2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

恵津子さんと行く ソウル3日間!!

恵津子さんと行く ソウル3日間airplane

連日お問合せいただき、ありがとうございましたheart

ソウルツアーはおかげさまで 完売 しましたsign03

ツアーに参加される方で、ツアー内容をお知りになりたい方は

airplaneこちらからページにアクセスできますhappy01

2016年9月22日 (木)

2016年9月22日(木)    ととナビvol.117   マルゴシミノエビ

今日はまず、エビの食感についてまとめておきましょう。

先週は、オキナエビという深海性のエビの話でしたが、

深海性のエビの特徴は、「お刺身は身がやわらかく、甘味が強い傾向にある」ということ。確かにとろりと甘いですよね? 

それに対して、浅い海にいるクルマエビなんかは、生で食べると、はじけるようなプリプリの食感ですね(‟おどり食い”なんてその最たるもの)。

深海性のエビも、じつは生きているうちに食べると結構プリプリ感があります。ただ、プリプリとしてはじけるような食感のものほど甘味は少ないんです。

深海性のエビの場合、水揚げされて少し時間がたつと身にしまりがなくなってきて、やわらかいトロトロの食感になります。そうすると、甘味が出てくるんです。つまり、プリプリ感と甘さは背中合わせなんですね。

どうしてそんなことになるのか・・・?

それは一言でいうと、「消化酵素」のせい。

エサを食べて暮らす生き物は、食べたエサを消化するための酵素、つまり「タンパク質分解酵素」を持っています。そして、水温の低い深海の底では、酵素の働きが弱くなるため、深海エビは体内にたくさんの酵素を持っているんですね。 

生きているうちはその酵素で食べたものを消化するんですが、死んでしまったら、自分自身の体もタンパク質の塊になりますshock。そうすると、自分のもっている消化酵素で自分の筋肉が消化される(=「自己消化」といいます)んですって! 

そんなわけで、寒いところにすみ酵素をたくさん持っている深海性のエビは、浅い海、つまりあたたかい環境にいるエビに比べて、よりやわらかく、トロトロの食感になるんですhappy01。しかも、タンパク質がアミノ酸に分解されることで甘みが増すんですねlovely

 

余談ですが、最近、肉でも魚でも「熟成」という言葉をよく耳にしますよね。あれはこの「自己消化」なんですよthink

 

・・・なんだかとっても納得していただけたのではないでしょうか?

では最後に(遅くなりましたが)、トロトロの深海エビを一つ紹介しましょう。与論島の水深800mの海底で獲れたミノエビの仲間、 

マルゴシミノエビ です。

201692241marugoshiminoebi

南国の鹿児島でも、深海の底はとても寒い世界です。以前、ミノエビというエビを紹介しましたが、背中というか腰の部分にとげがありました(覚えていますか?)。

そしてコレは、腰にとげのないミノエビ(・・・だから、和名マルゴシミノエビ)。 

きれいなオレンジ色のエビで、刺身は典型的な深海エビの食感。トロトロですlovelygood。モチロン甘味が強く、とてもおいしいです。

201692242marugoshiminoebisashimi

ミノエビの仲間は水深600mから1000mくらいのとても深い海の底にいます。あまり知られていませんが、今後はもっと有名になってほしいですね。

 

2016年9月21日 (水)

台風の爪あと・・・

Rn.垂水のピーちゃんママさんから頂きました。

台風一過も1日過ぎましたが、垂水の猿が城の下にある、
実家は家の中を川が流れました(><)

命は助かったものの、床上浸水も人事だと思っていただけに、自分達の身に起きると、
何が何だか?何から手をつけたら良いのかわかりません(><)

報道も、市の行政も遠い猿が城の方には来てもくれません(><)
被害は見えてないところも凄いことをわかって欲しくて、
この場を借りてお願いしたいです

被害にあった皆様、御見舞申し上げます。

お互い、大変ですが、1日でも早い復興を願い、頑張っていきましょう

写真は、昨日の朝のものですが、送ります

H28921

H289212

H289213

H289214

H289215

みなさんお住まいの地域で被害にあわれた方がいらっしゃると思います。

お見舞い申し上げます。

ラジオで少しでも皆さんの心に寄り添うことが出来るよう、

たんぽぽ倶楽部今日も放送してまいります。

本当に一日も早い復興、復旧をお祈りしております。

2016年9月16日 (金)

