« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

元気市!南さつま市☆

1302281

〈南さつま市役所の馬場友紀子さん(左)と荒田浩文さん(右)happy01camera

今週は、3月2日(土)、3日(日)に鹿児島市のドルフィンポートで開催される「半島隅くじら元気市」に参加する1市3町にお邪魔して、元気市のことやその地区の魅力などについて、お話を伺っていますhappy01

 

今日は「南さつま市」ですnotehappy02

先週も中継でお伝えした 南さつま市大浦町にあります「くじらの眠る丘」前から、南さつま市役所 産業おこし部 商工政策課の馬場友紀子さんにお話を伺いましたflair

1302282  

南さつま市の魅力について「日本三大砂丘のある吹上浜やリアス式海岸の望める風景」、「海道八景の景色は最高で、夕日が沈む時や青い空、青い海mistは特に素敵」と教えてくれましたshinewink

 

「半島隅くじら元気市」では、坊津の海水で作った天然塩、つけあげ、加工食品、農産物などを販売しますflair

また、飲食コーナーでは、焼き豚、ウインナー、ベーコン、黒豚の餃子、鹿児島せごどんラーメン、焼酎の試飲販売をしていますhappy01

 

「タンカン・デコポンの詰め放題」も行われますsign01普通に入れると、大体1.7~1.8キロくらいでしたflairぜひ皆さん、袋が破れない範囲で好きなだけお詰め下さいwink

 

抽選会では、地元特産のふくれ菓子(ココア、黒糖)などもプレゼントされますflair

美味しいものを楽しんで、実際に南さつま市に行って景色の素敵な部分もぜひ感じてみてくださいwink

1302283

<おらべ!叫べ叫べーっ★>

ちょうど私たちの後ろにある『くじらの眠る丘』、3月10日(日)にオープンしますshineこちらで開催されるのが…“おらべ!ホンネでマッコウ勝負!!”sign01こちらは、大声大会sign03ホエールステージからホンネ(骨)で愛するふるさとや人・ものなどへの想いを元気よく叫んでもらいますsun音量測定器による声の数値の大きさと、叫んだ夢や想いの内容を合わせて審査しますflair参加資格は、誰にも負けない想いや夢のある方、大声に自身のある方となっていますup大人の部、子どもの部、審査員特別賞もあるので、こちらのくじらの眠る丘の会場にお越しくださいclover先着50名までですよ~★

また、笠沙町片浦の谷山地区に江戸時代後期に造られた幅100m、高さ200mの段々畑があり、現在この段々畑が3月17日までLEDによってライトアップされていますshine暗闇に幻想的な石垣群が浮かび上がるそうで、実際見られた馬場さんもおすすめされていましたheart04また、5月には吹上浜砂の祭典も開催されますsun今回も砂像もイベントも盛りだくさんup楽しみですね~note

2013年2月27日 (水)

南大隅町にいいとこたくさん!

1302271

〈南大隅町役場の石畑光紀さん、なんたん市場館長の下田裕一さんhappy01camera

今週は、3月2日、3日にドルフィンポートで開催される「半島隅くじら元気市」に参加する1市3町にお邪魔していますflair

今日は南大隅町のことについて、南大隅町根占川南の「なんたん市場」で、館長の下田裕一さんと、南大隅町役場 企画振興課の石畑光紀さんに伺いましたshinehappy01

 

南大隅町のいいところを挙げて頂くと…、

九州本島最南端にあり、日本最古の灯台のひとつがある「佐多岬」はもちろん、

桜島、開聞岳、硫黄島まで望める「パノラマパーク西原台」という素敵な場所、

某大手銀行のカレンダーにも使われた高さ60m、幅46mの壮大な「雄川の滝」、

二つの鳥居が横に並んでいる珍しい神社の「諏訪神社」など、

たっくさんのいいところがありましたshinehappy02

1302273  

「半島隅くじら元気市」では、100品近くの様々なものを販売するそうですsign01

大人気の野菜をメインに、タンカンなどの果物、お菓子などが並びますsmile

特に注目は「丸ボーロ」sign01

あるお店だけで作られる しっとりしていて やさしい甘さのある丸ボーロが、2年ぶりに復活sign01「ここの丸ボーロはないのsign02」と去年何人からも言われたそうですbearingsweat01300袋限定で販売されますので、気になる方はお早めにどうぞshinewink

他にも、美味しいコロッケや唐揚げをその場で上げる実演販売や、

「ジェラシー…」

 

 

…と下田さんがおっしゃっていた「焼き餅」が販売されるそうです(笑)happy01

美味しいものも、楽しい雰囲気も、ぜひ味わいに来て下さいhappy02

1302272

9時30分頃の中継では、館長の下田さんに伺いましたshine

来月の3月に1周年を迎える「南大隅町観光交流物産館 なんたん市場」sign03

3月16日(日)にイベントを開催するといおうことでご紹介していただきましたhappy01

毎日、新鮮でおいしい果物や野菜が並びますが、館内には、ご当地ソフトクリーム「たんかんソフト・塩バニラ」もありましたlovely

1302274

みなさんもぜひ南大隅町へお越しくださいsign03happy02

2013年2月26日 (火)

半島隅くじら元気市・錦江町!

