2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

TOYOTA街角ステーション!

今週鶴園さんが紹介してくれた、

テイクアウトグルメは・・・sign03

指宿西方にあります、パティスリーレミュー

『菜の花蜂蜜マドレーヌ』

フランスで修行した、オーナーパティシエ京田さんが、親しみやすく、愛される
お菓子を目指して、ふるさとの指宿で20年前にオープンさせたお店house

マドレーヌやリングケーキ、プリンなど、菜の花の蜂蜜をつかって作られたお菓子がいくつかあるんですが、菜の花蜂蜜マドレーヌはお店の看板商品ともいえるお菓子なんですheart04

このマドレーヌにはオーナーの熱い想いが込められていて、
指宿をイメージし、その温かさや優しさを表現していると京田さんはおっしゃっていましたcatface

使用している菜の花蜂蜜は、福岡の菜の花蜂蜜で、
昔ながらの素朴な味、懐かしさを感じられる味わいだそうですflair

この蜂蜜を使って焼き上げることによって、
食感はしっとり、かめばかむほど味わいの深いマドレーヌに仕上がるんだそうheart01

<場所>指宿市西方。国道226号線の田口田交差点を海の方向(なのはな館の方向)へ
      曲がり、600メートルほど走ると右手に見えてきます。

<営業時間>朝10時~夜7時半

<定休日>不定休

<お問合せ>0993-23-3227

菜の花満開の指宿へ、この時期にお出かけしてみてはいかがでしょうhappy02shine

2015年1月29日 (木)

1月29日(木)  ととナビvol.31   マイワシ

イセエビ、アンコウ、ウニ(ガンガゼ)・・・ときて、

1月最後は マイワシ down

2015129maiwashi1

来週の節分では、ヒイラギとセットで魔除けにもされる私たちにはなじみ深い魚ですね。

(大富先生は、学生の頃調査に行った市場で落ちていたのをもらって食べるほどcoldsweats02・・・)

イワシにも色々いますが、今日は真イワシ。昔は大衆魚の代名詞のような存在でした。

日本は、マイワシをたくさんとっていたので、漁獲量世界一という時代がありました。

しかし、1980年代半ばをピークに激減。地球規模の気候変動が影響しているのか、

原因は解明されていませんが。。。(最近は少し増えてきているそう)

さてこのマイワシ、大衆魚に似合わず、トレードマークは「ななつ星shineshineshine」。

あの最高級クルーズトレインと同じ名前ですが、

からだに星が七つ(個体によっては2列以上あったり、星が全くなかったりも…)並んでいます。

旬は土地によっていろいろですが、

大富先生は今の季節の脂の乗ったお刺身が一番!とのこと。down

2015129maiwashi2

わさびより生姜があうとも。

ほかにも、塩焼きも、煮付けも全部オススメですcatcatcatdown

2015129maiwashi3

2015129maiwashi4

2015年1月27日 (火)

明日のキキナビは・・・

Rn.みかんさんからいただきましたmailto

先日干した40本の大根より前に干した34本の大根を
2時間以上かけて、うすーく切りに切りましたsign01
スッタイダレタ…と思いきや、編み物しても何しても、
肩凝りがない私は、包丁が当たる指の付け根のところが、少し痛かっただけ(^o^)

海苔瓶二つに、らっきょ酢と氷砂糖で漬けました、生で34本、
絶対入らないけど、しぼむと入るものですね~~flair

H27127しぼむ…何だか虚しい響き…(T-T)
いやいや大根の話しよ…

と、メッセージいただきました

34本がこの瓶の中にeyesign03干した大根を切るのって大変そうですけど、

みかんさん、すごいですねshine

みずみずしい大根も好きですが、干してしぼんだ大根もまた別のおいしさがありますsign01

変化を楽しみたいですね~catfacesign01

さぁ、明日は水曜日、キキナビですsign03テーマは・・・

節分にちなみまして、
「私の中の鬼thunder」話sign01

プレゼントは、節分にちなみまして、

大阪屋製菓さんから、

さや付き落花生、鬼内豆、福豆、ミルクキャンデー、鬼と福のお面が入った

「節分詰め合わせセット」を5名様にプレゼントpresentshine

皆さんのメッセージお待ちしていますnote

2015年1月23日 (金)

班入り椿☆彡

今日はRN.安那ちゃんの伯母ちゃんから

班入り椿の写真が届きましたhappy01

H27123

椿というと、真っ赤なイメージが強いですが、これもまた綺麗ですね~heart04

寒い中、凛と咲く姿が素敵ですlovely

出水では、鶴の北帰行が始まっていているそうでchick

安那ちゃんの伯母ちゃんのお家の周りをまわって
飛んでいった鶴もいたみたいですhouseshine

鶴のように、私達も空を悠々と飛んでいけたら楽しそうですね~note

2015年1月22日 (木)

1月22日(木)   ととナビvol.30   ガンガゼ

新年からおいしい魚介のお話が続いていますが、今日は・・・ ウニ

・・・といっても、ムラサキウニやエゾバフンウニのような高級なウニではなく、

ガンガゼdown

2015122ganngaze1

藻場を荒らす・・・として悪者扱いされ、長いとげの先には毒があるのでダイバーからも嫌われているウニです。

駆除の対象にもなっていますが、鹿児島でも特にこの寒い時期、錦江湾産とか、鹿児島産として、

少し安い値段で売られているのをご存知でしょうか?

