« 韓国にいて鹿児島が恋しい… | メイン | 冬が旬★天然ブリ・水いか♪ »

2012年10月17日 (水)

空の玄関口にはこの人が!

1210171

〈鹿児島空港ビルディング 旅客サービス課の朴普宣さんcamerashine

今週お送りしている「アジアんウィーク」特集sign01鹿児島で活躍するアジアの方にお話を伺っていますhappy01

今日は、霧島市溝辺町の鹿児島空港ビルディングで働く旅客サービス課の朴普宣(パク・ボソン)さんに伺いましたhappy02

 

国内線、国際線の両方でお仕事をしていて、内容は観光や行き先など様々な案内catface特に日本語があまり分からない方がいらっしゃった時には大活躍ですsign01shine

1210172

高校時代から憧れていた”空港での仕事”airplaneconfident

そして日本語を使う仕事に就きたかったという朴さん、「運が良かった」と言いますが、その両方の夢を叶えましたsign01

鹿児島に来て、甘い醤油と味噌も、甘いもの好きの朴さんにとっては嬉しかったことの1つsmile

難しかった方言や敬語も勉強して慣れ、今でも「もっともっと喋れるようになりたい」と努力を重ねていますshinebearing

 

これからは、鹿児島の観光スポットを実際に回って、覚えていきたいということですが、その先に不安も…。契約社員の朴さんは、3年契約。「契約が切れても、大好きな鹿児島で働きたい」bearing

そんな想いを持ちながら働いている朴さんは「頑張ってください」と言われる時が嬉しいそうですshine

 

空港で出会ったときには、ぜひ温かい言葉をかけてくださいねwink

1210173

9時30分頃には、緊張をほぐすためにも朴さんについてお話をうかがいましたnote

日本語の「ひらがな」を最初に見たときに(かわいいな~)と思ったことがきっかけで日本語の勉強を始めたそうですshinehappy01

また、韓国語の勉強方法もうかがうと、まずは『単語』を覚えることがいいそうですhappy02

わたしも、韓国語の勉強スイッチ入れないとですね~sign03happy01

田辺令吉のおはよう!発車オーライ
月~金曜 6:30~9:40

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31