1302261

〈錦江町のゆるきゃら「でんしろうくん」と地域振興課の田代眞介さんhappy01shine

今週2日(土)、3日(日)に、ドルフィンポートで開催される「半島隅くじら元気市」sign01

薩摩・大隅半島の先端の一市三町(南さつま市、肝属町、錦江町、南大隅町)の観光と物産展ですflair

今週は、その市や町に伺いお話を伺っていますnote今日は錦江町役場田代支所にお邪魔しまして、地域振興課の田代眞介さんに伺いましたhappy01

 

元気市では、錦江町からは色々な野菜や特産品、無農薬米、いちごなどを並べるそうですflair

特に、「ひとくちげたんは」や「けせんだんご」などの特産品は人気で、元気市当日はお早めにお求め頂いたほうがよさそうですよnote

1302262

「けせん」というシナモンの一種の葉でつつまれたよもぎのお団子を手作りで丁寧に作り上げた「けせんだんご」confident

よもぎをたっぷり使い、甘い香りと、ぎゅっと詰まった濃厚な味わいで、懐かしい味がしましたsmile

無農薬米もいつもよりだいぶお値段を抑えてあるそうですwink

 

そして今年初開催の「いも詰め放題」が2日(土)の12時~12時30分まで行われるそうですshinehappy01「じゃがいも、さつまいも、さといも」を好きなだけ袋に詰めて300円sign01

さぁsign01どれだけ詰められるか腕試しをしてみてくださいhappy02

 

田代さんのお好きな錦江町の風景は「無人販売所」sign01

のどかな雰囲気で昔ながらの良き部分が残っている象徴のようなものなんだそうですsmile

そこでも、美味しそうないちごがありましたよflairhappy01

錦江町に行った時にはぜひ無人販売所ものぞいて見て下さいwink

1302263

<でんしろうくんは、錦江町にたくさんいるカブトムシがモデル♪>

錦江町では、4月7日(日)に花瀬公園祭りが開催されますsun舞台芸能のゲストも豪華shineまた、ゆるキャラたちが集まりますgoodゆるキャラたちがヒゲダンスを踊る予定でnote錦江町のゆるキャラは「でんしろう」くんsign03カブトムシをモチーフにしていていますflairでんしろうくんは旧田代町のキャラクターで田代の『田』を『でん』と読んで「でんしろう」という名前になったそうですhappy01誕生してから16年sign01ゆるキャラの先輩ですねsmile青い手は、川や空をイメージしていて、緑の足は自然を表しているそうですflairでんしろうくんも今週末の半島隅くじら元気市にくわがたガールズと一緒にやってきますupでんじろうくんの特技を披露するということなので、ぜひでんしろうくんに会いに遊びに来てくださいねheart01

春はまだかなぁ??

多くの自然に囲まれてのんび~りとした時間が流れている、南さつま市にある
大浦保育園

ココには元気いっぱいな45名のお友達が仲良く過ごしています。
今日の放送で 春が来た を披露してくれました。最近子ども達は園の周辺で春探しcherryblossom
しているので、聞いていて私まで春が待ちどおしくなりましたぁ~note

今回インタビューに答えてくれたのは、今度小学校1年生になる7人のお友達★
みんなそれぞれに小学校で楽しみにしていることや、がんばりたいことを教えてくれました。
みんないろんなことを思いながら、ランドセルを背負って学校へ出かけることを
待っているようでした★
残りの園での生活を思いっきり楽しんで下さいねhappy01
Photo_8

2013年2月25日 (月)

今週末は半島隅くじら元気市☆

1302251

<肝付町のゆるキャラはやぶさめくん(左)といて丸くん(右)>

薩摩、大隅半島の先端一市三町の観光と物産展「半島隅くじら元気市」が、今度の土日3月2・3日に鹿児島市のドルフィンポートで開催されますup
今日は半島隅くじら元気市に参加する、肝付町にお邪魔しましたnoteお話を肝付町役場企画調整課商工観光の伊地知貞行さんに伺いましたflair
肝付町は、やぶさめとはやぶさが有名な町!それをモチーフにしたゆるキャラが肝付町にいるんですlovelyとってもかわい「いて丸くん」と「はやぶさめくん」heart04
パラボナアンテナや、ソーラーパネルが付いていて、紫色の着物を着ていますhappy01得意技は矢を射ることsagittarius身長は2メートルほどあります!ゆるキャラたちも、週末の半島隅くじら元気市にやってきますので、見かけたときは声をかけて下さいね~shine肝付町からは、お菓子や野菜、ドレッシングなどを出展します!また、寒ブリ大根鍋のふるまいもありますrestaurant10時から、限定200食なのでお早めにお越しくださいsun内之浦宇宙センター観測所の所長さんによる、JAXA宇宙教室が開催されますgood

ゆるキャラと薩摩剣士隼人のショーもあるそうですshineまた、会場内でお買い物をすると500円に1回抽選会に参加できますsign01特産品など色々なものや半島めぐりバスツアーが当たります!このバスツアーには、MBCのホームページからも応募できますのでそちらもチェックしてください!http://www.mbc.co.jp/join/etc/sunkujira/index.html
1302252

<ロケットの打ち上げも楽しみ☆>

肝付町は4月に内之浦春のえっがね丼祭りがありますnote夏にもお馴染みの伊勢えび漁が解禁してからえっがね祭りがありますflair伊勢えび…楽しみですね~heart04また8月には、内之浦宇宙空間観測所から新型ロケット『イプシロン』も打ち上げ予定ですsign01地元で小さな頃からロケットの打ち上げを見ている伊地知さん、いろいろ見ているそうですが、朝方の打ち上げは特にすごくてとても綺麗なんだそうですshine初めて見たときを忘れることなく、ただ速い!と感じたそうですsign01県内県外から見に来られる方が多いそうですが、マナーを守ってこの感動をぜひ見てみてください!ということでしたsun

2013年2月22日 (金)

どちらも美味しい(^^)アサリ・ハマグリ★

1302223

<県漁連の吉村さん(写真奥)出水さん(手前)と☆>

今朝も活気溢れる鹿児島市城南町の魚類市場にお邪魔しましたshine

今回は旬を迎える貝、アサリとハマグリについて、鹿児島県漁連の吉村秀三さんと出水至さんに伺いましたkaraoke★貝の中でも特に身近であるアサリは、1年中食べることが出来ますがこの時期が1番の旬sun年に2回、春と秋に産卵するアサリは春が特に美味しいそうですup潮干狩りなどでも楽しめますよねheart04大きさはだいたい5~6cmで、海に浸かって手掘りで獲っているそうですsign01寒い中、獲ってくださる皆さんのおかげで美味しくいただけるんですねflair

ハマグリは、日本人に親しまれてきた2枚貝の1つで、縁起物としてひな祭りに食べられますshineアサリくらいの大きさから拳ほどの大きさのものまであって、肉質が柔らかく2~5月が1番美味しいそうですsign01

