うつけ揚げは
鹿児島を代表する食べ物と言えます。

Zuba140718_02

その「つけ揚げ」発祥の地とも言われるいちき串木野市にはつけ揚げを販売するお店がたくさんあります。
いちき串木野市のつけ揚げの特徴を『日高水産加工』でお聞きしました。

Zuba140718_03

Zuba140718_04

Zuba140718_05

日高水産加工・久木山睦男社長
「豆腐がたくさん入っている部分と、地酒と甘酒を結構使っています。
食感的にはソフトな、お茶菓子にもなるようなさつま揚げが、いちき串木野市の特徴だと思います。
家庭で昔から作っていたもの。夕方になるとこどもがすり鉢をもって、ごりごりやっている風景が見られました。」


また、いちき串木野市のつけ揚げは種類も豊富。今回新しいつけ揚げを頂いてみました。

Zuba140718_06

つけ揚げの上にはチーズ・・・

Zuba140718_07

中にはじゃがいもやかぼちゃ、ネギも入っていて美味しかったです。

Zuba140718_08

そしてこの夏、いちき串木野市の二つの飲食店グループが「つけ揚げ」などを使って新しいグルメを開発。
その名も「ぶっかけつけ揚げ冷麺」です。

その料理のために作られたつけ揚げが「紅ショウガ入り」「こが焼き風」「かき揚げ風」の三種類のつけ揚げです。

Zuba140718_09

飲食店の人たちの意見を取り入れながら作ったのが、この三種類のつけ揚げだそうです。

Zuba140718_10

Zuba140718_11

Zuba140718_12

「かき揚げ風」を試食してみました。
食感がふわふわして…野菜がたくさん入ってるので口の中でシャキシャキしたり
じゃがいもの風味が広がったり、青海苔の味もしっかりしています。

Zuba140718_13

Zuba140718_14

日高水産加工・久木山睦男社長
「各お店で『ぶっかけつけ揚げ冷麺』のスープが違いますので、邪魔をしない程度の味付けでないと。
スープが壊れてしまうと美味しさがなくなりますので。
(つけ揚げは)生で食べるのが一番美味しいのですがいろんな料理に使っていただくことで、違う風味が出たりします。
食べ方の提案という部分でも情報発信をしていきたいと思っています。」

Zuba140718_15



三種類のつけ揚げを使った、新しい夏のご当地グルメ
『ぶっかけつけ揚げ冷麺』を頂けるお店に行ってきました。訪れたのは『焼酎蔵 薩摩金山蔵』の『お食事処ほたる庵』です。

Zuba140718_16

8月いっぱいまで串木野市内の8店舗で食べることができる、ぶっかけつけ揚げ冷麺は
使う麺や具材に条件がありますが、味付けや提供スタイルは各お店で工夫を凝らしています。

Zuba140718_17

Zuba140718_18

Zuba140718_19

温泉玉子を混ぜて、しょうゆベースのタレをかけて頂きます。

Zuba140718_20

紅ショウガ入りのつけ揚げは、ほんのりとした甘みにショウガのピリッとした感じ。

Zuba140718_21

麺は歯ごたえがしっかりしていて、もちもちしています。
タレとからめると、さらに食べやすくて美味しいです!

Zuba140718_22


Zuba140718_23

Zuba140718_24

焼酎蔵 薩摩金山蔵・大脇野乃花さん
「今までほたる庵では、こういう冷たい麺を出していなかったので、メニューの注文が多いです。
やっぱり焼酎蔵金山蔵として、お酒の後にシメで食べられるような、『ぶっかけつけ揚げ冷麺』になっています。
いちき串木野市の食文化と薩摩金山蔵の焼酎文化と一緒にいこうと思っています。」



いちき串木野市にはちょっとめずらしい「きのこ入り」や「よもぎ入り」のつけ揚げもあるんですよ。

Zuba140718_25

『ぶっかけつけ揚げ冷麺』は、8月31日までの限定メニューで、いちき串木野市の8店舗で頂けます。

Zuba140718_26

Zuba140718_27

2014年7月10日 (木)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2014/7/10放送)「夏そば」

