2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 明日の聞きナビは・・・ | メイン | 2016年7月28日(木)   ととナビvol.109  オオバウチワエビ »

2016年7月21日 (木)

2016年7月21日(木)   ととナビvol.108  ウチワエビ

今日のトトナビは、こちらdown  ウチワエビ 

201672131uchiwaebi_2

うぎゃぁあ、ピグモンみたいbearing・・・・でもコレは、鹿児島では「ぱっちん」という名前で親しまれている、おなじみのエビ「ウチワエビ」。

水深50から300メートルくらいの泥の海底にすんでいるセミエビ科のエビで、イセエビに近い仲間です。鹿児島に出回っているウチワエビは長崎などの県外産のものも多いですが、志布志湾や錦江湾でも獲られています。

 

このエビ、何といっても形がいい!。うちわみたい。でも、ウチワエビは他のエビと比べると、とてもへんてこな部分があるんですよ。どこだかわかりますか?

 

エビには2種類の触角があるんですが(昆虫の触角は1種類ですけど)、第1触角と第2触角がそれぞれ左右一対あります(第1触角は目の前に伸びる短い触角で、第2触角はひげのように長い触角)。でも、ウチワエビには目の前方に2本の第1触角はありますが、第2触角がないんです。

切れちゃったんですかね?

shadowちがいます!左右の一番前の平べったい部分が第2触角なんですよ。クルマエビにはひげのような、イセエビには立派な長い第2触角がありますが、ウチワエビの第2触角は平べったいんです。これがへんてこな部分です。

 さらに・・・

shadow昆虫であるバッタがモチーフ“だった”仮面ライダーにも同じ理由でへんてこなライダーがいるんですよ。仮面ライダーオーズです。左右一対で2本あるはずの触角がなく、ウチワエビのような顔をしているんですよ。ラジオの向こうでうなずいていらっしゃるリスナーの皆さんの様子が伝わってきますよ。

 

そしてこちらをご覧下さいdown

201672132uchiwaebiyouchuu_2

これはウチワエビの子ども。子どもの方がうちわみたいな形をしてますよね?そして、平べったくて透明ですcoldsweats02。この時期はプランクトンとして海の中を漂い、やがて海底に降りて赤くなり、親と同じ生活をするようになります。

 この幼生は、仮面ライダーではなくジェリーフィッシュライダーという別名(「クラゲに乗るもの」という意味)を持っていますconfident

プランクトンとして海を漂うのは移動するためですが、クラゲにのっている様子が観察されているんですsign01。しかも、自分が乗っているクラゲを食べるんですよsign03。まるで「お菓子cakeの船yachtに乗っているよう。うらやましいlovely。。。

・・・・ウチワエビの話、まだ続きます。