2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 明日の聞きナビのテーマは・・・ | メイン | 明日の聞きナビのテーマは・・・ »

2017年1月19日 (木)

2017年1月19日(木)   ととナビvol.134 マダイ その3

今週のトトナビもこちらdown マダイ

2017010511madai40cm_3

 

新年になってからずっとマダイのお話をしていますが、今日もまだまだ、マダイのお話です。何といっても「魚の王様crown。王様なんですが、マダイには、青い斑点とアイシャドウがあるんですよ~。ってことは、女王様ringといったほうがいいですかねぇ・・・?(ただし、青い模様は年をとるにつれて薄れていくんですけどねweep)。

 2017011931madaiaoihantenshadou

・・・ところで、マダイって何で赤いか知っていますか? 

マダイの赤はカロテノイドの一種のアスタキサンチンという色素なんですね。これはマダイが好んで食べる甲殻類に多く含まれているんですよ。つまり、マダイの赤はエサ由来なんです。

 おいしい魚なので、養殖も盛んです。でも天然マダイのようなきれいな赤にするのは難しいんだそう。天然のマダイは海底に近いところにすんでいますが、養殖は海面で行いますので、日焼けsunして黒くなってしまうんですcoldsweats02。それに、食べているエサも違いますしね。 

というわけで、養殖業者さんは、おいしくするだけではなく色をよくする努力もしているんですよ。

 

天然マダイと養殖マダイは色以外にも違いがあるんです。それは、ハナの穴。

魚には左右2個ずつ鼻の穴があるんですが、人工的に作られたマダイは2つの鼻の穴がくっついて1つになることが多いんです(100%そうなるということはないんですけど、鼻の穴が1つなら養殖もしくは人工種苗を放流したものと思っていいそう・・・coldsweats02)。

2017011932tennenmadaibikou

 ( ↑ 天然マダイの鼻孔)

2017011933youshokumadaibikou

( ↑ 養殖マダイの鼻孔)

へぇえsleepy

 

ところで話は変わりますが、タイの体の中にいるタイって知っていますか?それは、鰓ぶたの後ろの「カマ」と呼ばれる部分にいます・・・・・sign02

塩焼きにすると多いしい「カマ」。

身を食べていくとやがて骨が現れます。

ちょうど胸びれの付け根のところに肩甲骨と烏口骨という2つの骨がくっついているんですけど、それがタイですdownsign03

2017011934madaitaitai

本当に、魚のような形をしているんですよ。これは「タイのタイ」と呼ばれています。coldsweats02

 

で、この「タイのタイ」。タイにだけあるというわけではなく、いろんな魚にありますsign01。そして、魚種によって形が違いますsign03

 

タイの場合は「タイのタイ」ですが、ではアジでは何というと思いますか?

「アジのアジ」ではなく、「アジのタイ」でもなく、「アジのタイのタイ」というんですsign01。キンメダイなら「キンメダイのタイのタイ」ですsign03。。。。。wobbly

 

皆さん、煮魚や焼き魚を食べるときには「タイのタイ」をさがしてみましょうsearcheye