2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2017年3月23日 (木)

2017年3月23日(木)   ととナビvol.143  キンメダマシ

先週はとてもめずらしいアカメという魚を紹介しましたが、今週もめずらしいですよ~。

では、本題に入る前にまず復習です。

キンメダイ(以前やりましたね?)の仲間で市場に出回っているのは何種類でしょう?

答は3種類

まずは正真正銘の、和名キンメダイ。関東地方でも大人気の一番おいしいキンメダイです。大きいものは50センチを越える高級魚です。

2017032341kinmedai 

次に、フウセンキンメ。キンメダイに似ていますが、鼻の孔の形が違います。これもとてもおいしい魚ですが、大きくても30センチくらいにしかならないので値段が安く、お買い得な魚です。

 2017032342fuusenkime

最後にナンヨウキンメ。鹿児島では「ひらきんめ」と呼ばれ一番多く出回っているキンメダイです。少し脂が少ないので、煮付けよりも刺身やしゃぶしゃぶにあう魚です。

 2017032343nanyoukinme

というわけで、キンメダイの仲間は3種類。でも、実は日本にはもう1種類のキンメダイがいるんですよ。

それが今日ご紹介する キンメダマシ 。

 2017032344kinmedamashi

アカメの次はキンメで、しかもダマシって。。。weep

さっきの3種はキンメダイ科キンメダイ属ですが、キンメダマシはキンメダイ科キンメダマシ属なんです。そして、とてもめずらしい魚なので市場に出回っていません。属は違いますが、同じキンメダイ科の魚です。

 

それにしてもひどい名前ですpout。れっきとしたキンメダイの仲間なのに。。。

モドキならともかく、ダマシですからね。

三島村の黒島沖でとれた全長30センチの個体ですが、そもそも小さい魚なので、30センチといえばほぼ最大だと思います。これまでの文献では「キンメダイに比べると味は劣る」という評価なんですが・・・、以下大富先生の食レポです。

shadow「私は刺身で食べてみました。そしたら、なんのなんの、ぜんぜんいける魚ですよ。キンメダイとはまた違う、やわらかくてもちっとした食感で。確かにキンメダイほど脂はありませんが、旨味、そしてほんのりとした甘味があっておいしかったですよ。」

 2017032345kinmedamashisashimi

皆さん、自分の舌を信じて、まずは食べてみることが大事ですよ。

いい意味でダマされること、多いですよwink

 

 

2017年3月17日 (金)

ロケット!

今日、17日午前10時20分に、種子島宇宙センターから

H2Aロケット33号機が打ち上げられましたshine

みなさんから打ち上げられたロケットの写真をいただきましたが、

種子島のリスナーさんからもお写真いただきましたsign03

Rn.種子島のよかにさあさんcamera

家の近くの畠から写した、ロケット打ち上げの瞬間です。
家の近くの畠からでも良く見えるんですよ

H29317

こちらは、Rn.サメサメさんcamera

今日は、仕事の都合で、熊野漁港からみました!快晴でとても綺麗でした!

H293172

こんなに煙がもくもくとしているんですね。

鹿児島市内からですと、ぴゅ―っと細い線しか見られなかったので、

新鮮でしたeyeimpact

打ち上げは成功とのことですので、

これからの宇宙での活躍に期待したいですねcatfaceup

追記・・・加えて、お写真いただきましたsign01

Rn.シマジンガーZさんcamera

先ほどロケット飛んでいきましたぁ
自宅の近くでの観戦でした(^_^)

H293173

ロケットが上っていく様子がわかりますねeyeupupup

すごいsign03龍みたいですねimpact

みなさん、ありがとうございましたsign01

2017年3月16日 (木)

2017年3月16日(木)   ととナビvol.142 アカメ

今日は、名前は平凡なんですが、とてもめずらしい魚のお話をしたいと思います。

名前は・・・ アカメ

 

スズキに似ていますが、背中が盛り上がってスズキよりも太っています。光を反射すると角度によっては目が赤く光るflairことからアカメという名前が付けられました。

 

アカメは世界中で日本にしか、しかも、西日本の太平洋側の沿岸域だけにしかいません。絶滅が危惧されていて、お隣の宮崎県では捕獲が禁止されています。

 

鹿児島県内ではこれまで志布志内之浦種子島で発見されていましたが、2014年12月に錦江湾内、谷山の小型定置網にアカメがかかったんだそう。

shadow「これにより、それまで種子島だったアカメの分布域の西の端が谷山沖に更新されることになったので、半身だけ食べて、もう片方の体は論文作成用の標本にしたんですよ。全長57センチ、体重3.2キロで、アカメとしてはそれほど大きくない個体でしたけどね・・・downこれが、私が生まれて初めて見た、そして食べたアカメでした。。。」・・・というわけで、こちらが3.2㎏

 2017031631akame32kg

そして、その2年後(去年の12月)に、2回目のチャンスがやってきました!!高山町の定置網で3個体獲れたうちの一匹。コレですdown

2017031632akame282kg

shadow「この写真upはその中の一番小さい個体ですが、

全長115センチ、体重28.2キロです。。。」

・・・てなわけで、こちらは28.2㎏

shadow結構太っているでしょ。この日一番大きかった個体は体重35.7キロsign03でした。。。」

 

釣りの世界では、これまでに釣られたアカメの最大記録は、

長さは140センチ、重量は39キロです(小学生の子供くらいありますぅ・・・catface)。

アカメは日本にしかいないので、日本記録イコール世界記録です。・・・ということは、今回水揚げされたのは世界記録に迫る大きさだったんですね~coldsweats02

 

shadow「最初の、3.2キロの個体は刺身と塩焼きで食べました。とくに刺身はもちもちとした食感で甘味、旨味があって、とてもおいしかったですね。2回目の28.2キロの個体は、にぎり寿司で食べましたが、脂がありましたね」

2017031633akamesashimi 

アカメはうろこがとても大きく、5センチ以上あるそう。

うろこの大きな魚は素揚げにすればおいしく食べられるので、今回も素揚げにしてみましたが、大きすぎて(←そのまま靴ベラになるくらい)、かたすぎて、食べられないかったそうですよ。うーん、見るからにムリthink

 2017031634akameuroko

shadow:「アカメは絶滅危惧種ですから積極的に食べましょうsign01とは言えませんが、ごくごく希に水揚げされますので、運が良ければ出会えるかもしれませんよ」gawk

岩ツツジ

Rn.リタイアした修理屋さんからいただきましたshine

春を告げる岩ツツジが枝いっぱいに花をつけました。

樹冠4メートルもありますよ。

H29316

すごいボリュームですねeyesign03

この感じで八分咲きなんですねsign01

満開が楽しみですね~~heart04

すてきなお写真有難うございますcatfacenote

2017年3月15日 (水)

クイーンエリザベス

Rn.指宿市民二年生さんからいただきましたcamera

たまたま鹿児島市にきたら、入港していましたよ。クイーンエリザベス。
おっきいね~。
多分、一生乗ることないんだろうなあ、と思いながら、記念撮影。

H29315

おおきいですね~~eyesign01sign01

今日の夕方4時30分に出航予定だそうですshipdash

風が強いですが、青空なのできれいに写真が撮れますねcamerashine

お写真ありがとうございましたsign01