宮崎県小林市からお客様♪

今日は、えっちゃんがドック入り(人間ドック)ということで、

米ちゃんこと、米澤瑠美さんがたんぽぽ倶楽部お送りしましたsign01

そして、今日のおでかけ隊は宮崎県小林市の観光農園から、

号園外種子田果実園 外種子田 和人さん
6号園種子田梨園 種子田 健太郎さん

のお二人にお越しいただきましたshine

H289163

霧島の大自然の中、小林のきれいな湧水で大きく甘く育った、

ぶどう狩りを楽しむことができる観光農園ですsign01

H28916_2

そして甘さが自慢の秋月shine

H289162

甘さがすご~いsign01全部みずみずしくて、ぶどうは弾けんばかり一粒一粒が

まるまるしてましたlovelysign03

ぜひぜひ、みなさん、お出かけになって、自分の手で収穫した梨・ぶどうを

味わってみてください!

場所>宮崎県小林市 小林市役所からすぐ。
   鹿児島からは宮崎自動車道 小林インターで降りて、左にまぎってください。

お問合せ> 2号園 外種子田果実園 ℡:0984-22-7417
      6号園 種子田梨園   ℡:0984-23-6088

2016年9月15日 (木)

今日は十五夜♬

今日はみなさんから、十五夜についてのアクセスをたくさんいただきましたshine

いつもキッチンマジックのコーナーで料理を教えて下さる

旬彩なか村、中村芳雄さん からも写真がとどきましたよup

H28915

十五夜飾りですlovely  lovely  lovely

みなさんもうお団子は食べましたか?

月を愛でながら、素敵な夜をお過ごしくださいnotes

2016年9月15日(木)    ととナビvol.116  オキナエビ

今日は「老人の日」。そして来週の月曜日19日は「敬老の日」ですね。

そんなこの時期にぴったりなエビをご紹介しましょう!それは・・・ オキナエビ

201691531okinaebi

ロブスターやアカザエビなどと同じザリガニの仲間で、大きさは15㎝くらい。水深400mくらいの海底にすんでいる深海性のエビで、鹿児島ではたかえび漁で、希に混獲されます。

 (ここからは、大富先生の感想です)

shadowエビといえば、ぴちぴちした動きや、ごつごつとしてとげとげしい体を想像しますよね。腰は曲がっているかもしれませんが、どちらかといえばエビって若者のイメージですよね(think )

ところが、オキナエビは「とげがない」というか「かどがとれた」というか、老練さを感じるエビなんですよ。どうですか?up いかにも、海底にひっそりとたたずんで、「今どきの若者はなぁ…」なんて言いそうな感じがしますよね。

体中に産毛が生えていてかなり地味な色合いですが、真っ赤なひげと脚がおしゃれでしょ。

ただし、目はとても小さく、ほとんど見えていないと思われます。down エサを探すのはもっぱら赤いひげ、つまり触角ですね。

201691532okinaebinchiisaname

じつはこのオキナエビ。とてもめずらしいエビで、獲れるのは本当に希。なので、食材としてはあまり認識されていません。

そんな貴重なエビをやはり大富先生は食べていました!・・・

shadowええ、私は食べました。まずは刺身で。深海性のエビの刺身は身が柔らかく甘みが強い傾向があるんですが、オキナエビは意外にやわらかくなくて、イセエビを思わせるしっかりとした食感でした。やや甘味は少ないですが、とてもおいしかったです。

201691533okinaebisashimi

shadow次は、塩茹で。甘味が増して歯ごたえがあり、とてもいい感じでした。味噌汁もいい出汁が出て、よかったです。

201691534okinaebishioyude_3

201691535okinaebimisoshiru_2

オキナエビは、深海に住んでいるのに、深海エビらしくない味わいの、希少なエビです。

「敬老の日にぜひどうぞ」とは申せません。(大富先生でもなかなか口にする機会はないそうですからcoldsweats01

たかえび漁の漁師さんたちと仲良くなって、ぜひ分けてもらいましょう!!