1302224

<アサリの味噌汁とハマグリのお吸い物♪>

風味がよく、噛んだ時に小味があるのが特徴というアサリnote貝汁やバター焼き、パスタとどれも美味しくいただけますが、吉村さんはやはり貝汁がオススメsign01寒い日や飲んだ後にあっさりといただけていいのではとsunそして、ハマグリはやはりお吸い物がおすすめflair菜の花や三つ葉、ネギを添えて春を感じるのもどうでしょうかと出水さんsign01上品さとしっかりした旨味が美味しいそうですup栄養価の高いアサリとひな祭りで食べられるハマグリ、旬の今いろいろな食べ方で楽しんでみませんか?shine

リニューアルした、いなほ館

1302221

<畳風呂~!>

今日は、南さつま市金峰町にある温泉交流の郷南さつまいなほ館に伺いましたflairこちら、今月の12日にリニューアルしたばかりshine詳しいお話を、支配人の前野貴宏さんに伺いました!3月末からレストラン・宿泊部門もオープンしますnote4月からは、障がい者の方が働く就労支援事業所「ボヌール」として運営されますhappy01また、同時に高齢者介護部門として、デイサービスと有料老人ホームも開所予定です!障がいを持った方と高齢者の方々の施設が同施設・同敷地内にあるのは、全国的にも珍しいですflair障がいを持たれた方、高齢者の方々、薗家族の方や地域の方、いなほ館のお客様など色々な人が集う場所になってほしいそうですflair

いなほ館、リニューアルしたところを紹介しますhappy01温泉には、畳風呂があるんですsign018畳ほどの畳のお座敷スペースがshineごろんと寝転べるので、休憩にいいですね♪

また、売店もパワーアップup地元の食材にこだわったパンや、地域の方が作ったお野菜などが販売されていますhappy01週末に行われる鑑真の道歩きの帰りがけに寄ってみてはsign02

1302222_2

<南さつまいなほ館の山口 浩二さんと>

9時を過ぎた頃から、地域のみなさんが両手いっぱいになる位の量の野菜や惣菜を、棚に並べ始めましたhappy01

地域のみなさんについて9時30分ころは、同じく南さつまいなほ館の山口 浩二さんにお話をうかがいましたshine

生産者のみなさんとのつながりを大切にしながら、収穫についてや、家族のお話、たまには意見を出し合ったりして、楽しい時間がながれているようでしたshinehappy02

南さつま市のみなさんもとっても心優しい方ばかりで癒されましたsign03

みなさんもぜひ南さつま市へお出かけくださいね~heart04

2013年2月21日 (木)

素敵な笑顔でおもてなし☆

1302211

〈大浦町生活研究グループの皆さんhappy01shine

今週23日(土)、24日(日)は「南さつま海道 鑑真の道歩き」が行われますhappy01

それにちなんで、今週は”南さつま市ウイーク”と題して、南さつま市の様々なものをお送りしていますshine

 

今日は、鑑真の道歩きで、ふるまいをして下さる「大浦町生活研究グループ」の皆様にお話を伺いましたflairhappy01

 

南さつま市大浦支所にあります「農村婦人の家」で、皆さん、麺つゆや焼肉のタレ、甘酒や味噌などを作ってらっしゃいますflair

 

色んなイベントの時にふるまいをしてらっしゃって、県下一周駅伝のスタートの時にも甘酒をふるまってらっしゃったそうですhappy01

 

鑑真の道歩きでは、24日(日)に亀ヶ丘の辺りで海鮮鍋を振舞われるそうですhappy01

1302218

今日はその時に使う野菜などもたくさん置いてありましたsign01大根おっきいbearingsign03

約300人分作るので量も尋常じゃありませんdash使う道具もビッグsign03しゃもじが約1メートルもありましたshine

1302212

今日は味噌を作っていて、蒸気がもの凄い事にcoldsweats01

1302214

そんな中、みなさんの手際のいいことsign03

甘酒作りでは、写真でも腕がはっきり写らないほど早かったですsmilesign01

甘酒を寝かせるのに、シーツや毛布をかけて作っていましたsign03ほんとに”寝かせ”るんですねsmile

元気で笑顔が素敵な皆さんflair愛情もたっぷり入った海鮮鍋が振舞われますshine

寒い中歩くだけではなくて、おもてなしの心で温まりそうですnotespahappy01

1302217

2013年2月20日 (水)

今が見頃!吉野公園の河津桜♪

1302201

<河津桜が満開up

今日は春を探して、鹿児島市吉野町の県立吉野公園に伺いましたhappy01噴水を越えて、展望台に向かう途中の左手にある「なごみの庭園」に河津桜が満開に咲いていましたshineお話を、吉野公園管理事務所所長の沖静さんに伺いましたsign01

河津桜は、カンヒザクラとオオシマザクラの自然交配種ですflair色が濃く、花がやや下を向いているのが特徴noteちょっと下の方から見るのがオススメです☆今年はメジロもたーくさん来ていますよup

ソメイヨシノは、3月20日前後から楽しめるそうですgoodその時期に合わせて3月23日(土)~4月7日(日)まで桜祭りが開催されますclover30日・31日に行われるわくわくマーケットの出店者も募集中です!

1302202

<白梅も今月いっぱいは楽しめます!>

気持ちのいいお天気の日は、ぜひカメラを持って吉野公園に遊びに行ってみてくださいcamera桜や梅の他にも色とりどりのお花がいっぱいですよlovely

2013年2月19日 (火)

鑑真和上とは

13021901_4

〈鑑真記念館の大迫忠興館長camerashine

今週23(土)、24(日)は「南さつま海道 鑑真の道歩き」が行われます。
そこで「南さつま市ウィーク」と題して南さつま市のことなどをご紹介しています。

今日は、鑑真記念館に行って大迫忠興さんに、ズバリ「鑑真」についてお伺いしました!
鑑真は、唐(中国)で4万人以上に授戒をしてきました。
授戒というのは、仏教に入る時に”誓い”を立てるもので、
当時、日本には”にわか僧”がたくさんいて、税金逃れなどのためになる人が多かったんだそうです。
そこで、「”授戒”の出来る高僧を日本に呼びたい」と、特使として2人の日本人が送られました。

