« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

「変わる!鹿児島 食の挑戦」海外も注目 米粉100%パン(2013年7月30日放送)

米から作る米粉100%の製品作りにこだわった製粉メーカーの取り組みを紹介します。

2013年7月26日 (金)

くらしの味暦 「冷しぞうめん」7/26放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  7/26放送「冷しぞうめん」

130726_1

130726_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年7月24日 (水)

「変わる!鹿児島 食の挑戦」桑に注目 取り組み広がる(2013年7月23日放送)

かつて養蚕が盛んだった頃、蚕の飼料として栽培されていた桑ですが、
その桑の可能性に着目した新たな取り組みが始まっています。

2013年7月23日 (火)

くらしの味暦 「いか」7/19放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  7/19放送「いか」

130719_1

130719_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年7月13日 (土)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2013/7/12放送 )「ご当地ソフトクリームの第2弾」

ズバかごでは県内の物産館や特産品売り場を訪ねて地域色豊かな
食べ物をご紹介していきます。

今回はご当地ソフトクリームの第2弾です。
大隅半島を南下してきました。

東九州自動車道の末吉財部インターを降りて、およそ5分でみえてくるのが
「道の駅すえよし」です。

Zuba130712_1_2 

養蜂場が販売するソフトクリーム。

Zuba130712_2
北海道のノルデック牧場直送のバニラに、生産量九州一の曽於市のゆずと、
国産の旬のはちみつを混ぜ合わせたソースがかかっています。

続いては大崎町のあすぱる大崎にお邪魔しました。

Zuba130712_3

あすぱる大崎で販売されているマンゴーソフトクリーム。
その隣では、マンゴーの販売も行われています。

Zuba130712_4

続いて訪れたのは、鹿屋市のかのやばら園です。

Zuba130712_5

7/12日現在ばらは全体のおよそ4割が咲いている状態だということでした。
そんなばら園では2006年にグランドオープンしてから
「ばらソフトクリーム」の販売を始めました。
 
Zuba130712_6

またかのやばら園では、白熊ならぬ薔薇熊も販売しています。
薔薇熊には、ばらのシロップと、ばらの練乳がかかっていて、
さらに中にはばらソフトクリームも入っているというまさにばら尽くしな白熊です。

Zuba130712_7

そして国道269号線を南下して向かったのは南大隅町です。
去年の3月にオープンした物産館にお邪魔しました。

Zuba130712_8

こちらにはソフトクリームが3種類あります。
早速、たんかんと塩ソフトのミックスを作っていただきました。

Zuba130712_9

ソフトクリーム、お客さんからも好評です。

くらしの味暦 「鶏飯」7/12放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  7/12放送「鶏飯」

130712_1

130712_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年7月11日 (木)

「変わる!鹿児島 食の挑戦」やねだんでトウガラシ栽培(2013年7月9日放送)

あのやねだんがまたまた新しい挑戦です。
その名も「とうがらしプロジェクト」

2013年7月10日 (水)

ふるさとの食たっぷり ズバかご(2013/7/8放送 )「ご当地ソフトクリーム」

ズバかごでは県内の物産館や特産品売り場を訪ねて地域色豊かな
食べ物をご紹介していきます。

県内各地の物産館には、その土地の食材を使った
ソフトクリームやアイスクリームなどたくさんあります。
まずは鹿児島市と垂水市で見つけたご当地ソフトクリームです。

まずは道の駅たるみずゆったり館に来ました。

Zuba130710_1_2 

入り口ではソフトクリームが出迎えてくれました。
中では生チョコ・宇治抹茶とソフトクリームが並んでいますが目をひくのがこれ!

Zuba130710_2

びわソフト!道の駅たるみず限定です。

垂水市は、カンパチなどの海の幸はもちろんですが、びわの産地としても知られています。

物産館ののぼりにも「びわ」が!
そして、びわのシロップ漬けにジャムのほか焼酎漬けにするという種も
販売されていました。

Zuba130710_3

びわのシーズンは5月頃ということですが、このびわソフトは2005年のオープンから
年間を通して販売していて数多くある中でも一番人気のソフトクリームなんです。

Zuba130710_4

続いてやってきたのは、桜島。

Zuba130710_5_2

こちらには「桜島小みかん」を使ったソフトクリームがあるんです!
物産館には、地元で作られた小みかんドレッシングや、小みかんジュースをはじめとして
お菓子などの加工品もたくさん並んでいます。


Zuba130710_6_2
Zuba130710_7

今年のGW期間中、多い日で1日1000本も売れたという小みかんソフト。
観光客にも人気でこの味を求めてリピーターも多いということです。

Zuba130710_8

最後に訪れたのは鹿児島市東俣町の温泉も備えた施設。
中に入ると東俣や郡山などで採れた野菜などを販売するコーナーもあります。
Zuba130710_9

そしてこちらにはこんなソフトクリームが!
Zuba130710_10_2

「レイシ」こと「にがうり」を使ったソフトクリームなんです!
これから旬を迎えるレイシは夏におすすめとも言えますね。
この施設に近い旧郡山町はレイシが特産品ということで、
いろんな商品もありました。

Zuba130710_11

Zuba130710_12_2   

さてこの冷たいスイーツですが、県本土から南の島々の物産館にもいろいろと
あります。今回は3ヶ所ご紹介します。

まずは屋久島町にある屋久島町まごころ市「ぽん・たん館」です。
Zuba130710_13

コチラで見つけたのは屋久島町産のたんかんを使ったアイスとジェラート。
それとしょうがを使ったジンジャーミルクジェラートです。

Zuba130710_14

続いては奄美大島住用の道の駅奄美大島住用です。

まずはアイスキャンデー

Zuba130710_16

続いてジェラート「さんご塩」、「黒糖」など島ならでは素材を使っています。

Zuba130710_17

最後は徳之島の伊仙町にある直売所「百菜」です。
こちらは10種類のジェラート。
徳之島産の紅ふうきの抹茶、グアバ、紫芋などがあります。

Zuba130710_19

そして季節ならではのものとしてパッションフルーツのジェラートも

Zuba130710_20


2013年7月 9日 (火)

くらしの味暦 「たか菜漬け」7/5放送

たんぽぽ倶楽部 「くらしの味暦」  7/5放送「たか菜漬け」

130705_1 

130705_2

※石神千代乃 著「さつま料理歳時記」より抜粋

2013年7月 4日 (木)

ふるさとの食たっぷり どーんと鹿児島 7/3放送

ふるさとの食たっぷり2~食の宝庫大隅で満足~   

(どーんと鹿児島 7/3放送)

Img_2 

番組で紹介したお店リストはこちら

今年5月、大隅4市5町それぞれのご当地弁当「よかべん」が完成しました。「よかべん」は、観光協会や高校生たちがアイデアを出し合い、ウツボやカンパチ、黒豚や鰻など、地元ならではの食材をぎっしり詰め込んだ弁当です。弁当開発プロジェクトの代表・岩元さんは、まとめ役として奔走する傍ら、自らも錦江湾で水揚げされる「姫海老」を使い、地元垂水市のご当地弁当を開発しました。一方、地元の食材を生かそうとこれまでに無かった新しい加工食品やメニューを製造販売する動きも活発化しています。ご当地弁当「よかべん」を軸に、様々な食材を生かし、大隅半島の地域おこしに取り組む人たちの姿を描きます。