今回は志布志市にお邪魔してきました。
志布志の食と言えば、最近では「ハモ」が注目を集めていますが
今回注目したのは、「そば」です。

Zuba140710_01

志布志市は、大隅半島の東部、宮崎県との県境にあり志布志湾に面しています。
そんな志布志市が取り組んで4年目となるのが「夏そば」です。

Zuba140710_02

そばの品種は、「春のいぶき」で、3月下旬に種をまき6月上旬に収穫します。

Zuba140710_03

Zuba140710_04

志布志市は、比較的温暖な気候なのでそばの作付けには適しており、
今年はおよそ10ヘクタールから4.8トンのそばが収穫されました。

Zuba140710_05



先月30日には、志布志市の安楽山宮神社で出来立ての「夏そば」が振舞われました。
この日に食べるそばは特別なんですよ!

【夏越しそばまつり】

Zuba140710_06

Zuba140710_07

12月31日は年越しそばを食べますが、その半分にあたるのが
6月30日ということで、この日に食べるそばは、
志布志市では夏を越すそばと書いて「夏越しそば」と呼んでいるんです。

Zuba140710_08


そして、今月1日からは「夏そば」としていよいよスーパーで販売が始まりました。

Zuba140710_09

初日に行われたセレモニーには、志布志市の本田市長も参加し、夏そばが振舞われました。

Zuba140710_10

店内でも多くの人が試食していました。

Zuba140710_11

Zuba140710_12

志布志市役所 企画政策課・児玉祥一郎さん

「そばに含まれる栄養価が夏を乗り越えるのにふさわしいので
そばだけでなくそばをゆがいたそば湯まで飲んでほしい。
志布志では(夏そばを)ブランド化して、夏そばを通じて志布志をPRしたい。」



夏そばは、志布志市内の飲食店でも提供しているということで、
まずは『国民宿舎ボルベリアダグリ』にお邪魔しました。

Zuba140710_13

Zuba140710_14

国民宿舎ボルベリアダグリ・堂地幸一郎調理課長

「去年まで普通にざる蕎麦で出していたんですが、今年から新しい目線でということで、
ぶっかけタイプのものにしています。」

Zuba140710_15

蕎麦の上には大根、みょうが、大葉が盛り付けられていて夏場にはぴったり。
コシがあって、口に入れた瞬間にふわっと蕎麦の香りがします。

また、こちらのセットには、ハモまでついているんです。
朝一番に獲れたハモをお昼に提供しているそうです。

Zuba140710_16

夏そばにハモ、志布志の魅力がたっぷりと詰まった素敵なセットになっていました。

Zuba140710_17



続いてお邪魔したのは『カフェ・ドゥ・レーヴ』です。
こちらのそばは少し変わっているんですよ。

Zuba140710_18

生ハムを使った冷製のパスタをイメージしたお蕎麦です。
味付けはポン酢で和風になっています。

Zuba140710_19

フォークとスプーンで頂きます。

Zuba140710_20

生ハムの塩気と蕎麦がマッチしていて、パスタっぽいけれどしっかりと蕎麦の味もします。

Zuba140710_21

Zuba140710_22

カフェ・ドゥ・レーヴ・佐野陽彦さん

「夏そばは志布志に広まってきてるみたいで、夏そばを毎年待ってる方もいらっしゃいます。」


この夏そば、量が限られていますので、スーパーや飲食店での提供は8月いっぱいまでということです。

Zuba140710_23

夏そばは、志布志市の飲食店17店舗で提供しています。
ご紹介したホテルやカフェのほかにも居酒屋やスナックなどそれぞれのお店の個性が楽しめそうです。
また、県内全域の生協コープかごしまや、Aコープでも販売しています。

Zuba140710_24