それから約20年。
6回目の渡航でやっと日本に到達した鑑真は、失明しながらも坊津の秋目に上陸しました。

綺麗な景色は、今も昔も変わらないでしょうね。

また、鑑真は、薬についての知識や、書写などについても日本に広めたと言われ、
日本に大きな影響を与えました。

坊津の秋目に上陸して約1年後に東大寺に行き、その後、唐招提寺で教えを広めていきました。
日本に来てから10年でお亡くなりになりましたが、それから1250年、
「南さつま海道 鑑真の道歩き」が行われます。

鑑真が見たかもしれない景色を見ながら、私たちも思いを馳せてみるのもいいですね☆

13021902

〈秋目は自然豊かな町です〉

9時30分頃の中継では、秋目の魅力をご紹介していただきました~wink

鑑真記念館の館内には、書や絵、写真なども展示されていて、さまざまな角度から取り上げられた秋目shineその中でも気になったのが、アサギマダラsign03shine
4月と11月に飛来してくるそうですよ~happy01

ソテツなどの木々だけでなく、夏は涼しく、冬は温かい過ごしやすい地域なんだそうですsunfuji

みなさんもぜひ、秋目にお越しくださいhappy02

チームワーク抜群!!

今日は鹿児島市にある八幡幼稚園に出かけてきましたnotes
お話を聞いたのは すみれ組 29名
私が来るのをじーっと座って待っていてくれたよい子達☆
Photo_4
きちんとあいさつが出来、優しくお歌も披露してくれましたnote
また先生とも仲が良く、とにかくチームワークがいいんです!!

そんな八幡幼稚園のお友達は、2/20と2/21に開催されるpig動物園horseの展示作品を
作るのに大忙し!!様々な動物を手作りしています。
どんな作品ができあがるか楽しみですねflair

さらに!!!
八幡幼稚園の子ども達が園の中でお気に入りな場所があります☆
それがこちら
Photo_5
      sign03sign03まるで秘密基地みたいですね~happy02
ココはいろんな果物の実appleがなったり、遊べたりとまさに子ども達は大好きなところです。
ここで出来た実は給食となってみんなでいただきますrestaurant
Photo_6
これからも楽しい思い出を作って毎日過ごして下さいねhappy01

2013年2月18日 (月)

南さつま市大浦町の「くじらの眠る丘」

1302182

〈大浦町地域審議会会長の村田敏雄さんhappy01camerashine

今週23日(土)、24日(日)は、「第一回 南さつま街道 鑑真の道歩き」が開催されますsign01

そこで今週は南さつま市に焦点を当てる「南さつま市ウィーク」と題してお送りしますflairhappy01

 

初日の今日は、南さつま市大浦町の「大浦町ふるさと館」前に行き、大浦町地域審議会会長の村田敏雄さんにお話を伺いましたhappy02

ふるさと館の目の前には、大きなクジラのモニュメントがあり、その隣で「くじらの眠る丘」の建設中sign01

1302181  

11年前にマッコウクジラ14頭が座礁したのを受けて、この施設を3月10日にオープンさせますhappy01

大きさ14~17mで60~70トンほどあるというマッコウクジラsign01世界最大と言われるシロナガスクジラに次いで、世界2番目ですbearing

 

水深3000mのところにも一気に到達してしまうヒミツや、巨大なダイオウイカを捉える鋭利な歯についても教えて頂きましたflair

 

そんなマッコウクジラの標本や、”神秘的”な生態についても学んだり出来るそうですsmile

 

夕方に行くと絶景と言われる「街道八景」の入り口のようなにあり、ここで見てから美しい海岸線を行くのもいいかもしれませんねshinewink

1302183

<大浦ふるさと館でにっこり♪>

8時30分からオープンした大浦ふるさと館で中尾斉子さん(写真右)にお話を伺いましたkaraoke★大浦ふるさと館は、大浦町の地元のものが並ぶ物産館で、新鮮なお野菜や果樹、加工品などと大浦産がずらりshineお野菜などを出されている生産者さんの顔写真もあり、安心sun生産者の方も無理せずに楽しんで持ってこられるそうで、お話も弾むそうですnote加工品は味噌などがあり、隣のセンターで作られていて人気だそうですup中尾さんは福岡の出身で大浦町に来られて7年目だそうですが、四季をはっきりと感じられる大浦町が好きで毎日楽しまれているそうですshine地元の皆さんとお話しするのも楽しそうですねheart04

2013年2月15日 (金)

坂男!といえば…(^^)

1302151_2

<川辺チームキャプテン中木原さん(左)!>

ついに明日、県下一周駅伝がスタート!ということで、今週は“もうすぐ県下一周駅伝ですよ~☆”と題してお伝えしてきましたshine最終日の今日は、2日目のスタート地点となっている南さつま市の南さつま市役所に伺いましたsign01今朝は、月曜日にお話を伺った新開さんから坂男といえば!でお名前があがった中木原毅尚さんにお話を伺いましたkaraoke

6年前に亀割峠を走られ、区間新記録で区間賞を獲得された中木原さんsign01初めて亀割峠を走ったのは高校3年生の時に出場された県下一周駅伝だったそうですflair初めて亀割峠を走ることになったときは自分で大丈夫かな?と思いつつ、1度走ってみたいと思っていたそうで少し楽しみもあったそうですsun壁のような坂があったということでしたが、思ったよりも苦しまずイメージ良く走れたからその後にも続いているのかなと感じているそうですupその後も何度か走られていらっしゃいますが、中木原さんは自分ではあまり坂を走っているイメージはないんですが…coldsweats01と話されていましたcloverこれまでの活躍によって周りから坂男と呼ばれ、嬉しい反面、期待やプレッシャーも感じるので緊張されるそうですsign01

明日からいよいよスタートする県下一周駅伝に向けて、チームの雰囲気はいいので2連覇に向けてみんなで挑んでいきたいと意気込みを語ってくれましたshine

1302152_2

<応援に来られていた東さん☆>

9時からは南さつま市役所で川辺チームの壮行会が行われましたshineその壮行会にいらっしゃっていた東さんに、9時30分の中継でお話を伺いましたkaraoke★毎年県下一周駅伝を楽しみにされている東さんは、毎年毎年1日目から追っかけをされるそうですsun先回りをして川辺チームに声援を送られるそうですsmileこの時期になるとそわそわするとおっしゃっていた東さん、実は以前川辺チームの選手として出場されていたんですsign01ちょうど10回大会に出場された東さん、当時はでこぼこ道で今ほどの声援はなかったそうですが、今は各地区ですごい盛り上がりを見せ、応援の方も多いのでまた楽しみということでしたclover

2013年2月14日 (木)

帰ってきたランナー!

