2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 職場体験♪ | メイン | もみじ祭り宣伝隊! »

2015年11月12日 (木)

11月12日(木)   ととナビvol.72  サケエビ

先週に引き続き、今週もとんとこ網で獲られるエビ、サケエビの仲間を紹介します。

サケエビは先週のトントコシロエビと同じくクルマエビの仲間で、クルマエビ科サケエビ属の総称です。

 さて、ここで問題です。

mobaqサケエビの名前の由来は次の3つのうちどれでしょう? 

①お酒のおつまみに最高のエビだから。

②(魚の)サケがエサとしてよく食べるエビだから。

③体に裂け目があるから。

 恵津子さんのこたえは、「❹鮭の身の色に似ているから!!」

(・・・ここで、想定外のこたえにたじろぐ大富先生coldsweats01。だってこたえは③だったんですsweat01

でも、気を取り直してすすめましょうね。

“あたま”の部分に縦走縫合線(じゅうそうほうごうせん)という、針でひっかいたような線が走っていて、裂け目があるように見える・・・ということで、こたえは③です。よく見ないとわかりませんけどね。

 さて、そのエビの姿がまだ出てこないゾ・・・とお思いの皆さん。お待たせしました!下の2つです。

20151112ebi21_3

20151112ebi22_2

     ツルギサケエビ                   トゲサケエビ

和名サケエビというエビもいるのですが、錦江湾に多いのはツルギサケエビとトゲサケエビ。これらはとても良く似ているので、先週のシロエビ類と同じように生殖器の形で識別します。

 

ツルギサケエビは水深130~180mのところに多く、志布志湾でも獲られています。

トゲサケエビは水深180m以上の深いところに多いエビで、シロエビの仲間とよく似ているのですが、シロエビは体中に産毛が生えていてザラザラなのに対してサケエビの体はツルツル。

 サケエビはシロエビよりも大きく、10㎝以上になります。漁師さんは「ぴかえび」と呼んでいますすが、かわいそうなことに、消費者には全く認識されていません。たまにシロエビのパックにまじっている程度です。

 

でも、でもでもでもcrying、ツルギサケエビもトゲサケエビも食べるととてもおいしいんです!大富先生の大好きなエビです。

クルマエビの仲間は、浅い海にいる種はプリプリ感があって食感がよく、深海にすんでいる種は甘味が強いのが特徴ですが、サケエビの仲間はこれらのいいところを合わせ持っています。なので、刺身で食べても火を通して食べてもとてもおいしいんです。こんなかんじ・・・

20151112ebi23

他にも、こんな食べ方も、あんな食べ方も・・・delicious

20151112ebi24

20151112ebi25

 

量的には少ないのですが、きちんと流通させたいエビちゃんですgood

 

ふだんは手に入れにくいのですが、この放送に合わせて錦江湾の漁師さんたちが他のエビとわけて出荷する段取りをしていますので、今日は食べるチャンスですよ。