2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 明日の聞きナビのテーマは・・・ | メイン | TOYOTA街角ステーション! »

2016年6月30日 (木)

2016年6月30日(木)   ととナビvol.105  シマアジ

今月は、木曜日が5回もある大漁月fishup

そこで、大富先生からの出血大サービスで、超高級魚をご紹介しま~す

コレですdown 、 シマアジ 

201663051shimaaji1

まさにこれからが旬の、大富先生の大好きな魚。頭から背中に向かって緩やかに盛り上がったフォルム。最高ですgood

シマアジは全長1m以上になる大型の魚happy02ですが、市場で見かけるのは50㎝くらいまでのものが多いです。先生はシマアジのことを“アジの仲間の味の王様”だとおっしゃいます。。。。なぜかと言うと・・・

 

shadow:私が生まれて初めてシマアジを食べたのは大学4年生の時でした。東京で一人暮らしをしていた私には、シマアジなんか高嶺の花でしたが、当時所属していた研究室の教授が刺身を食べさせてくれたんですよ。

201663052shimaajisashimi2

 学生みんなで分けたので、食べたのはほんの2切れほどでした。それでもシマアジの極上の味を知るには十分でしたよ。。。。confident

 

お刺身でまず大事なことは、「脂がのって甘味があるかどうか」ということです。同じ魚でも季節によって脂ののりが違うことがよくあるんですが、脂ののる時期がいわゆる旬。シマアジは夏です。 

脂ののりに加えて重要なのは、「食感」ですね。食感は、一概にどんなものがいいかは言えません。魚によって違いますし、好みもあります。(shadowフグはしこしことした歯ごたえを楽しみますし、マグロの赤身だと私は少しねっとり感のあるのが好きですね。)

 

シマアジのような大型のアジの仲間にはおいしい魚がたくさんいますが、共通するのは「絹のような食感」lovelylovely・・・

その中でもシマアジは最上級です。

「とろとろcatface「もちもちdelicious「さくさくsmileが“黄金比”で混ざり合うと、究極の「絹のような食感」が出来上がるんですheart04

 

シマアジは高級魚なので、養殖もされています。脂はあるんですが、食感は旬の天然魚にはかないません。鹿児島は全国でもめずらしい天然シマアジの漁場がある県up。ぜひこの夏、シマアジのお刺身を楽しみましょうscissors

 

時によっては20㎝くらいの若魚も獲れます。シマアジの名前の由来にもなっている黄色い縦じまがくっきりとしています。「小さくてもシマアジ」です。

201663053shimaajiwakazakana3

塩焼きがいいですね。小型のものは値段が安いですから、見つけたら、ぜひどうぞ。

201663054shimaajichigyoyakizakana4