1302141

〈永田宏一郎さん(中)、母・絹子さん(左)happy01camerashine

今週は県下一周駅伝に向けて「もうすぐ県下一周駅伝ですよ~run」と題してお送りしていますhappy01今日は6年ぶりに県下一周駅伝に出場されるという永田宏一郎さんにお話を伺いましたflair

 

月曜日の新開さんの中継で「この20年で一番記憶に残っている」というお話があった永田さんshine鹿屋体大時代には出雲駅伝や全日本大学駅伝などで大活躍sign01ハーフマラソンでは日本学生記録も樹立されましたhappy02都道府県対抗駅伝で鹿児島が優勝した時のメンバーでもありますflair

1302142

〈トロフィーや盾などもたくさんありましたhappy02

去年、鹿児島に戻ってらっしゃって、久しぶりに県下一周駅伝で走りますshoedash

 

そんな永田さんが県下一周駅伝を初めて走ったのは17歳の時shine元々中距離が専門でしたがメンバーに選ばれ、緊張した事を話してくださいましたcatface

 

「県下一周駅伝は、応援の方も多く、幅広い世代の方が走るので、そういうところが他の駅伝などと違って面白いhappy01」という永田さんflair応援されると、苦しくても平然とした顔をして、手を振るときもあるんだそうですflair

 

母・絹子さんは料理のコンクールで賞を何度も取っていらっしゃって、”食のサポート役”として支えてこられましたshineconfident

走る前の食事管理はバッチリsign03

1302143

〈絹子さんお手製の特製”ボンタン漬け”happy01やわらかくて美味しいですhappy02

9時30分頃の中継でもお二人にお話をうかがいましたsun

私たちにボンタン漬けや安納芋を出してくださったお母様の絹子さんhappy01

宏一郎さんも幼い頃からこのような手作りのお菓子を召し上がっていたとのことでしたshine

また走る前のご飯のメニューなどもこだわりがあるそうですよ~flair

いつも美味しい物がたくさん並ぶ食卓ステキですね~happy02

県下一周駅伝!今回の活躍も期待していますhappy02

「地域のために走りたい」という永田宏一郎さんflair

出水からは初出走ですが、帰ってきた鹿児島の新たな地で、これからも頑張ってくださいnotehappy02

1302144

2013年2月13日 (水)

土と人と環境に優しい物づくり

1302133

<日本有機株式会社に今日はお邪魔しました!>

曽於市末吉町にある日本有機株式会社に伺いましたflair代表取締役の野口愛子さんにお話を伺いましたhappy01およそ30年前に設立しましたflairそのときは、有機農業資材の事業からスタートしました。そのときは、化学肥料や農薬の全盛期で大変苦労されたそうですsweat01しかし、将来有機農業の時代が必ず来る!と信じて事業を始めたそうですsign03

現在は、鹿児島大学から技術移転を受けた薩摩鴨のトータル事業を行っていますshine産卵・ふ化・飼育・処理、加工・肉の販売を行っています。この事業は生産から販売まで行う六次産業の認定を受けました。一部の鴨は全国の農家さんに出荷していて、農家の方は、鴨を田んぼに放ち無農薬のお米を作っていますbud

1302134

<薩摩鴨が3000羽!>

地元の子どもたちとの交流も行っていますup自然・命の大切さを講話して、薩摩鴨を触ったり見学しているそうですflairこれは今年で15年目だそうです!子どもたちに自然・命の大切さを感じてほしいそうですhappy01

薩摩鴨の商品もたくさんあります!鴨鍋セット・鴨ラーメン・鴨冷麺など販売していますnote開発した商品や製品が世に出て、お客様に喜ばれるときが嬉しいということですhappy02

「土と人と環境に優しい物づくり」のモットーを忘れずに、地域の資源を活用して、機能性の高い商品を国内はもちろん、海外にも発信していきたいということですgood

往年の名ランナー!

1302131

〈右田忍さんflair78歳には見えないほどお若いですhappy01shine

今週は「もうすぐ県下一周駅伝ですよ~sign01」と題してお送りしていますhappy01

県下一周駅伝に関する様々な事をお送りしていますが、今日は、往年の名ランナー右田忍さん(78歳)にお話を伺いましたflair

 

第2回大会から県下一周駅伝に出場し、全部で28回出場された右田さんshine雪が降り、”雪だるまのよう”と報道されたり、”同着フィニッシュ”で写真判定までもつれたり、”親子リレー”をして注目を集めたりと、様々なエピソードをお話頂きましたhappy01

 

走り始めたきっかけは、当時の谷山町であった”青年団駅伝”flair負けて悔しかったことが右田さんに火をつけましたsign01今でこそジョギングなどはメジャーになっていますが、当時は走っている人はほとんどおらず、「何で走ってるの?」と言われることもあったそうですcoldsweats01

シューズは”マラソン足袋”sign03練習ではよく裸足で海岸を走っていたそうですsign04run

 

「走るのが好き」という右田さんは走り続け、約30年前まで県下一周駅伝で28回走りましたconfident

1302132

<県下一周駅伝は青春☆>

右田さんにとって県下一周駅伝は、今思えば青春時代shine雪だるまのようと報道されたときのゴールは実際あまり覚えていないそうですsign01後で写真を見て、こんな感じだったのかと知ったそうですup他にも走りながら沿道の応援がすごかったことも覚えているそうで、今見る側となって自然と声が出て応援しちゃいますねhappy01と右田さんflairたくさんの思い出や出来事があり、いろんな方とお話しているうちにまた思い出し、あんなこともあったなぁと出てくることも多いそうですが、どれも大切で素敵な青春時代なんでしょうねsun

2013年2月12日 (火)

シニアランナー!