鮮やかな黄色ではなく、身も小さいですが、お刺身になるとこんな感じ・・・down

2015122ganngaze2

見た目は地味ですが、ちゃんとウニの味がしますし、安いのが魅力。

外国産もいいですが、地元の海のウニ(ガンガゼ)をガンガン食べましょうsign03

ところで、ここでクイズです。

mobaq私たちが食べているのは、ウニのからだのどの部分?

      ①雌の卵巣   ②雄の精巣   ③肝

答は・・・・①かと思いきや、①と②なんですって!!(③ではありませんよ、えつこさんsad

なんと、ウニの卵巣と精巣は、外見では区別できないんですってsign03

知りませんでした。。。。

2015年1月21日 (水)

大失敗話。。。

今日は雨が降ったり、やんだり、雷注意報も出ていた地方もありましたね。

そんななか、今日は水曜日note

キキナビ~karaoke

やってしまった~!!大失敗話impact

みなさんの大失敗しちゃったお話を募集しましたsmile

昨晩の話から、何十年前の話まで様々でしたtyphoon

そのときご紹介しましたメールを一通こちらでもご紹介

ラジオネームは伏せておきます・・・catface

数年前のお話ですが、家族の記憶にもしっかり残っている出来事だそうflair

************************

シチューを食べた翌日、お鍋のふたを持ち上げたところ、鍋ごと持ち上がったので、

おもしろいflairsign01と思い、

家族に「ほらほら見て~happy01note」と見せたと同時に、

シチューの入った鍋は床へ・・・

服にも髪にもべっとりシチューが飛び跳ねてしまいましたcryingtyphoon

************************

という大失敗話をいただきましたdelicious

シチューが落ちていく瞬間・・・目に浮かぶようですcoldsweats01

メッセージありがとうございましたshine

みなさんの失敗、いつか笑って話せる日がきますようにcatface

2015年1月20日 (火)

フロントガラスが・・・!!

RN. 蒲生のあげおかべ さんから

「大寒の今朝、愛車 軽トラのフロントガラスが、こんなことになっていました!」

とのメールと共に届いた写真がこちらdown

2015120_3

すごくびっしりフロントガラスが凍ってますsnow

まるで氷のお城が出来上がっていきそうな凍り方ですよねshine

自然の力は、すごいですねhappy01

まだまだ、寒い日が続きますので、みなさん暖かくして過ごして下さいねconfidentsun

2015年1月16日 (金)

白のカーテン♪

RN みかん さんから写真が届きましたhappy01

H27116

みかんじゃないです、大根をたくさん干したそうですhappy01

全部で40本も すごいですねsign03

夏は緑のカーテン

冬は白のカーテンができるそうですwink

大根だけではなく、野菜は干すと、水分がとんで甘みがますといわれていますdelicious

みなさんも何か干したときは、写真を送ってくださーいwink

2015年1月15日 (木)

甘い香り・・・

昨日、女子スタッフでキャワキャワと「○○のクッキーシュークリーム食べた~いheart」と言ってましたhappy01

すると・・・えっちゃんが「はいup これkissmark」と朝の打合せで持ってきたpresent

なんと、朝、お店が開店するのを待って買いに行ってくれたそうeyeshine

_home_standby_htdocs__tool_imgconve


きゅい~~~んheart04heart01heart04(←喜びの声)

生地がサックサクで、クリームは甘~いdelicious    


えっちゃ~~ん、これからも よ・ろ・し・くhappy02good


ペロッと食べちゃうスタッフでしたsmile

1月15日(木)  ととナビvol.29  アンコウ

今週ご紹介するのは、 アンコウ

鍋にぴったり、冬においしいアンコウですが、何と言っても「肝」がうまい!

アンコウの産卵期は春なんですが、雌は卵巣にたくさんの卵原細胞を持っていて、

それが発達し、卵黄が蓄積して成熟し、産卵に至ります。

その卵黄のもととなる物質を作っているのが肝臓、つまり肝。

産卵期の前である冬に、肝臓はその物質を作るために肥大します。

だから、冬の雌のアンコウの肝はおいしいというわけ。

アンコウは捨てるところがない魚・・・といわれますが、吊るし切りして捌きます。

胃のなかの物までおいしくいただけるんだそうですよ。

さて、そのアンコウですが、次の2種類がいます。

まずはアンコウdown

2015115ankou1_2

2015115ankou2 

 

 

 

 

 

 

そして、もうひとつは、キアンコウdown

2015115ankou3

2015115ankou4 

 
 

 

 

 

 

 

見分け方は口の中の模様。白い斑点があればアンコウ、なければキアンコウです。

そして、キアンコウはより大型。なので、肝も大きくなるキアンコウの雌がサイコーcatscissorsです。

皆さんはどの食べ方がお好きですか?

2015115ankou5

2015115ankou6