« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

くらしの味暦 「いせえび」8/30放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  8/30放送「いせえび」

130830_1

130830_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年8月28日 (水)

「変わる!鹿児島 食の挑戦」「薩摩鴨」をブランドに(2013年8月27日放送)

鹿児島で開発された「薩摩鴨(さつまがも)」です。飼育から加工、販売まで一貫体制で取り組み、一次産業の農業、二次産業の加工、三次産業の販売が結びついたいわゆる六次産業の先駆的な取り組みとして注目されている曽於市の企業の取り組みを取材しました。

2013年8月26日 (月)

くらしの味暦 「ツノコ」8/23放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  8/23放送「ツノコ」

130823_1

130823_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年8月22日 (木)

「変わる!鹿児島 食の挑戦」シソジュースで地域おこし(2013年8月20日放送)

シソを使ったジュースで地域おこしを進める薩摩川内市の集落の取り組みです。

2013年8月17日 (土)

くらしの味暦 「といもがら」8/16放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  8/16放送「といもがら」

130816_1

130816_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年8月14日 (水)

「変わる!鹿児島 食の挑戦」海外も注目 乾燥野菜で大隅半島を元気に!(2013年8月13日放送)

逆転の発想で異業種から食品加工に参入し、大隅の農業活性化につなげようと挑戦を続けている鹿屋市の企業です。

2013年8月10日 (土)

くらしの味暦 「かいのこ汁」8/9放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  8/9放送「かいのこ汁」

130809_1_2 130809_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年8月 7日 (水)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2013/8/6放送)「がねんつけあげ」

ズバかごでは県内の物産館や特産品売り場を訪ねて地域色豊かな
食べ物をご紹介していきます。

今回はいちき串木野市の市街地から北西に位置する
羽島地区へ行って来ました。

市街地から車でおよそ10分ほど走らせてやってきたのは
899世帯、およそ1900人が暮らす羽島地区です。

Zuba130806_1_2

羽島地区は、江戸時代薩摩藩の若者20 人が
薩摩藩英国留学生としてイギリスへ旅立った地としても知られています。

Zuba130806_2

羽島漁協内にある物産館「うんのもん」は、
2009年に漁協内にあった小さな売店を改装してオープンしました。

Zuba130806_3

物産館内は、羽島沖で獲れた魚をメインをした海産物のほかに
地元産の野菜、そして地元の方々が作る品数豊富なお惣菜などが並びます。

Zuba130806_4_2

しかも、このお惣菜…よく見ると作られた方の名前で
「さやこ風」とか「りょうこ風」という名前がついています。
お客さんの中にはお名前を指名して買われる方もいるそうです。

その日にあがったばかりの魚もいろいろ並んでいます。
その中でもこの時期一番獲れる魚がこちら

Zuba130806_6
「ふっとんたん」です。
この「ふっとんたん」9割は下関のほうに送られるという事で
残りのほとんどは地元やいちき串木野市近辺で消費されるそうです。

あまり骨のない魚で、刺身やから揚げ煮付けなど、食べやすい魚なんだとか。
今回は刺身で頂いてみました。

Zuba130806_7

獲れる時期は9月上旬頃までとのことですが、
天候によってはあがらない時もあるとのことです。

そして、羽島地区に昔から伝わる「がねんつけあげ」は
Zuba130806_8
毎回かならず売り切れるそうです。

うんのもんに出している川田屋のがねんつけあげは
近くに住む、川田多喜子さんと川口良子さんの二人が
毎日手作りしています。

Zuba130806_9

材料は、サツマイモとショウガ。
そこへザラメと玉子、塩、うすくち醤油、小麦粉を入れて混ぜます。
ザラメを溶かすため、一日寝かせてから油で揚げます。

Zuba130806_10

直径60センチほどの大きな鍋に、一つ一つじっくりと揚げること
およそ10分。
まあるい形の「がねんつけあげ」の完成です。

Zuba130806_12
羽島地区の料理には欠かせない「がねんつけあげ」
時には県外からも注文があります。

2013年8月 3日 (土)

くらしの味暦 「蔓もの野菜」8/2放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  8/2放送「蔓もの野菜」

130802_1_2

130802_2_3

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