2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

恵津子さんと行く ソウル3日間!!

恵津子さんと行く ソウル3日間airplane

連日、お問合せいただいてますsign03

詳しい内容は、MBCトップページ右下にある「新着情報」でも確認できますし、

airplaneこちらからもページにアクセスできますhappy01

是非、ご覧下さいませ~wink

2016年8月18日 (木)

2016年8月18日(木)    ととナビvol.112  ニザダイ   

今月は『ファインディングドリー』つながりで、ドリーの仲間、つまりニザダイ科の魚を紹介しています。

今日はニザダイ科の代表種、 ザダ です。

201681831nizadai

大きさは40センチくらいで、尻尾の手前にいくつかの黒い斑紋があるのが特徴です。

201681832nizadainosippo

この写真の個体は4つありますが、前方の3つが目立ちますね。この模様が漢字の「三」という字に似ているので「さんのじ」とも呼ばれています。「こめじろ」と呼ぶ地域もあります。

 この黒い斑紋のところには鋭いとげがあるので気をつけなければなりません。

英語名はソーテール(sawtail)。直訳すれば「のこぎり状のしっぽ」、納得ですねconfident

 

ところで、ニザダイ科の魚は一般的に雑食性で、「臭くて食べられないbearing」という「迷信」が広まっています。ニザダイは磯釣りで釣られることも多いんですが、「迷信」を信じて食べない人も多いんだそう。 

だがしかし、ニザダイはおいしい魚です。

ただし、食べる際に重要なことが2つあります。

まずは新鮮であること、そして、調理の際に内臓を傷つけずにきれいに取り除くことです。

 

調理の際には、まずしっぽの手前のとげに気をつけながら皮をむきます。カワハギと同じ要領です(ととナビの教科書大富潤著「九州発食べる地魚図鑑」の12ページをご覧ください)

 ニザダイの刺身は血合いの色がとてもきれい。実は刺身盛りに使うお店が多いんだとか。脂ののった個体は甘味があって抜群のおいしさです。フライにしても、おいしい白身魚フライになるそうですよ。

201681833nizadaisashimi

201681834nizadaifurai

ニザダイは鹿児島のスーパーではよく売られている魚です。「さんのじ」とか「こめじろ」と書かれているかもしれませんが、見かけたらぜひ食べてみましょう。

 

 

 

 

 

2016年8月16日 (火)

明日の聞きナビは・・・

今日のお出かけ隊では、

8月20日(土)、21日(日)に南大隅町で開催される

肝試しイベント「餌食(えじき)」をご紹介しました。

話を聞いているだけで、ぞ~っとしました・・・

なので、皆さんにお伺いしたいと思いますsign01

 

 鳥肌が立つ、ぞ~っとした 話 

 

明日(8月17日(水))お昼12:00までにメール・FAXでメッセージをお寄せください。

お寄せくださった中からお一人に「POPOらベル」をプレゼント!

みなさんからのアクセスお待ちしていますhappy01

2016年8月11日 (木)

TOYOTA街角ステーション!

*今日は「指宿市」から、この時期食べたい、もちもちぷるぷるの和菓子をご紹介しました!*

今回伺ったのは、指宿市湯の浜4丁目、指宿温泉街の一角にあるお菓子屋さん、

「御菓子司鳥越屋」です。

創業は大正8年。100年近く指宿の地で親しまれている、老舗のお菓子屋さんですshine 

現在、4代目店主の鈴木芳乃さんをはじめ、ご両親と弟さんの、ご家族4人で、
創業当時からの変わらぬ味を守り続けていらっしゃいます。

H28811_2

昨年リニューアルした店舗。まるでおしゃれな和カフェのような外観。
店内も木をふんだんに使った、和モダンな雰囲気です。 

ショーケースには、指宿特産のソラマメさつまいもを使った和菓子をはじめ、
弟さんが手掛ける洋菓子も並びます。
そんな中でも、この夏の時期、特に人気のお菓子があります。
それが、今回ご紹介します「わらび餅」sign03

昨年、新しくお店をリニューアルしたことをきっかけに、販売を始めた「わらび餅」

H288112_2

徐々に口コミで広がり、このわらび餅を求めて、遠くからお客様が訪れるという、
この時期の看板商品になりました。 

正方形の箱に、2.5㎝角のサイコロ状のわらび餅が12個入っていますflair 

褐色のわらび餅は、国産の本わらび粉を一部使用したもの。独自の製法で、
もっちり食感に仕上げています。
例えるなら、ちょっとマシュマロに近いようなふわふわ感catface
もっちりだけど口どけが良い、感動のなめらかさですheart04

