2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2016年11月10日(木)    ととナビvol.124   カイワリ | メイン | 鹿児島実業から職場体験に! »

2016年11月10日 (木)

TOYOTA街角ステーション!「菓子工房タニヤマ」

*今回は「日置市伊集院町」から、「ギモーブ」をご紹介しましたsign01*


今回伺ったのは、日置市伊集院町徳重2丁目、

日置市消防本部消防暑の目の前にお店を構えるお菓子屋さん、「菓子工房タニヤマ」ですshine

H281110_2

こちらは創業大正12年、

93年もの長い間、伊集院の地で親しまれている、おなじみのお菓子屋さんですsign03

店内には、お父さんが手がける和菓子に、息子さんが手がける洋菓子が、

常時50種類ほど、年間通すとなんと350種類ものお菓子を、

親子二人三脚で作っていらっしゃいますnote

H2811102


看板商品は、おなじみ伊集院まんじゅうheart04

今も昔ながらの木製の型で、1つ1つ型抜きしながら作っていらっしゃいます。

通常よく見かける、白い伊集院まんじゅうの他、きなこ味チョコ味

伊集院まんじゅうを揃えているのも、特徴的ですflair

そんな数あるお菓子の中から、

今回ご紹介するのは、フランス・ルクセンブルグでの修行経験をお持ちの4代目が手がける、

「ギモーブ」と呼ばれるお菓子ですshineshine

簡単に言うと、フランス版マシュマロsign01

元々は、「うすべにたちあおい」という植物の、

根の部分から採れるでんぷんを利用して作られていたそうeyeflair

この「うすべにたちあおい」の英語名が「マシュマロ」。フランス語名が「ギモーブ」なんですって。

H2811103

マシュマロとの根本的な違いは材料です。

マシュマロは、卵白と香料を使って作りますが、

一方ギモーブは、フルーツのピューレ砂糖ゼラチンsign01

香料を使わないので、フルーツのフレッシュな味や香りがしっかりとするのが特徴です。

材料が違うので、食感も違いますup

マシュマロに比べて、さっくりはかなり弾力があって、

びっくりするほどもっちもちですhappy02

しゅわっとしてもっちもちエアリー感があって、軽い口当たりですlovelynote

 

ギモーブはまず、フルーツのピューレ砂糖シロップを作ります。

これにゼラチンを加えて泡立てて、

それを型枠に入れて、一晩かけて固めます。

これを翌日にさいころ状にカットして、粉砂糖をまぶしたら、

さらに1~2日乾燥させます。

乾燥させることによって、食べた時に外がさっくり、中はもちもちの食感になるというわけです。

手間ひまがかかる上、とてもデリケートなお菓子のようですeyeshine

 

現在は作り始めで、ラズベリーあんずレモンの3種類ですが、

今後は、カシス味ゆずチョコ味さくら味なども登場予定ですheart02

ちなみに、ラズベリーは、本来持っている甘酸っぱさがしっかり出ていますnote

レモンは、ピューレではなく、レモンピールを細かく刻んだものが入っているので、

レモンのつぶつぶ食感に加えて、しっかりとした酸味があるので、とてもさわやかshine

あんずは、とても優しくて丸い味。あんずの香りと甘さが、優しく口の中に広がりますcatfaceheart01

きっと忘れられない味にあるはず・・・lovely1度味わってみてはいかがでしょうか?

 

<場所>   日置市伊集院町徳重2丁目。県道37号伊集院日吉線沿い。
       お店の道路向かいに、日置市消防本部消防署がありました。

<営業時間> 朝8時半~夜8時半。

<定休日>  なし。

<お値段>  今の時期は、ラズベリー・レモン・あんずの3種類が4個ずつ入って、500円。
       (全部で12個入り)

<お問合せ> 099-273-0567

 

※さて来週は、鹿児島トヨタ南鹿児島店におじゃましますsign01来週もお楽しみに。