2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 明日の聞きナビのテーマは・・・ | メイン | TOYOTA街角ステーション!「菓子工房タニヤマ」 »

2016年11月10日 (木)

2016年11月10日(木)    ととナビvol.124   カイワリ

今週のととは・・・カイワリdown

2016111021kaiwari

もしかして、カイワレ?・・・って思ったあなた。いい線いってますよgood

 「こぜん」とか「ぜんめ」「えば」と言った方がわかりやすいかもしれませんが、標準和名はカイワリです。

銀色の平べったい魚ですが、実はアジの仲間。鹿児島県民には、けっこうなじみのある魚かもしれません。食卓にもよく並びますよね?

 

それにしても、なぜカイワリ?

「かわいい顔して、実はとても歯が頑丈で、もしかして貝を殻ごとバリバリと割って食べるから?」

いえいえ。

名前の由来は、まさに野菜のかいわれ大根と同じ。

「かいわれ」は大根の若い芽で、二枚の葉っぱが開いた形をしていますよね。(そもそも、二枚貝の殻を開いた形を「貝割(かいわり)」あるいは「かいわれ」と言うんですって)

かいわれ大根の名前もそこからきているんですよ。

・・・「ふむふむthink 」

って納得している場合ではありません!

「この魚のどこがカイワレ?!angry・・・って、突っ込んでもらわなくっちゃ。

 

では教えてしんぜましょう。それは、しっぽ

尾びれがちょうど二枚の葉っぱが開いたように見える(gawk)からカイワリなんですね(←見えますか?)。魚の名前の由来は本当にいろいろですよね・・・catface

 

ところで、カイワリは全長30センチくらいの小さな魚ですが、実はあの高級魚shineと味が似ているんですよ。

 

それは「シマアジ」happy02

「とろとろ」と「もちもち」と「さくさく」が“黄金比”で混じりあった、究極の「絹のような食感」の魚です。そして、カイワリはそのシマアジに似てとてもおいしいんですsign01。特に、秋から冬には脂がのって最高ですsign03。ただし、大型の個体でないと・・・ですけどね。

 2016111022kaiwarisashimi

どうですか?!。刺身の見た目もシマアジによく似ています。お店で手のひらを超えるくらいの大型のカイワリ(こぜん)を見つけたら、ぜひお刺身で食べてみてください。

 

・・・とはいえ、現実的に良く売られているのは15センチくらいの小型のカイワリです。これはこれで煮付けにするとおいしいですよ。

 2016111023kaiwarinitsuke

東京などではカイワリはあまり手に入らず、結構高い魚ですが、小さなカイワリは鹿児島では雑魚扱いされています。定置網などで獲られたものがお店にならびますので、ぜひ食べましょう。そして、大きなカイワリを見つけたらeye即ゲット!!。シマアジに負けないお刺身が、シマアジよりもずっと安い値段で食べられますよlovelylovelylovely~!!