2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

4月30日(木)  ととナビvol.44 タカアシガニ

「ヒゲナガエビ(たかえび)とその仲間たち」シリーズ、第3弾

 

おともだちのその3は・・・・ タカアシガニ

2015430takaashigani1_2

 

 

 

 
  

lovely

ええっsign03先週はボタンエビで、今週はタカアシガニsign03sign02・・・って思いますよね?

タカアシガニは、魚屋さんではなく水族館でみることが多いカニです。

(写真の個体は雌でハサミが小さいですが、)雄は成長するとハサミのあしが極端に長くなり、

大きいものではあしを広げると3mを超える世界最大のカニです。

そんなカニが「たかえび漁」の網に入ることがあるのです。

鹿児島の海はすごすぎshock。魅力的ですねlovely

 さすがに、獲れると水族館行きになることもありますが、まれに鹿児島の市場に水揚げされます。

日本では、静岡県の駿河湾沿岸など一部の地域を除いては食材としてはほとんど利用されていませんが、

本当に運が良ければgoodshine鹿児島でも食べられます。

 ・・・・とはいうものの、、、、、おいしいかどうか気になりますよねthink

大富先生は刺身、にぎりずし、焼きがに、酢の物と、フルコースで食べたことがあるそうですrestaurant

焼きがににはかにみそをぬって・・・。

2015430takaashigani2

2015430takaashigani3

 

 

以下はその感想ですdown 

「食べる前は正直言ってあまり期待はしていませんでした。水っぽいのではないかと…catface

しかし、実際に食べてみると、たしかにやや水っぽい感じはしましたが、

まあまあそれなりにconfidentおいしかったですね。刺身はなぜかエビのようなgawk味がしました。

かにみそをぬった焼きがにが一番おいしかったdeliciousです。」

 ・・・・なるほどconfident。。。

今月はヒゲナガエビ(たかえび)をはじめとする「鹿児島の深海の生き物たち」をご紹介してきました。

駿河湾の深海魚料理は有名ですが、実は鹿児島でも深海の魚介類が獲れていること、

皆さんもお分かりいただけたでしょうか???

ぜひ皆さんのお友達やご家族にも教えてあげてくださいね。

2015年4月27日 (月)

カラフルなミニトマト

今日の「おいしい話 いただきます」では

カラフルなミニトマトを紹介しましたhappy01

コーナーでは、トマトの生産量日本一のfuji

熊本でつくられたミニトマトについてお話ししたんですが、

鹿児島にも売っていましたsign03

それがこちらdown

H27427_2

ほんとに彩り豊かで、きらきらしていて可愛いですlovely

見ているだけでも、元気をくれるような鮮やかなミニトマト

もちろん味もばっちりですhappy01

ぜひそれぞれの色を味わってみてくださいdelicious

そして今日は RN.しょんかあちゃん から ちまき の写真が届きましたheart

H27427_3

かまどで4升作ったみたいですsign03

手作りのちまき、美味しそうですねheart04

2015年4月23日 (木)

4月23日(木)  ととナビvol.43  ボタンエ

今月は、ヒゲナガエビ(たかえび)とその仲間たち・・・ということで、

たかえびと同じくらいの深海に棲む魚たちをご紹介しています。

 

今日はおともだちその2、  ボタンエビ  です。

えっsign02sweat01 あの北のほうにいるボタンエビsign02smile・・・dashと思った皆さん、

ちょっとお待ちください(ご説明いたします)。

実は、全国的に「ぼたんえび」と呼ばれているエビの本当の名前(標準和名)はトヤマエビなのです。

このトヤマエビは北陸の富山湾で獲られています。

寒い海にすんでいる深海性のエビで、富山湾に限らず、日本海からベーリング海にかけて分布します。

北海道や北陸の海鮮丼には欠かせないおいしいエビですよね。 

でも今日ご紹介するボタンエビは、こちらdown

2015423botanebi1

こちらは、正真正銘、標準和名がボタンエビです。うすいオレンジ色の体に赤い斑点が散らばるのが特徴で、

体長は15㎝くらい。まあまあ大きいエビです。 

このボタンエビは太平洋側の比較的南の海域に(茨城県の鹿島灘から鹿児島沖にかけて)

分布している深海性のエビ。

鹿児島ではたかえび漁でまれに紛れ込んで捕獲されますが、量的に少ないので、とても貴重なエビshineです。 

漁師さんや市場関係者はなぜか「ほたる」あるいは「ほたるえび」と呼んでいます。

お尻が光るflairというわけではないですけどね。

 

食べ方は…なんといっても刺身です。トロンとした甘味いっぱいの刺身。

もう、今すぐ食べたいですね・・・sweat02sweat01

2015423botanebi2

2015年4月22日 (水)

お花のお便り♪

Rn.ブラック♪珈琲さんからキレイな写メールがcamera

我が家の庭のミヤマキリシマが、満開ですsign01
霧島も見頃かなー
まだまだかなー??

