2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« ☆ゆうちゃんのコーディネートは、こーでねーと!!vol.15★ | メイン | MBCラジオ感謝ウィーーーーク »

2015年12月10日 (木)

12月10日(木)   ととナビvol.76  アラ

鹿児島市のまんまるや甲南店からお送りする12月。

2週目は、高級魚ハタの仲間 アラ のお話です。

 

ある日のこと・・・

漁協の組合長さんから大富先生にtelephone「錦江湾でタラがとれたどー」

大富先生:「タラは寒い海にいる魚。それは一大事」dash

さっそく獲った漁師さんのところに駆けつけたところrun、そこには大きなクーラーボックスが。。。半信半疑でふたをあけると、そこにいたのはタラではなくアラでした。

大富先生:「漁業者の間ではアラをタラと呼んでいるらしい。たしかに名前は似ている。アラはハタの仲間。鹿児島でハタは「あら」。正真正銘のアラはタラ。おかしいthink。」

 

・・・で、今日ご紹介するのは、正真正銘の アラ  。

20151210ara21

鹿児島ではハタの仲間で正真正銘のアラだけは「あら」と呼ばれていないそう。タラとも言いますが「すけそ」と呼ばれる方が多いんですって(・・・スケソウダラ(スケトウダラ)という魚がいるからそうなったのかも)。 

小さい個体は、スケソウダラにどことなく似ているかもしれませんが、タラの仲間は背びれが3つあるのが特徴。アラは2つなので絶対にちがう魚なんだそう。因みにこちらが小さいアラdown・・・

20151210ara22

  

ところで、上のアラは口を閉じていて、下のアラは口を大きく開けています。東京では、口を閉じたものは高値で取引されるのですが、口を開いているのは安いんだそう。なんでも、口を閉じて

「ん」という顔をしているのは身のしまりが良く、刺身に最適happy01

「う」と言っているのがその次でwink

「お」はまあまあでgawk

「あ」と言っているのは刺身にはしないそうですcatface

このアラを板前の池之上さんがさばいてくださいました。まずはお刺身・・・

20151210ara23_2

お、おいし~lovely。見た目とのギャップがまたいいgood。さすが高級魚です。

そして、アラだけに「あら煮」も最高ですfull

20151210ara24_2

来週もお楽しみにっpaper