1302121

〈62歳の篠原隆穂さんと、31歳の吉原一幸さんhappy01camerashine

あと4日に迫りました”県下一周駅伝”sign03今週は、「もうすぐ県下一周駅伝ですよ~happy01」と題して中継をお届けしていますflair

 

今年は1区が4つの区間に分けられ、”中学生→女子→シニア→中学生”というたすき渡しがありますconfidentシニアは50歳以上の方が走りますが、指宿チームは50歳代の方がいないため、登録メンバーが63歳の田畑正さん、62歳の篠原隆穂さんという60歳代のお2人smile

 

その篠原隆穂さんと、去年までキャプテンを務めていた吉原一幸さんにお話を伺いましたhappy01

メンバーに決まった時、喜びよりも「驚いたcoldsweats01」という篠原さん。「残りの余生をゆっくり過ごそうconfident」と思っていたところに、この”シニア区間”で選手に登録されましたsign01「まさかもう駅伝に関わるなんてsign01」と思っていたそうですsmile実際には田畑さんが走る可能性が高いそうで「サポートをしっかりしたい」とおっしゃっていましたが、もちろんご自身でも練習されていますrun

元々24歳で病気をして約40日間入院してから「健康って大事だな」という思いから走り始め、あれよあれよと県下一周駅伝の選手にsign01「運動は苦手だけど、走るのは合ってた」と笑って話してくださいましたcatface

 

県下一周駅伝は、26歳と38歳のときに出走していて、38歳の時に10キロの自己ベストを出されましたsign03

そのきっかけは、右田忍さんだったそうで、中継で明日お話を伺う予定ですので、お楽しみにhappy01

 

ちなみに、去年までキャプテンをしていた吉原さんも「どうやったらそんなに走れるのか…」「凄いcoldsweats01」を連発していましたsweat01

今日31歳の誕生日を迎えた吉原さんにとっては、ちょうど倍の年の篠原さんflair

「色んな経験をしている方と走るのは楽しみ」と期待していらっしゃいましたhappy01

 

1302122

<素敵な絵がたくさん☆>

篠原さんのご自宅には素敵な絵がたくさん飾られていましたshineこちらの水彩画は5年程前から本格的に始められたそうですが、元々絵を描くことがお好きだったそうですnote小さい頃から授業中、教科書の隅に絵を描いていたりしていたこともあったそうですsmile飾られていた絵はランニングシューズやユニフォームが描かれていましたが、シューズは少し使い古した様な感じ…今まで一緒に走ってきたシューズを見ていろいろな思い出しながら描いたそうですsun優しい色や筆遣いから、温かみが伝わってきましたclover

まるで大きな家族★

今回は霧島市牧園町にある霧島市立 三体幼稚園に出かけてきました。
ココはまわりを豊かな自然に囲まれていている場所。寒いときには雪が降り、
最近も雪だるまsnowや雪合戦を楽しんだそうですnote

そしてなんといってもココは幼稚園と小学校が同じ敷地内にあり、
園児と生徒がみんな仲良し★
運動会や遠足などみんなで一緒に楽しむ、ホントに家族のようですhappy01
そうすると・・・今回の放送の取材karaokeの様子を見に、三体小学校のお友達が遊びに来て、
幼稚園のお友達の応援してくれました!!頼もしいお兄さん・お姉さんですね~good
そのお陰で子ども達の歌・インタビューは無事成功!!!
最後はみんなで仲良くいい笑顔でしたhappy02
Photo_6

取材後、三体幼稚園の子ども達がEXILEの曲に合わせてDANCEING!!!
Photo_7
コレは一体sign02
なんと3月1日に行われる小6の皆さんとのお別れ会で披露するダンスなのでした~notes
ポーズもバッチリ決まってます!!素敵なダンスが出来ることを祈っているよshine

2013年2月11日 (月)

県下一周駅伝シリーズ

1302111

〈県陸上競技協会 強化部長の新開浩一さんhappy01camerashine

県下一周駅伝が、今週16日(土)から5日間に渡って行われ、県内各地区を駆け抜けますsign01

そこで今週は、「もうすぐ県下一周駅伝ですよ~flair」と題してシリーズで県下一周駅伝の様々な事をご紹介していきますhappy01

今日は、鹿児島県陸上競技協会 強化部長、鹿児島女子陸上部監督の新開浩一さんにお話を伺いましたhappy01

 

県下一周駅伝は、1日目が鹿児島市役所前をスタートし、指宿や枕崎を通り、南さつま市役所までの11区間129.3キロrun

今年は1区が、4つに分けられ、中学生→女子→シニア→中学生とリレーする今までにない形ですhappy01

 

2日目は南さつま市役所をスタートし、日置、串木野、阿久根を通り、出水市役所までの10区間112.7キロrun

東シナ海に面したコースは風の強い時も多く、区間も長いsign01雪が吹きつけるときは選手にとってかなりきついコースが続きますbearing

 

3日目は出水市役所野田支所をスタート、薩摩町、伊佐市、姶良を通り、日当山までの11区間112.6キロrun

起伏やカーブも多く、技術の必要なコースが多くなっているそうですbearing

 

4日目は、霧島市国分をスタートし、曽於、志布志などを通り、鹿屋までの10区間109.1キロrun

1区11.9キロの亀割峠は高低差400メートルもあり、8キロにわたって上りが続く、県下一周駅伝の名物区間flair各チームの”坂男”がしのぎを削りますsmile

 

