2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 江戸川落語勉強会! | メイン | 今日は十五夜♬ »

2016年9月15日 (木)

2016年9月15日(木)    ととナビvol.116  オキナエビ

今日は「老人の日」。そして来週の月曜日19日は「敬老の日」ですね。

そんなこの時期にぴったりなエビをご紹介しましょう!それは・・・ オキナエビ

201691531okinaebi

ロブスターやアカザエビなどと同じザリガニの仲間で、大きさは15㎝くらい。水深400mくらいの海底にすんでいる深海性のエビで、鹿児島ではたかえび漁で、希に混獲されます。

 (ここからは、大富先生の感想です)

shadowエビといえば、ぴちぴちした動きや、ごつごつとしてとげとげしい体を想像しますよね。腰は曲がっているかもしれませんが、どちらかといえばエビって若者のイメージですよね(think )

ところが、オキナエビは「とげがない」というか「かどがとれた」というか、老練さを感じるエビなんですよ。どうですか?up いかにも、海底にひっそりとたたずんで、「今どきの若者はなぁ…」なんて言いそうな感じがしますよね。

体中に産毛が生えていてかなり地味な色合いですが、真っ赤なひげと脚がおしゃれでしょ。

ただし、目はとても小さく、ほとんど見えていないと思われます。down エサを探すのはもっぱら赤いひげ、つまり触角ですね。

201691532okinaebinchiisaname

じつはこのオキナエビ。とてもめずらしいエビで、獲れるのは本当に希。なので、食材としてはあまり認識されていません。

そんな貴重なエビをやはり大富先生は食べていました!・・・

shadowええ、私は食べました。まずは刺身で。深海性のエビの刺身は身が柔らかく甘みが強い傾向があるんですが、オキナエビは意外にやわらかくなくて、イセエビを思わせるしっかりとした食感でした。やや甘味は少ないですが、とてもおいしかったです。

201691533okinaebisashimi

shadow次は、塩茹で。甘味が増して歯ごたえがあり、とてもいい感じでした。味噌汁もいい出汁が出て、よかったです。

201691534okinaebishioyude_3

201691535okinaebimisoshiru_2

オキナエビは、深海に住んでいるのに、深海エビらしくない味わいの、希少なエビです。

「敬老の日にぜひどうぞ」とは申せません。(大富先生でもなかなか口にする機会はないそうですからcoldsweats01

たかえび漁の漁師さんたちと仲良くなって、ぜひ分けてもらいましょう!!