2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 明日の聞きナビのテーマは・・・ | メイン | メリークリスマス♪♪ »

2016年12月22日 (木)

2016年12月22日(木)   ととナビvol.130 ヒメジ

 

 

先週は明石の「玉子焼き」のお話でしたが、今週はそこから少し西に行ったところの私の古里、姫路のお話をしたいと思います。

 ・・・・といっても、お魚の ヒメジ down ですからね。

2016122241himeji

コウベとかアカシという魚はいませんが、ヒメジという魚はいるんです!。

しかも、ヒメジは兵庫県の姫路にだけいるわけではなく、日本各地にいます。もちろん鹿児島の海にも、錦江湾にもいます。

 

ヒメジの仲間はオジサン(以前ととナビでもご紹介しました)をはじめとして、小さなものから大きなものまでたくさんいますが、和名ヒメジという魚は全長15センチくらいの小さな魚。

特徴は、黄色い2本のあごひげがあることです。このひげで、海底の砂の中にすむ生き物を探すんですよ。でも、使わないときは体の中に格納することができるんです(写真)。

 2016122242kakuouhimejihige

ヒメジは瀬戸内海では「きんたろう」って呼ばれたりしていますが、鹿児島では「がたぎす」と呼ばれることが多いですね。あるいは「うみごい」とか。「海にいる鯉」ですね。ひげがあるからそう呼ばれるんでしょうが、「尻尾が赤と白で広島カープ色だから鯉」と思ってしまうのは私だけでしょうか?(←先生だけだと思います)

ヒメジは浅い海から水深100メートルくらいまで、幅広い水深帯にすんでいます。暖かい季節には浅いところに多いんですが、寒くなると深場に移動すると言われています。でも、おいしいのは冬。 

から揚げや塩焼き、煮付けなど、食べ方は何でもいいです(お刺身もOK)。でも、簡単にできておいしい、おすすめの料理はから揚げだそう。

 

2016122243himejikaraage

( ↑ ヒメジのから揚げ )

2016122244himejishioyaki

( ↑ ヒメジの塩焼き )

鹿児島では雑魚扱いでスーパーに並ぶのは希。でもひとたび並べば格安(雑魚ですから)!。

ここで、大富先生から声を大にして言いたい、皆様へのお願いがあります! 

shadow:私たち消費者の力で雑魚を売るお店を増やしましょう。そのためには、まず消費者がいろんな魚の名前を知ることです。そして、「その魚が食べたい」とお店に言うんです。みんなで繰り返し、繰り返し。

そうすればそれが世論となってお店は「仕入れなきゃ」ということになるんです。消費者が流通を動かすんです。

だからみなさん、今日はお店で

「ヒメジ食べたい」と言いましょうね。

ご協力よろしくお願いいたしますcat