H27422

こんなにキレイなお花がお庭に!素敵ですね~!

Rn.山ん人(やまんちゅう)さんからはお花の情報頂きました!

新緑まぶしいなか、ノカイドウの出番がやって来ました。
世界でえびの高原にしか自生していない天然記念物の花。
紅くて可愛らしい蕾が膨らみ始めましたよ。
このまま良い天気が続けば、
今週末あたりにはだいぶ開花するかもです…。

ノカイドウですか!私は桜に似てかわいくてキレイだなと思っていましたが、

バラ科のお花なんですねflairsign01

つぼみはピンク色だけど、花開くと白色っぽくなるんですよね~flair

霧島・えびの高原霧島錦江湾国立公園のスタッフブログによりますと、

昨日、ノカイドウが開花しました~と写真がアップされていましたよcherryblossom

GWにおでかけなんていいかもしれませんねhappy02up

Rn.ゆーゆーしゅん号さんからは・・・mailto

我が家は、春から上の二人が小学校と幼稚園に入り、
家には1歳の次男だけとなりました。

その次男、兄(小1)が帰宅して友達と公園に行った後…
毎日のように黄色い校帽を被り、ランドセルを拝借しています。
教科書が入ってるランドセルは中々重いので、
ヨロヨロ…日によっては後ろ向きに倒れることも。

それでもめげずに帽子を被り、ランドセルを引きずってくるのを見てると
傷がつくのが気になるものの(兄の付けた傷はまだなく次男がこすった傷のみ)、
笑顔になる私でした。

27422_3

かわいい~~~lovelyheart04

ランドセルが大きく見えますcatface

早く小学生になってお兄ちゃんと学校行きたいね~shoe

大きく育ってランドセルに負けるなsmile

2015年4月21日 (火)

あくまきどん!

今日の海童が行く!ですが、

あくまきのPR活動に奮闘されている、

Newあくまきプロジェクト 実行委員長のテラバル仁太さんでしたshine

思い出の曲である、オリジナルソングのあくまき音頭noteと共に

お話して下さいました。

2015421akumakidon_2

あくまきどんグッズに、手作りあくまきhappy01

これからも、あくまきへの熱い思いを全国へ届けてくださいねconfident

2015年4月16日 (木)

4月16日(木)  ととナビvol.42  アオメエソ

今月は「ヒゲナガエビ(たかえび)」で始まりましたので、

その流れで「ヒゲナガエビとその仲間たち」ということで、順に取り上げていきたいと思います。

まず今週はトモダチその1 アオメエソ  通称「めひかり」です。

2015416aomeeso1

全長15㎝くらいの小さいけれど、おめめパッチリの魚。光を当てると目が青く光るので「めひかり(目光り)」

2015416aomeeso2

ただし、鹿児島で「めひかり」として水揚げされる魚は何種類かいて、

近縁種の「ツマグロアオメエソ」とか、「トモメヒカリ」が混じっていることも。

トモメヒカリはこんな魚・・・

2015416aomeeso3

めひかりの大判・・・とも呼ばれ、背中のところが出っ張った形をした全長30㎝くらいの大きな魚。

大きいのでいい値段がつくこともあるそうですが、味は断然アオメエソが上。

このブログの写真でよーく確認してアオメエソのほうを買ってくださいね。

おいしい調理法は断然から揚げ。

中骨が柔らかいので骨ごとほくほくいけますし、甘くて脂がのっていて最高。

塩焼きもお刺身もOK(背ごし←内臓を取ってぶつ切り でも大丈夫です)。

2015416aomeeso5_3

2015416aomeeso4_3

たんぽぽのように

昨夜のMusicExpress

水曜日担当、柳田さんに代わってジミーさんがピンチヒッターでしたkaraokeshine

いつもたんぽぽ倶楽部の中でテレフォン人生相談の前に流れている、

♪たんぽぽのように

ショートバージョンを流していますが、

昨日のMusicExpress23時台で、

ジミーさんの音楽仲間、小原やむちゃさんのピアノと共に

一曲披露していたんですnoteshineshine

その歌声を聴いた、リスナーさんからたくさんのメールを頂きましたmailto

Rn.恋するウナギちゃんからはmailto

昨日の夜のラジオでジミー入枝さんがたんぽぽのように
という曲を生演奏されてましたね!

