2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 明日の聞きナビのテーマは・・・ | メイン | TOYOTA街角ステーション!「持留豆腐店」 »

2016年12月 8日 (木)

2016年12月8日(木)   ととナビvol.128 カゴカキダイ

今週のトトナビはこちらdown カゴカキダイ

201612821kagokakidai

先週は体に斜めの帯が入ったタカノハダイのお話でしたが、今日は、ちょっとだけ斜めに傾いた縦じま模様のお魚を紹介します。

スズキ目タイ科ではなく、カゴカキダイ科の魚で、大きさは約20センチ、手のひらくらいの平べったい魚です。ほんのりと黄色の入った白っぽい体に5本の黒い帯が入っています。

shadow:カゴカキダイも私と同じ阪神タイガースのファンなんでしょうね、きっと・・・gawk

 201612822sijounokagokakidai

カゴカキダイは南日本から台湾、ハワイ諸島、オーストラリアにも生息しています。浅い海の岩礁域に多く、群れで泳ぐ様子が美しいのでダイバーに人気。鹿児島では定置網に入ることも多いそうです。 

でも、どういうわけか錦江湾の深いところの泥の海底で網を曳く「とんとこ網」に入ることもあるので、結構深いところにもすんでいるのかも。

 

この阪神タイガースのユニフォームをまとったようなカゴカキダイは、どちらかというと雑魚扱いです。(別に漁師さんがみんな巨人ファンだからということではないですよ)

 

まとまって獲れれば出荷されますが、獲れた数が少なければ海上投棄ですweep。、値段はとても安いです。

…ところがです!

寒くなってくるとカゴカキダイはとても脂がのってくるupんです。それでも安いので、スーパーに並んでいたらぜひお買い得です。1匹100円するかしないかくらいだと思いますよhappy02

 

知る人ぞ知る、冬のカゴカキダイ。小さい個体は塩焼きや煮付けがいいですが、身の多い大きな個体はお刺身が一番です。100円で高級魚に負けない極上の味が楽しめます。

201612823kagokakidainitsuke_2

201612824kagokakidaisashimi

寒くなるとsnow脂ののったおいしい魚が増えてきます。

しかし、年末に向けてどの魚も値段が高くなっていきます。1キロ当たり1万円sign03を超える魚もあります。

そんな時に、「雑魚なのにおいしい魚」を知っている人は得をするんです。

 

みなさん、これからもととナビを聴いて、魚に詳しい、「賢い」消費者になりましょう。