そのわらび餅の上には、国産の黒大豆を深煎りした

黒須きなこ(京風きなこ)がたっぷりかかっています。

深煎りすることによって、色目の濃い、きめの細かいきなこになっています。
とてもこくがあって、少しほろ苦さがあるんですが、
優しい甘さのわらび餅との相性はばっちり!
深い味わいの、大人なわらび餅になっていますheart02

冷やして食べてもおいしいですし、逆に常温だと、よりわらび餅や深煎りきなこの風味を感じられて味わい深いですnote

H288113


<場所> 指宿市湯の浜4丁目。指宿の温泉街、砂蒸し会館砂楽から2~300mほど。
    砂楽の前の通りから、1本山側の筋に入ったところ。近く、若宮神社がありました。

<営業時間> 朝10時~夜7時まで

<定休日> 火曜日

<お値段> 2.5㎝角のわらび餅が12個入って、480円。

<お問合せ> 0993-22-3878

※来週は、『ネッツトヨタ南九州鹿児島本店』におじゃまします。来週もお楽しみに!

2016年8月11日(木)   ととナビvol.111  ニセカンランハギ

先週は映画『ファインディングドリー』のお話でしたが、「ドリー」はナンヨウハギというニザダイ科の魚ということでしたね。

今週、来週は、「ドリー」つながりで、そのニザダイ科のお魚を紹介していきます。

基本的に、ニザダイ科の魚は熱帯地方では食用にされるんですが、日本では観賞用にされることが多く、食用としてはあまり好まれていません。 

一部の魚種を除いて水揚げされることは少なく、水揚げされてもとても安い値段で取引されています。つまり、安い魚downなんです。

ドリーの「ナンヨウハギ」は食べていない・・・という大富先生ですが、ドリーに近い魚で、

先生が食べた中で一番印象に残っているのはカンという魚なんだとか。

ドリーのように青くはありませんが、それなりにカラフルな感じの魚です。

201681121nisekanranhagi_2

 

先生は、新鮮なものをお刺身で食べたそうですが、身がきれいで、脂があっておいしかったそう。

201681122nisekanranhagisashimi

希ですがスーパーにならぶこともあるそうですので、皆さんも見つけたらぜひ買って食べてみてください。お買い得ですよhappy01

2016年8月 4日 (木)

TOYOTA街角ステーション!

今回は「伊佐市」から、地元で長く愛されているハンバーガーの専門店をご紹介しましたsign01

  伊佐市大口元町、にあるハンバーガー専門店「バーガーショップファミリー」

 オープンしたのは、今から30年ほど前。京都出身のご主人松木信次さんが、
ご両親のふるさとである大口にこのお店を開きました。
店内は、昔懐かしい喫茶店のような感じ。お店の一角の本棚にはたくさんの漫画が並び、
何だかアットホームな雰囲気です。

 さて、メニューはというと、ハンバーガーだけでも13種類
その他にも、卵とツナのホットサンド、常連さんに人気のとんかつサンド、
ハンバーガーを食べない方の為に、焼きそばやピラフなど、たくさんの種類があります。

H2884

中でも人気で、お店の看板メニューになっているのが、「黒豚ハンバーガーpig
純粋黒豚六白黒豚をパティに使った、六白黒豚バーガーが売りです。
パティは、ご主人が毎朝手作りで手ごね。六白黒豚のブロックを、冷蔵で仕入れ、
これをミンチしたものに、炒めた玉ねぎなどの材料を合わせて、しっかり手ごねします。
味付けは塩こしょうのみ。黒豚の旨味を活かすために、シンプルな味付けになっています。
黒豚のうまみ、甘みを存分に感じられる、ジューシーなパティ。
食感は、つくねに近い感じです。
かなりさっぱりとした脂で、とても食べやすいですが、
結構大きいパティなのでボリューム感がありますsign03

H28842

具の野菜もかなりの具だくさん。レタストマトキャベツもたっぷり。
なんとバーガーソースも手作りsign01
ご主人がお店でオリジナルのソースを作っていらっしゃいました。

バンズもとてもおいしいです!
熊本のバンズ専門店から取り寄せていらっしゃるようなんですが、
国産小麦の全粒粉を使っているバンズで、完全無添加。
ちょっと茶色っぽい色をしています。食感は、外側がパリッとしていて、
例えるならフランスパンに近いような食感。中はふわっとして、でもしっとり感あり。
噛めば噛むほど甘みを感じられる、香りの良いバンズでした。

もりもり食べて、暑い夏を吹き飛ばしましょう!・・・おすすめです(笑)。

<場所> 伊佐市大口元町。
     国道268号元町実業交差点を、商店街の方へ500m程走って頂くと、
     右手に仲町バス停が見えてまいりますので、この筋を右。
     100m程先左手にあります。

<営業時間> 朝10時~夜7時まで。

<定休日> 不定休。ほぼ開いているとのお話でした。

<お値段> 330円~販売していました。

<お問合せ> 0995-22-4986