« 開局記念SP「ふるさとの食たっぷり」 萬田農園発!ふるさと新グルメ | メイン | 開局記念SP「ふるさとの食たっぷり」 奄美大島・待ち網漁 »

2013年10月19日 (土)

開局記念SP「ふるさとの食たっぷり」 枕崎のチョット変わったダシ

10/12(土)MBC開局60周年記念SP「43市町村全部見せます!ふるさとの食たっぷり」
に登場したた各地の「食」をご紹介♪

枕崎市からは、ちゃんサネさんが「枕崎のチョット変わったダシ」を紹介します。

00_3

かつお漁が盛んな枕崎。

01_2

基幹産業の鰹節生産は、年間およそ18,800トン。

日本一の生産量を誇ります。

02

ちゃんサネさんが向かった先は、その枕崎の美味しいモノがそろうお魚センター。

03

今日、水揚げされた新鮮な魚が並びます。

04_2

お魚センターには、いろんな種類のかつお節が数多く並びます。
こちらは、観光客ばかりではなく地元の方も利用しています。

            
ちゃんサネさんが発見したのは「鰹せんじ」。

05

鰹節と深い関わりがある「鰹せんじ」。ということで、鰹節を製造している 

昭和3年創業の「マルモ」を訪ねました。 

06

鰹節を製造して50年以上の大茂健二郎会長に聞きました。

07

08        

生切りの後、鰹を茹でる工程に入ります。
かつおを茹でた茹で汁が「せんじ」の素。

09

ここで、一端「せんじ」の話は置いといて…

鰹節が出来るまでを拝見。                 

先ほど煮たかつおを骨抜きした後、火で炙り、燻製のようにしていきます。

10

それを何度も繰り返し鰹節になっていくのです。    
           
表面を削り鰹節の完成です。
こうして、枕崎の特産品 鰹節ができあがります。

11

さて、話は「せんじ」に戻り、別な工場へ。

案内されたのが鰹センジを製造している「ボニト食品」。

12

こちらの工場で、鰹の茹で汁が何日も煮詰められ「せんじ」になるのです。

13

マルモ 大茂会長
「せんじには、300年以上の歴史がある」
「鰹節をつくる工程の中でどうしても煮汁が出来る。その煮汁を捨てるのはもったいない」
「これをなんとか食べるものにしようということで、せんじが出来た」

現在でも昔ながらの方法で「せんじ」を作っているところもあります。

14

昔は、一般的な調味料として使われていた鰹せんじ。

この鰹せんじを使った料理とは、一体どんなものがあるのか?

15

今回、枕崎に伝わるチョット変わった食べ方をする料理を再現してもらいました。
協力してくださるのは、枕崎在住の園田晴美さん。

16

まずは、もっともポピュラーな鰹せんじの湯豆腐。

17_3

枕崎の一部地域に伝わる「ひっかけそうめん」。 

20

見た目は、普通のそうめんと変わらないのですが、その食べ方が
ちょっとユニークなのです。          

昔は、両手にもってしゃぶりながら食べていたというひっかけそうめん。
鰹せんじの味がきいています。

18

鰹の町枕崎で古くから使われていたといわれる鰹せんじ。

19

鰹のエキスがしみこんだ珍しい調味料です。