最終日は根占をスタートし、錦江湾沿いに、錦江町、鹿屋、垂水、国分、加治木などを通り鹿児島市役所を目指す11区間114.9キロのコースrun

10区の加治木から竜ヶ水までの区間は、第26回大会で浜田安則さんが出した区間記録が33年破られておらず、今年その記録を破る選手が出てくるのかも注目ですsmile

1302112

〈中継をした日置市の伊集院総合運動公園陸上競技場〉flair

他にも、新開さんがよく覚えてる選手を伺うと、「ここ20年の中では、あれほど速い選手はいなかったのではないか」という永田宏一郎選手、現・川辺チームの監督の春松千秋さんの現役時代、ベテラン中木原選手の坂の走り、雪の降る中”雪だるま"のようにして走った右田忍さんも印象的だったそうですflairhappy01

 

毎年様々なドラマを生む県下一周駅伝は今年で60周年sign01ぜひご注目下さいshinehappy02

2013年2月 8日 (金)

親子でわくわく★鹿児島県子ども芸術祭典♪♪

1302081

<今日は薩摩川内市でトラックとらすけ♪>

今朝は薩摩川内市御陵下町にあります御陵下公園運動場会館にお邪魔し、『第25回鹿児島県子ども芸術祭典』についてお話を伺いましたshineお話を伺ったのは、鹿児島県子ども劇場協議会副会長の屋久節子さん、今日のステージ責任者の知識眞作さん、そして演劇をされる福岡のプロ劇団“劇団道化”のみなさんnote

25回目を迎える今回、鹿児島県内の全ての子ども達に生の舞台を届けたい!観てほしい!という思いから開催されていて、2~5月で県内126ヶ所を4つのプロの劇団の皆さんが回るそうですsign01島が多い鹿児島県ですが、もちろん島にいる子ども達にも舞台を届けたいと強い思いから、長く続いているんですねsun

今日は薩摩川内市の御陵下公園運動場会館で、劇団道化の3人、西村さん・西さん・永井さんが演じる『トラックとらすけ』が公演されますshine小さなトラックのとらすけが、小さいけれど荷物を運びたい!という気持ちを持って旅に出て…と始まるそうですsign01

役もたくさんsign03とらすけをはじめ、トラックのおじさんやショベルカーのおばさん、通りすがりの木の役など…通りすがりの木?!eyeimpact西さんは20役ほどされるそう…一体何人出てくるのか?子ども達にはとらすけの成長や気持ちと自分を比べながら観てもらえたらconfidentと劇団道化の皆さんshine気になる方は今日の5時からの公演ですtulipぜひ生の舞台をお楽しみくださいheart04

明日は、第25回鹿児島県子ども芸術祭典のオープニングイベントとして子ども達や劇団のみなさんのパレードが天文館テンパークから行われますsign01劇団の方や衣装を着たたくさんの可愛い子ども達を観に、天文館へもどうぞ★

1302082

<子どもたちが作ったトラックとらすけ☆>

今日は障害を持った子ども達も演劇を観にこられるそうで、子ども達はとても楽しみにしているそうですsun障害を持った子どもたちが安心安全に舞台を観られるようにと考え機会をつくったそうですshineそして、その子どもたちが作ったトラックとらすけflair楽しみにしていて、みんなで一生懸命作ったそうですup今は劇団道化のみなさんに送るプレゼントも製作中ということで、演じるみなさんも観に来る子どもたちも楽しみにしているんですねclover

1302083

<とらすけたちも手作り★>

9時台の中継にも、劇団道化のみなさん、屋久さんにお話を伺いましたup
劇団道化は、九州を中心に各地を回っていらっしゃいますflair劇団の活動をしていて、よかったなーと感じるときは、子どもたちのキラキラした目を真っ正面から見られることだそうですshine
明日は天文館でパレードが行われるというという話が屋久さんからありましたが、5月にも大きなイベントがあるそうなので、そちらも楽しみにしていてください(^^)
劇団道化のみなさんは明日、南九州市の頴娃文化会館で11時から公演をされるそうですnoteお近くの方はどうぞheart04

2013年2月 7日 (木)

手作りのもの、プレゼントしませんか?

1302071

<chibichibi kitchenで講師をされている福薗朋子さん★>

あと1週間でバレンタインデーheart02チョコもいいけど、何か手作りのものが作りたいsign03と思った私は、鹿児島市池之上町にあるchibichibi kitchenで皮小物を作らせていただきましたhappy01皮は高級感がありましたshine使うごとに味が出てくるのが皮の特徴なんだそうですup私はあまり器用ではないので、針を使わない「アクセサリー入れ」を作りましたgood正方形の皮の四隅をつまみ上げるようにして高さを出し、金属で固定しますflair先がボールペンのような金属を木のハンマーで打ち付けて、穴を開けますsign01皮も深い緑や、明るい茶色などいろいろなものがありましたhappy02革製品は高いイメージですが、手作りだとお値段もお手ごろ!これからの季節、贈り物やお祝いを何にしようか迷っている方up手作りの皮小物、いかがですかsign02

1302072

2013年2月 6日 (水)

熱い(?)オヤジたち!

1302061_2

〈今回集まってくださった姶良・伊佐のおやじの会のみなさんhappy01camerashine

『姶良・伊佐おやじサミット』が2月10日(日)に開催されますsign01今回のテーマは「おやじの会とは何ぞや!?」ですshine

10年前に結成されたオヤジの会も、少しマンネリ気味なんだそうdespair

そこで今回は、今までのオヤジの会のしてきたことを考え、これから先、「オヤジの会はどうあるべきか、どう進むべきか」を討論していただきましたhappy01

今日は、姶良・伊佐おやじサミット実行委員長の本山正太郎さん姶良市立錦江(にしきえ)小学校おやじの会会長の馬場広幸さん吉松おやじの会会長の亀田純男さん自称鹿児島県オヤジの会会長の山口正一さん姶良市おやじの会の西村真さんの5人が討論sign03

今日はほんとにさわりの部分だけでしたが、これから熱くなっていきそうな気配がしましたsmile

 

今までオヤジの会は、身近なところでは、子供たちと田植えをしたり、神輿を作って担いだりして、子供と一緒になって楽しみながら、その背中を見せて子供たちに育ってもらいたい、と想ってきましたflair

PTAなどが手の届かない、だけど大切な部分を教える役目を持っている「おやじの会」catface

今後、新たな役割が生まれるかもしれませんhappy01 

10日(日)の午後1時30分から、姶良市蒲生町公民館で「トークバトル」が繰り広げられますsign01

1302062_2

9時30分頃の中継では、本山さんと亀田さんにお話を伺いましたshine

2月17日(日)午前10時~午後15時にイオン姶良店1F中央のピロティ広場で開催される「第2回 東北復興支援バザー」sign03

2回目ということで、東北の子どもたちへの想いもますます強くなっているようでしたhappy01shine

みなさんの協力で東北の子どもたちをもっともっと笑顔に出来ると思いますsign03confident

少しでも多くのみなさんの参加をお待ちしていますflair

2013年2月 5日 (火)

野方小学校の皆さん!