どこか暖かくて、柔らかくて、聴いていて心地よくなりました!
ステキな曲でしたよ♫

という感想もlovely

Rn.にゃらんこさんからはmailto

夕べのジミーちゃん、ピンチヒッターだったんですね。
タンポポの歌聴きたかったなあ?
タンポポといえば、ダンナさんの実家の庭にはタンポポがあちこち咲いてます。
道路のわきも、田んぼの畦道も、今、とても綺麗です。
黄色、元気な色大好きです。

H27416

元気をもらえますねhappy02sign01

ジミーさんのたんぽぽのように、CD化楽しみ~heart02

2015年4月 9日 (木)

TOYOTA街角ステーション!

今日鶴園さんが紹介しました、テイクアウトグルメは!

鹿児島市下荒田4丁目 まぁくんの気ままな屋さん

2011年にオープンした、プリン専門店note

店主のまさるさんは、洋食店のシェフでいらっしゃいました
ランチタイムに出していたプリンが大好評だったことから、
プリンに特化したお店を開きたいと思われたそうですsign01

種類豊富で、プレーン・昭和のプリン・レアチーズ・抹茶・黒ゴマ・ミルクなどなど、
年間通して、20~30種類を手がけているそうhappy02

季節限定のメニューもあって、今の時期は、いちごミルクや桜餅、安納芋、
夏にかけてはきいちご味もあるそうですflair
今月の新作は、桜のプリンなんですってcherryblossom

1番人気は「プレーン」shine
キメ細やかで、なめらか、甘すぎず、さっぱりといただけるsign01
生クリームをたっぷり使っているのが自慢shine
4種類の生クリームを配合しているんです~lovely

<場所>鹿児島市下荒田4丁目 みずほ通り沿い
     国道225号の下荒田4丁目交差点をみずほ通りに入ると100mほど走った左側。

<営業時間>9:00~20:00

<定休日>なし

<お問合せ>099-206-2788

4月9日(木)   ととナビvol.41 ヒゲナガエビ その2.

今週も、たかえび こと ヒゲナガエビ 。

4月に解禁されて、もう召し上がった方もいらっしゃるのでは?・・・その食べ方ですが、まずはこれdown

201549higenagaebi1

お腹の部分の皮をむき、ぜひ頭付のままどうぞdelicious

ふだん「あたま」と呼ぶ部分は、実は頭と胸。この中にも食べられるところがありますので、まずはそこから食べましょう。そのあとはお腹。甘くてとろりとした身を堪能してくださいね。

次は塩焼きdown・・・なんとも香ばしい香りが漂います。

201549higenagaebi2

頭についている歩脚もパリパリしておいしいので、身と一緒に食べてくださいね。片栗粉をつけて唐揚げにしたら一匹丸ごといけますし、塩茹でなら何匹でも・・・down

201549higenagaebi3

さて、最後になりましたが、このたかえびは、黒くなるのが難点。

「刺身用」として売られているのに・・・とちょっと気になりますが、鮮度が悪いわけではありません。これは中腸腺と呼ばれる、人間の「肝臓」にあたる内臓がやぶけて、中身がでてきただけ。味や鮮度には関係ありませんのでご安心ください。鹿児島の深海の恵み、たくさんお召し上がりくださいね~smile

201549higenagaebi4

2015年4月 6日 (月)

もじゃもじゃ

月曜日のつぶやきすとは、

竹之内さんsign01

みなさん、お姿をご覧になったことはありますかsmile

実は今日のかごしま4で、写真が紹介されたんですcameraup

なぜかというと、本人曰く、頭のボリュームが、コンパクトになっていたからです。catface

もじゃもじゃ竹之内さん

ですか、コンパクトになったということで、その姿をみなさんにご覧頂くために

写真を撮るスタッフcamera

H27413

竹之内さん「清潔感が大事なのでsign01

と言っていましたが、

えつこさん「なんだか大阪のおばちゃんみたいflair

と言われてしまい、あまり思い通りにはなっていないようですthink

いまだ変わらず、もじゃもじゃな竹之内さんをこれからもおねがいしますsmile