1302061

〈野方小学校99人のみなさんsign03happy01

曽於郡大崎町の大崎町立野方小学校の全校生徒99人にご出演いただきましたflairhappy01

野方小学校はのどかな場所にある学校で、近くには競走馬を育てる場所もありますsign01

その野方小学校の6年生18人に出前授業をするので、その6年生と6年生担当の高市明子先生に野方小学校のいいところや流行っていること、好きなことや頑張っている事などを聞きましたhappy01flair

 

「自然がたくさんあるのがいいところhappy02」というのは子供たちからもたくさん声が挙がりましたsmile

鬼ごっこやサッカー、ドッジボールなどの「定番」のものも流行っていましたが、女の子を中心に「読書(小説)」が流行っていましたbookこれにはびっくりsign03

色々みんな頑張っていることがありましたが「2日後にある学習発表会の中で歌う『U&I』を頑張っている」ということで、全校生徒のみなさんに歌ってもらいましたnotehappy01

みんな大きな声で体育館中に響き渡る声でしたuphappy02

 

出前授業でも元気いっぱいhappy02sign03

これからも元気いっぱい頑張ってくださいねshinewink

1302062

<和田校長先生(右)と通山教頭先生(左)とも色々なお話をしましたclover

私たちが8時前に学校に到着したときに、校庭からAKB48の曲が聞こえてきましたsign03ランニングタイムといって、子どもたちが体力づくりをする時間で、そのときに流す曲も児童が選んでいるそうですflair先生方も、時々走っているそうですよnote

野方小学校では、世代間交流という、地域の方が学校で昔の遊びを教えてくれたり、団子作りをしたり・・・という行事があり、世代を超えた交流が行われているそうですshine学校の先生だけでなく、地域の方からも見守られているそうですよclover

ほのぼのな雰囲気☆

日置市伊集院町にあるいじゅういんきた保育園に出かけてきました~!!
ここは近くに伊集院北小学校が近くあり、周りは静かな住宅地や自然に囲まれている
子ども達が過ごすには最適な場所★なんと昨年から子ども達専用の遊びためのxmas
があるんですよ~うらやましい!!!
だから毎日のびのびと元気に過ごしていますhappy01

お部屋に入ると、ちょこんとお座りして静かに待っていてくれたお友達heart01
3歳~5歳のお友達が30人以上集まってくれていました。
Photo_11
ちょっと緊張気味ではありましたが・・・coldsweats01
次第に笑顔で歌に質問に答えてくれましたnote

これからもご飯をたくさん食べて、運動もいっぱいして楽しい園での日々を送って下さいね★

2013年2月 4日 (月)

桜島大根!!

13020113_2 

〈桜島大根の大きさで優勝して、ネギを頂きましたhappy01

オーライ畑で栽培していた桜島大根を収穫し、「発車オーライ杯 桜島大根対決sign01」を開催しましたflair

1202042

ズラリと並ぶ桜島大根たちsmile

1302013

雨の中、収穫sign01

1302014 

収穫sign03

1302015

収穫sign03sign03

1302010 

泥を落として…

1302016

…あれ?松林さん、もう食べてるsign01(笑)

「今年は冬も寒く、なかなか大きくならなかった」という都市農業センターの藤田秋弘さんbearing

それでも手を尽くして頂き、大きく成長しましたflair

1人4つ育てて、そのうち一番大きそうなものを選び、対決sign03

その結果、

 

優勝…吉田(9.8キロ)

2位…田辺(8.8キロ)

3位…平山(8.4キロ)

4位…松林(8.3キロ)

最下位…蔵薗(7.5キロ)

13020111  

私が優勝しましたsign01

今年はいいことがあるかも(?)しれませんsmile

あ、それから、松林さんが育てたものの中に小さな桜島大根がありましたshine

カブのような見た目の桜島大根は、1.3キロで、先ほど松林さんが写真で食べていたものですwink

1302019

優勝して、「ネギ」を賞品で頂きましたhappy01flair

でもその前に…

1302017

1302018

…賞品のネギを食べられてしまいましたcoldsweats01 

今年の「世界一桜島大根コンテスト」は25.08キロ、ギネス記録は2003年の31.1キロsign03

次回、またそれを目指して頑張りますflair

2013年2月 1日 (金)

春と福を呼ぶ、川辺二日市!

1302011

<五角形のちのわ★>

受験シーズンsign01明日、明後日の川辺二日市で受験生を応援する企画があると聞いて、南九州市商工会川辺支所に伺いましたupお話を南九州市主尾公開青年部の四角目さん、渡口さん、方違さん、折田さんにお話を伺いましたhappy01今回の二日市に登場するのが、五角形のちのわshine丸いちのわは、高さが2メートルほどあり、大人も立ったまま通ることができるのですが、この五角形のちのわは高さが120センチほどflair身長が150センチの私も、腰を曲げないと通れませんでしたsweat01これは、狭き門を突破してほしいという意味でこの大きさにしているそうですcloverまた、安納芋を使った五角形の合格クッキーもありますnoteこれで、合格間違いなしsign02川辺二日市は、2月2日(土)3日(日)川辺の商店街で行われますgood

1302012

<二日市は盛り上がりますよ~!>

歴史の長い川辺二日市、なんと約230年の歴史がありますshine会場の商店街1.3kmに約400店舗が出店しますupイベント内容も盛りだくさんですよsun

田辺令吉のおはよう!発車オーライ
月~金曜 6:30~9:40

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31